(古12)-GradeⅠ

2012年12月23日 (日)

有馬記念 in 2012

◆有馬記念

121223nak10d

トリッキーコースによる紛れの多い有馬記念だが、勝ち馬はさすがに格がなきゃイカンでしょう(笑) 今回古馬で本年のGⅠを勝っているのは②エイシンフラッシュと⑭ビートブラックだけ。GⅠ連対馬か中山GⅡ勝利経験辺りまでハードルを下げても⑨ルーラーシップと⑮ナカヤマナイトが加わるのみ。好枠とデム様、厩舎力と強烈な風が吹いていたエイフラもまさかの乗り替わりで戦力半減(笑) こりゃ、3歳馬でえーんじゃねーの!?

◎⑬ゴールドシップ

バケモノ級の走りで圧勝した菊花賞を見たら適性は長距離なんだろうなと思う。でも中距離もこなしちゃう本格派。かつてのメジロマックイーンやビワハヤヒデのようなイメージ。違うのは慢性の出遅れ病で好位王道競馬が出来ないくらい。おそらく今回も後ろからの競馬になるでしょ(笑) んーでも、古馬陣が頼りない布陣である以上、ひと捲くりしてお釣りがあるくらいのポテンシャルの差を見せてくれるんじゃないでしょーか!?

以下
○③スカイディグニティ
▲⑥オーシャンブルー
△②エイシンフラッシュ
△⑯ルルーシュ
△⑮ナカヤマナイト
△⑩ダークシャドウ

121223nak10b ゴルシくん、やっぱバケモノだわwww

121223nak10s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Arimakinen_zensou Arimakinen_syuboba Arimakinen_lap 2500

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆レース後のコメント by Nikkei

【有馬記念(GI)】(中山)~ゴールドシップ 古馬を撃破しGI・3勝目

1着 ゴールドシップ(内田博騎手)
「ゴールドシップとは、自分が怪我から復帰して初めての重賞、そしてGIを勝てた馬で、最後も勝てたので嬉しく思います。ファンの皆さん、そして関係者に感謝しています。スタートは良くなかったですが、いつも通り後ろからと腹を括っていました。最初の4つのカーブは無理をせず、3、4コーナーでは多少の無理があっても外を回って、突き抜けると思い、馬を信じていました。結構外を回りましたが、コースロスにへこたれる馬ではありません。やはり今年は“金”の年だったので、ゴールドで締め括れて良かったです」

2着 オーシャンブルー(ルメール騎手)
「今日はパーフェクトなレースが出来ました。大きな馬ではありませんが、ビッグハートを持った馬です。直線で前が空いた時は勝てると思ったほど手応えが良かったのですが、外から最後交わされてしまいました。勝った馬は強いです。しかし、彼にとってはいいレースだったと思います」

(池江泰寿調教師)
「エイシンフラッシュをつかまえた時は一瞬勝ったかと思いましたが、外から強い馬に交わされてしまいました。終わってみればステイゴールド産駒のワンツーでしたね。この馬はまだ力をつけている段階なので、来年はGIを勝てるように育てていきたいと思います」

3着 ルーラーシップ(ウィリアムズ騎手)
「スタートがすべてです。やれることはやってきましたが、こういう結果になってしまいました」

4着 エイシンフラッシュ(三浦騎手)
「イメージ通りの競馬が出来ました。先頭に立った時はヨシ!と思いましたが、その後、脚色が一緒になってしまいました。3~4コーナーで馬場の悪いところを通ったことが影響したように思います」

5着 スカイディグニティ(スミヨン騎手)
「スタートも良く、道中もいい位置につけられましたが、コーナー、コーナーで手前を替えないので押して行きました。結局ワンペースのままで、伸びてはいますが、上位馬には及びませんでした」

12着 ローズキングダム(岩田騎手)
「枠順を生かしてやることはやりました。ただ、現状はマイルの方がいいと思います。マイルならいい位置が取れるでしょう。まだ不器用なところがありますし、馬がゴール板に向かう気持ちを忘れていると思います。気持ち自体は終わっている馬ではないので、もう一花咲かせてあげた方がいいですね。ただ、3、4コーナー手前まではヨシ!という手応えがありました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

ジャパンカップダート in 2012

◆ジャパンカップダート

121202han11d

《予想してません》

121202han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Jcd_zensou Jcd_syuboba Jcd_lap 1800_2 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cdphoto01 Cdphoto02
Cdphoto03 Cdphoto04
Cdphoto05


◆レース後のコメント by Nikkei

【ジャパンCダート(GI)】(阪神)~ニホンピロアワーズ&酒井騎手 人馬共にGI初V

1着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「初めて跨った時から、大きな舞台を狙える馬という手応えは持っていました。とにかく今日は、これまでスタッフが頑張ってきたことを僕が受け継いで発揮するだけでした。レースは前のポジションでスムースに運べました。有力馬2頭を前に見る形で、手応え十分で直線に向きました。最後の1ハロンもソラを使うことなくいい反応を見せ、強い勝ち方をしてくれました。とにかくここまでこの馬を任せてくれた関係者の皆さんとファンの皆様に感謝したいです」

2着 ワンダーアキュート(和田騎手)
「この馬もいいパフォーマンスを見せました。ただ相手が強かったですね。この(良)馬場でこの時計は速いです。思った通りのレースは出来ました。ペースも速かったので、ついて行くのに脚を使いながら本当に頑張ってくれました」

3着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「理想のレースは出来ました。ただ、勝ち馬が強かったですね。2着馬とは動いたタイミングの差。GIで3歳馬でこれだけのレースが出来たのですから、先々本当に楽しみです」

4着 ローマンレジェンド(デムーロ騎手)
「馬体も、跨った感じも素晴らしかったのですが、今日は、力があるのに力を出そうとしない感じでした。道中はずっとズブさを見せていました」

5着 グレープブランデー(ルメール騎手)
「今日は、勝ち馬の後ろで流れに乗っていい感じで運ぶことが出来、4コーナーでは手応えも良かったのですが、最後は脚が同じになってしまいました。でも馬自身は一生懸命最後まで走っていました」

7着 ナムラタイタン(熊沢騎手)
「ゲートがすべてです。最後はよく詰めているのですが…」

10着 エスポワールシチー(武豊騎手)
「向正面で手前を替えず、4コーナーでは手応えがなくなってしまいました。残念です」

13着 ソリタリーキング(浜中騎手)
「よく頑張ってはいますが、相手が強かったですね」

16着 トランセンド(安田隆行調教師)
「ハナに立つことが出来ず、厳しかったですね。これがすべてです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

ジャパンC / 京阪杯 in 2012

◆ジャパンC

121125tok11d

春に二度ほど和解の手を差し伸べた⑰オルフェーヴル。しかーし!二度とも手を弾かれたからのぅ^^; 大逸走と大凡走ww オレが歩み寄るタイミングが悪いっちゃ、悪いが……それにしてもあんまりじゃないっすか(笑) もう、屈服するのはやーめた(意地ww

さてそのオルフェくん、フォア賞を叩かれ凱旋門賞で一度仕上がったハズ。凱旋門賞上位馬が近年不振なのは、一度ピークに仕上がってしまう事と日本馬のレベルアップが要因だと思う。……ん?ディープインパクトはJC制したじゃんって? そうそう、ディープは日本仕様のフォームのままロンシャンで走ったんだよね。でも、オルフェは回転を上げたフォームになっていた。。。体調を維持し、尚且つ走法まで元に戻せるのかどうか!?

◎⑬ルーラーシップ

天皇賞上位馬を比較してみる。不振のさなかGⅡ毎日王冠を本気で取りに行ったフシがあり、天皇賞は距離ロスを最大限に防ぎ更に内にバイアスの恩恵があった⑧エイシンフラッシュ。ハナから最大目標は天皇賞だったはずの④フェノーメノ。これらと比べて明らかに緩い作りで出遅れまでカマしてコンマ2、3秒差だったこの仔の方を上位に取る。しかも上積みまで見込めますからね。宝塚記念のリベンジ、成し遂げてちょうだいよ♪

以下、
○⑩ダークシャドウ
▲⑰オルフェーヴル
△③ジャガーメイル
△⑧エイシンフラッシュ
△④フェノーメノ

121125tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Jc_zensou Jc_syuboba Jc_lap 2400

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cphoto01 Cphoto02
Cphoto03 Cphoto04
Cphoto05


◆京阪杯

121124kyo11d

◎③スギノエンデバー

直線でコロッと前と後ろが入れ替わる展開を想定すると、この仔に行き着いちゃいました。鞍上は超絶不安ですが……^^;

以下、
○④サドンストーム
○⑩エーシンヴァーゴウ
○⑪ビウイッチアス
○⑭エーシンホワイティ
○⑮スプリングサンダー

121124kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Keihanhai_zensou Keihanhai_syuboba Keihanhai_lap 1200


◆レース後のコメント by Nikkei

【ジャパンC(GI)】(東京)~ジェンティルドンナ 史上初の3歳牝馬V

1着 ジェンティルドンナ(岩田騎手)
「オルフェーヴルとの叩き合いを制することが出来たのはすごいことですが、逃げ馬を交わす時に微妙な進路取りになり、接触したことは申し訳ないと思っています。8枠からのレースは腹を括っておかないといけないと考えていました。道中は絶好のポジションで、4コーナーまでは完璧でした。接触がなかったら…と思います。自分の気持ちがレースに出てしまったのかもしれません。悔いが残ります。53キロを生かしたレースをしたいと思っていました。馬場状態を考えるとインコースを取りたい一心でした。前を早めに飲み込む形を想定し、オルフェーヴルも前にはいないレースを想定していました。これで負けたら仕方がないと思っていましたし、この馬が底を見せていないことが証明出来ました。彼女の本気を初めて見せてくれました。オークスの走りは良かったと改めて思いますし、東京の左回り、最高の馬場で結果が出ました。お疲れ様です、と馬には言いたいです。本当にファイトを持っている馬です」

(石坂正調教師)
「騎手には特に指示していませんが、自分からあの位置を取りに行けるのがこの馬です。並んだら抜かせないのが最大の長所。今日のレースでもそこが出たと思います。この後、有馬記念は使いません。来年、ドバイを含め、凱旋門賞など海外遠征を視野に、馬の様子を見て決めていきたいと思います」

2着 オルフェーヴル(池添騎手)
「道中、行きたがりましたが、馬の後ろで何とか折り合いました。直線、ぶつけられてバランスを崩し、手前を替えて…着差が着差だけに悔しいです」

(池江泰寿調教師)
「この臨戦過程でよく頑張ってくれたと思います。審議の結果はJRAの判断ですから、それに従うだけです。今後のことはオーナーと相談して決めたいと思います」

3着 ルーラーシップ(ウィリアムズ騎手)
「ゲートで座り込んでしまい…、痛かったです。ゲートを出ていれば、という気持ちです。有馬記念で逆転したいと思います」

(角居勝彦調教師)
「ゲートが良くなかったですね。練習ではそんなことはないのですが…」

4着 ダークシャドウ(デムーロ騎手)
「素晴らしい馬です。前に行きたかったのですが、1コーナーで前をカットされ、思う位置を取れませんでした。2400mは問題ありません。もう少し速いペースの方がこの馬には合っています」

6着 トーセンジョーダン(スミヨン騎手)
「よくやってくれました。作戦通り逃げるつもりでしたが、ビートブラックがあれほど行くとは思わなかったので、離れた2番手で逃げているような形にして徐々に気合を乗せて行きました。ちょっと最後にブレーキを掛けるところがあったので、それがなければもっと上の着順だったと思います」

7着 ビートブラック(石橋脩騎手)
「スタートしてから、もう少しあのペースの中で後ろを離して逃げられれば良かったのですが、思った以上について来られて、早めに後続を離す形になってしまいました。ただ、あれ以上は早く動けないですから…仕方ありません」

9着 エイシンフラッシュ(ルメール騎手)
「4コーナーでは、オルフェーヴルの後ろにつけてうまくいったと思ったのですが、残り200mで脚が止まってしまいました」

14着 オウケンブルースリ(浜中騎手)
「馬場も良かったですし、積極的に勝負を賭けて行きましたが、離されてしまいました」

16着 ローズキングダム(武豊騎手)
「思い通りに行けましたが、直線を向いて手応えがありませんでした。調子が悪い訳ではないのですが、フォームがいい時のものではありませんでした」

【京阪杯】(京都)~ハクサンムーンが逃走V

1着 ハクサンムーン 酒井学騎手
「前走は逃げ馬には厳しいレースになってしまいましたが、今日は楽に行けました。馬場に脚をとられることもなく、直線でも余力があったので、最後まで辛抱してくれました。以前から重賞を勝てる馬だと思っていましたし、嬉しいです。まだ3歳ですし、もっと力をつけて短距離路線で活躍してくれるといいですね」

西園正都調教師のコメント
「自分の競馬ができれば重賞でもやれると思っていました。前回は競り込まれましたが、今日は単騎で行けましたね。3週続けて重賞を勝たせてもらい、ありがたいです。今後は休ませて、来春の高松宮記念を目標にします」

2着 アドマイヤセプター C.ルメール騎手
「道中はスムーズでしたが、直線で右にモタれてしまいました」

3着 シュプリームギフト 秋山真一郎騎手
「レースはスムーズで、直線でもいいところが開きました。よくがんばってくれました。今年になって、本当に力をつけてきていますね。落ち着いてレースで力を出せるようになってきました」

4着 テイエムオオタカ 石栗龍彦調教師
「控えて、4コーナーで前をつかまえたかったのですが……。馬場が荒れてきたのが影響したのかもしれません。それでも安定して走ってくれています」

7着 オリービン 武豊騎手
「流れに乗れましたが、上位馬とは一瞬の脚の差が出た感じです。それでもラストは止まっていませんし、慣れてくれば距離も大丈夫だと思います」

15着 パドトロワ 安藤勝己騎手
「3~4番手でいいところにつけられたと思いましたが、ガツンと来るところがありませんでした。状態はよかったのですが、今日の結果を考えると暖かい時期の方がいいのかもしれません」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

マイルチャンピオンS / 福島記念 in 2012

◆マイルチャンピオンS

121118kyo11d

◎⑬ストロングリターン

裂蹄とか? んーでも、週中に粗方決まってたんで本命そのままで! ま、予想時間ないからしゃーない(笑) いったれ、いったれww

以下、
○①サダムパテック
▲⑩リアルインパクト
△⑧エイシンアポロン
△⑪ファイナルフォーム
△④ダノンシャーク

121118kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Milecs_zensou Milecs_syuboba Milecs_lap 1600

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Csphoto01 Csphoto02
Csphoto03 Csphoto04
Csphoto05 Csphoto06


◆福島記念

121118fuk11d

馬柱見て脳がフリーズしますたwww (時間がない^^;)

-見-

121118fuk11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Fukushimakinen_zensou Fukushimakinen_syuboba Fukushimakinen_lap 2000


◆レース後のコメント by Nikkei

【マイルCS】(京都)~サダムパテック 悲願のGI制覇達成

1着 サダムパテック 武豊騎手
「お久しぶりです(笑)。約2年、GIで結果が出ず、なかなかこのようにインタビューを受けることはありませんでしたが、こういう場に立てて、誰よりも自分が一番喜んでいます。みなさんが応援してくれていたので、早く結果で応えたいと思っていました。勝ててよかったです。馬の状態がすごくよかったですし、1番枠だったので今日のようなレースがしたいと思っていました。ある程度、内を狙おうというのも決めていました。しっかり走ってくれていたので、直線半ばで勝てるのではないかと思いました。いい馬に声をかけてもらい、何とか結果を出したいと思っていました。これを機に、もっと精進して、もっと勝てるようにがんばります」

2着 グランプリボス 内田博幸騎手
「矢作先生の馬でGIを勝ちたかったのですが、また2着でしたね……。直線で進路がなくなって、そこから今日の馬場でよく伸びてくれたと思います。馬をほめてあげて下さい」

矢作芳人調教師のコメント
「アンラッキーでした。いちばん強い競馬をしたのはこの馬だと思います。トップスピードに乗っているところでブレーキをかける形になってしまって、もったいない競馬でした。ただ、負けは負けですから……。この悔しさを香港にぶつけたいと思います」

3着 ドナウブルー C.スミヨン騎手
「ゲートを出てから、テンの脚がゆっくりしていましたね。スタートからしばらく左に寄れて1頭になったときにソラを使うところがありましたが、うまく馬群につけると闘争心も出て、折り合いもつきました。反応よく、しっかりと伸びてくれましたし、牡馬相手にこれだけやれたのは立派だと思います」

5着 リアルインパクト R.ムーア騎手
「スタートよく、道中もいい感じでした。流れもこの馬に向いていました。最後にもう少し切れる脚があればよかったですね」

6着 ダノンシャーク 浜中俊騎手
「直線に向くときもいい雰囲気でいsた。不利はあってもなくてもあまり関係なかったと思います。馬はがんばってくれました」

7着 サンカルロ 吉田豊騎手
「いい枠から、いい感じでレースを運べました。直線も勝ち馬の後ろから行けましたが、あと100mで脚が上がってしまいました。ただ、マイルでこれだけ走れたのもこの少し渋った馬場がよかったのかもしれません」

8着 ストロングリターン 福永祐一騎手
「道中はよかったのですが、4コーナーの下りで脚色が怪しくなりました。まだ原因がよくわかりません」

10着 アイムユアーズ 四位洋文騎手
「今日は古馬や牡馬が相手ですからね。それでも終いはしっかりした脚取りでした。ただ、今日の内容を見ると牝馬相手ならかなり楽しみな馬です」

11着 マルセリーナ M.デムーロ騎手
「行くところ行くところでスペースがありませんでした」

12着 ファイナルフォーム C.ルメール騎手
「いい手応えで直線に向きましたが、追い出したところで不利を受けたことが響きました」

13着 フィフスペトル 岩田康誠騎手
「3~4コーナーまでは最高でした。馬場でしょうね。パンパンの馬場で、早めに抜け出すような形が理想だと思います」

【福島記念】(福島)~ダイワファルコンが人気に応えて重賞初V

1着 ダイワファルコン 川須栄彦騎手
「前の馬を見る形で、揉まれずに3番手くらいでレースをして欲しいと言われていましたが、その通りのレースができました。北村宏司騎手から馬のクセを聞いていましたし、馬の気分を損ねないように乗れば、力は抜けていると思っていました。前の馬が早くバテたので、早めに先頭に立つ形になりました。最後までしっかりと走ってくれました」

2着 アドマイヤタイシ 丸山元気騎手
「うまく運べましたし、がんばっています。今日は勝った馬が一枚上でした」

3着 ダコール 佐藤哲三騎手
「前を射程圏に入れながら運べたのですが、ペースが少し遅く、直線ではかなり外に出す形になりました。調子は前回よりもよかったです。まだ重賞2回目ですし、まだこれからの馬ですよ」

4着 ヒットザターゲット 大野拓弥騎手
「内枠だし、考えていた競馬はできました。力は出せたと思います」

7着 ドリームバスケット 柴山雄一騎手
「いい位置で折り合えました。馬場は大丈夫でした」

8着 サンテミリオン 藤岡佑介騎手
「馬に囲まれて、集中して走っていました。雰囲気もよかったし、復調の兆しが見えてきた感じです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

エリザベス女王杯 / 武蔵野S in 2012

◆エリザベス女王杯

121111kyo11d

例年ならこの時期の京都は4角で内を大きく空ける騎乗が目立つんですが……今年はあまりインが荒れてないようですね。そんな理由で過去は内枠が奮っていませんが、今回そんな単純な枠ゲーはさせてもらえなさそうです。しかも前が残って差し不発とか(笑) 圧倒的一番人気⑫ヴィルシーナは前走こそ牝馬で唯一負けているジェンティルドンナ対策で逃げましたが、元は中団付近からの差し馬。外目の枠に行ったことも手伝って、今回は控えそうですね( ̄ー ̄)ニヤリ

◎⑪ホエールキャプチャ

冒頭で展開のコトなんざ能書きタレてますが、本命は宗教的思い入れを根拠に打っております(爆) 前走大敗とか中距離以上連対ないとか、一切聞こえませーん(をぃww 何だかんだ言って、GⅠ馬はこの仔と⑬エリンコートしか居ないのよ^^ たかが2着馬くらい格の違いであしらってやれよ(暴言ww 昨年の同舞台で前に居たのがアヴェとパ姐だけなら胸を張って良い実績。追い切りで猛烈デモをやったその勢いのままに2度目の頂点を極めておくれ\(^o^)/

以下、
○⑥ピクシープリンセス
▲③スマートシルエット
△⑦フミノイマージン
△⑫ヴィルシーナ

121111kyo11b 行きっぷり悪かったなぁ(>_<)

121111kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Queenelizabethhai_zenzou Queenelizabethhai_syuboba Queenelizabethhai_lap 2200

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05


◆武蔵野S

121111tok11d

先週のみやこSでハタノヴァンクールやホッコータルマエが古馬に一蹴されたように、ダート路線ではまだ3歳世代に絶対の信頼を置けないのが現状。いくらムーアが乗るからと言って④イジゲンに飛びつくのは躊躇われる。あ、真面目な出だしですが予想はテケトーです(笑)

◎①ナムラビクター

とか、冒頭で振っておきながら本命は3歳馬wwwww てかね、④イジゲンが前走負かした相手は次走条件戦でもマゴついてるんだけど、ブラジルC組は次走みやこSで差のない上位争いをしてるんだよね。それを5馬身もぶっ千切ったんだから評価しても良いんじゃないかなーと。3歳勢の中では特別扱いね^^ なお、距離適性なるものは無視ぶっこいてます(爆)

以下、
○⑫ナムラタイタン
▲⑪ダノンカモン
△⑦シルクフォーチュン
△③トリップ
△⑨ストローハット
△④イジゲン

121111tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Musashinos_zensou Musashinos_syuboba Musashinos_lap 1600 


◆レース後のコメント by Nikkei

【エリザベス女王杯】(京都)~レインボーダリアが外からまとめて差し切る

1着 レインボーダリア 柴田善臣騎手
「調教の段階から馬はいい状態でしたし、不利がなければいいレースができるという手応えはありました。重馬場でこの馬としてはよりチャンスがあるのではと思っていました。4コーナーにいい形、いいリズムで入れたので何とかなるのではと思いました。GIの舞台でこの馬の力を出せて嬉しく思います。この馬はとにかく性格がよく、調教以上にレースで乗りやすい馬です。馬場は悪かったですけど、いいレースはできたと思います。これからも応援よろしくお願いします」

2着 ヴィルシーナ 内田博幸騎手
「勝ったと思いましたが、悔しいですね。この馬場ですし、内にこだわらず出たなりで競馬をしましたが、外から早めに来られましたからね……。馬場に関しては言い訳にならないと思います。GIを勝てる力はあるのに、1番人気に支持してくれたファンに申し訳ないです。ただ、馬はがんばってくれました」

3着 ピクシープリンセス M.デムーロ騎手
「スタートしてからの動きが硬く、ノメって手前を替えてばかりでついて行けませんでした。直線に向くときに外を回るロスもありました。最後は本当にいい脚を使ってくれましたが……」

4着 マイネオーチャード 柴田大知騎手
「この馬場もまったく苦にしませんでした。道中はあまり進んで行かない馬なので、無理せず行きましたが、しっかり走ってくれました。馬が本当に力をつけてよくなっています。今後が楽しみです」

5着 オールザットジャズ 川田将雅騎手
「3コーナーまでは本当にスムーズで、いい雰囲気だったのですが、外からまくってきた馬の影響を受けて一気にハミを噛んでしまって、行ってしまいました。あそこで抑えていれば……」

7着 マイネイサベル 松岡正海騎手
「いいところにつけられましたし、良馬場なら面白かったと思うのですが……。ここまで悪くなるとノメってしまいました。今は本当に調子がいいですし、この距離でも大丈夫です」

9着 ラシンティランテ C.ルメール騎手
「道中はスムーズで、4コーナーを回るときの手応えもよかったのですが、残り300mぐらいで馬が疲れてしまいました。距離の問題かもしれません」

10着 ホエールキャプチャ 田中清隆調教師
「馬場は関係ないと思います。今日は動きたいときに動けませんでしたからね」

【武蔵野S】(東京)~イジゲンが出遅れをものともせずに重賞初V

1着 イジゲン R.ムーア騎手
「スタートでは隣の馬がうるさくて立ち上がってしまい、1秒ほど遅れてしまいました。しかし、そこから馬ががんばってくれました。最後は抜け出して1頭だけになりましたが、しっかりとがんばってくれました。いい素質がありますし、今後の大きな舞台に向けて準備はできています。私自身も日本で競馬できるのは楽しいですし、これからもいい競馬が見せられるようにがんばりたいと思います」

2着 ガンジス 蛯名正義騎手
「初めての距離でしたから、大事に乗りました。1600mは全然問題ありませんでした。最後は盛り返して、よく伸びています」

3着 ダノンカモン 武士沢友治騎手
「いい馬で、走りますね。まだ遊び遊び走っています。よくがんばっていますが、今日は相手が強かったです」

4着 アドマイヤロイヤル 安藤勝己騎手
「動きは戻っていますが、今日はゴチャついて行き場がありませんでした」

5着 ストローハット 福永祐一騎手
「スタートで遅れてしまいましたし、流れが遅く、みんなが引っ張りきりでした。道中でハミを噛んだ分、直線では伸び切れませんでした」

6着 ナムラタイタン 熊沢重文騎手
「前走の落馬して走っていないせいか、今日は思ったほど弾けませんでした。でも、一度使えばよくなる馬ですから、次はいいと思います」

7着 トリップ 田辺裕信騎手
「ダートは合っていますが、ポジションを取りに行くとオーバーペースになってしまいます。もう少し距離があるとこの馬の持ち味が出しやすいと思います」

14着 バーディバーディ 北村宏司騎手
「リズムよく走れましたし、手応えよく直線を向いたのですが、途中で脚がなくなってしまいました」

15着 ナムラビクター 和田竜二騎手
「絶好位で楽に行けましたが、狭いところに入ってしまって伸び切れませんでした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

天皇賞(秋) / スワンS in 2012

◆天皇賞(秋)

121028tok11d

えへへ^^
もう、もうあの仔しか見てませーん♪

問題は天気……
雨が降ったら多少はレート落とすっきゃねーな
しかし、アイツがいくら渋馬場ド下手って知ってても
印を変える気はサラサラねーよ

◎⑪ジャスタウェイ

坂路ヘタっぴのオマエが、アレだけクルクル脚を回せてりゃ上等^^ しかもソレが確り浮遊感のあるものだった。お膳立ては須貝センセが整えてくれた。。。あとはウチパクさんの腕とオマエの潜在能力に賭ける。さぁ、スターダムへのし上がれ!!

以下、、、

○⑯カレンブラックヒル
▲⑥ルーラーシップ
▲④フェノーメノ
△⑬ダークシャドウ
△⑭トランスワープ
△⑮トーセンジョーダン
△①ナカヤマナイト

121028tok11b

馬場は苦手と言えるほどの重さではないと判断してレートは下げずに勝負しましたが、やはり少しは終いのキレに影響しましたかね。。。でもま、古馬のGⅠでココまでやれたんだから褒めたげる^^ まだまだオマエの成長は始まったばかり。もっと鍛えて、また一緒にチャレンジしようぜ\(^o^)/

121028tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Tennohsyo_zensou Tennohsyo_syuboba Tennohsyo_lap 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05


◆スワンS

121027kyo11d

◎⑥エイシンアポロン

いくら近走不振だからって、昨年のマイル王が随分とナメられとりますな(笑) 休み明けは元々走らない仔。しかも毎日王冠は大外に居たっしょ。あの日は外の馬場が伸びてないんでね、ステキな煙幕になっておる。唯一外で伸びたジャスタウェイの優秀さを浮き彫りにする為に、ココで「どんなもんじゃーい!」ってな劇走を期待する(笑)

以下、、、

○⑮グランプリボス
▲⑦オリービン
△⑩サンカルロ
△⑧ダノンシャーク
△⑨レオアクティブ

121027kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Swans_zensou Swans_syuboba Swans_lap 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【天皇賞】(東京)~ダービー馬エイシンフラッシュが復活V

1着 エイシンフラッシュ M.デムーロ騎手
「すべてがいい形になりました。馬はリラックスしていて、行きたいときに前のスペースが空きました。直線はいい脚で先頭に立って、一瞬馬がやめそうになったのでムチを使いました。賢くて、いいハートと切れる脚を持っている馬です」

2着 フェノーメノ 蛯名正義騎手
「完全にうまくレースはできたのですが……残念です。併せ馬になっていたらとも思いますが、あれほど内が開いて、そこを勝ち馬に走られては……。向こうはラチを頼りにできて、こっちは一頭ですからね」

3着 ルーラーシップ I.メンディザバル騎手
「ジャンプするようなスタートで遅れてしまいました。もう一度、同じメンバーでやらせてもらえば、また違う結果になると思います。ただ、以前でしたら今日のようなスタートをすると引っかかってしまったのが、今日は折り合っていけたところに成長を感じます」

4着 ダークシャドウ 福永祐一騎手
「ペースに惑わされず、自分の競馬をさせました。うまく外に出せましたが、これからというときに差を詰められませんでした。勝ち馬と同じような位置でしたが、内外の差もあったかもしれません。ただ、内が開く保証もありませんからね……。それでもGIを獲れる力のある馬だと思っています」

5着 カレンブラックヒル 秋山真一郎騎手
「自分の競馬はできたと思います。結果的に距離が長かったのかもしれません」

平田修調教師のコメント
「外枠の分でしょうか。距離かもしれません。でも、やはり古馬の一線級は強いですね」

6着 ジャスタウェイ 内田博幸騎手
「いい感じでレースはできました。距離云々じゃなく、今日のところは仕方ないと思います」

7着 ジャガーメイル 石橋脩騎手
「スタートで寄られた分、少し位置取りが後ろになりました。ダークシャドウの後ろの位置になりましたが、結果的に最後は内に行った方がもう少し上の着順をとれたと思います」

【スワンS(GII)】(京都)~グランプリボス 重賞4勝目

1着 グランプリボス(内田博騎手)
「今日はチャンスは十分にあると思っていました。1800mの前走で、松岡騎手がうまくハミを抜いてレースをしてくれましたから、今日も掛からずに済みました。馬体重が増えていましたが、爆発力があるので減りすぎるよりはいいと思っていました。前に乗った安田記念はあと一歩で、ほぼ勝ち負けの内容。今日はこれくらいは走ってくれると思っていました。最後も馬込みを捌いて、直線も本当に力強く伸びてくれました」

2着 テイエムオオタカ(石栗龍彦調教師)
「ズブくなっているのかな…? 最初の2ハロンは追っつけ追っつけでしたね。以前のようにガツーンと来ませんね。ただ1400mでこれだけのレースをしたことで幅は広がりました。賞金も加算出来ましたし、次は京阪杯になると思います」

3着 アドマイヤセプター(福永騎手)
「得意でない右回りで、メンバーも強化されましたが、それでも上位争いしてくれました。上手に走れば重賞を勝てる馬だと思いますから、課題はありますが、楽しみです」

4着 ダノンシャーク(浜中騎手)
「スタートはいつも通り、内の馬が前に行ってくれてレースはスムースでした。でも今回の相手はこの距離のスペシャリスト達ですからね。その差があると思います。ただ、この馬としては内容は悪くありません」

6着 ショウリュウムーン(小牧騎手)
「太かったですね。それがなかったらもっと走れます。能力がありますね」

7着 カネトシディオス(和田騎手)
「決め手は通用します。終いだけでも届くかと思ったくらいです」

9着 レオアクティブ(横山典騎手)
「本当に頑張りました。いい経験になりました」

10着 エーシンホワイティ(松山騎手)
「ロスなく競馬が出来ましたが、流れがスローでした」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

継承者の足音 -Riding High-

無敗を守り堂々たる勝利をモノにしたカレンブラックヒル、おめでとう!
低評価を覆し並み居るGⅠ馬を切り捨てたジャスタウェイ、よくやった!
めっちゃエキサイティングぅ~なゴール前だったよ^^


【2012毎日王冠】



くううぅ*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
何度見ても鳥肌立っちまうわぃ(笑)



……さて、今週末の天皇賞
毎日王冠をステップにした古馬陣はウォーミングアップを終え
JC照準の更なるツワモノたちもついに始動をはじめて一堂に会する
当然毎日王冠よりもレース格よろしく、ハードルはグーンと高くなります

当初は……
「№2のルーラーシップ? むふぉふぉふぉwww 鞍上に隙があるじゃなーい(笑) それにさ、ココ叩き台のつもりなんでしょーよ( ̄ー ̄)ニヤリ」
と、高を括っていたが……

Photoパを見てビビッた\(◎o◎)/!
てか、ココまで完成された馬体を見たのはおそらく初めて……
絶対王者オルフェにも力勝負を挑めるくらいのデキなんじゃないだろうか!?


ぶる、ぶる、ぶるっ!!!!
エルコンとグラワンが毎日王冠でスズカ様に洗礼を受けたのを思い出す^^;


いや、応援するお前がブルってどーすんの!?
ジャスタウェイにどーしても勝って欲しいんだろ!?



……そうだよ。。。



ルーラーシップのデキが見た目そのままなら、小指でねじ伏せられるかもしれない
前走追い付けなかったカレンブラックヒルも、この距離までは守備範囲だろう
コンマ数秒の仕掛けのアヤでダービー馬となれなかったフェノーメノもホンモノだ
府中適性はズバ抜けているはずの遅咲きダークシャドウもついに本格化か!?
猛る狂気をそのままレースで爆発させる昨年の覇者トーセンジョーダンも怖い
天覧競馬って牝馬!? 不在の今回はセン馬トランスワープの出番にゃにょww


うげっ(>_<)
改めて有力馬コメるとさらにブルっちまうじゃねーか(爆)



◎ジャスタウェイ



もはや宗教化しているこの印。。。
応援馬が居ると浪花節な馬券に走るのはオレのキャラ(笑)
それでも、全く望みがないとも思っちゃいない

良いか悪いかは置いといて
もし下馬評をひっくり返してオマエが載冠できたとき
応援する仔の生涯最高のステージから取り残されたくないワケよ

クレバーな予想で100度的中するより、
一度で良いから愛する仔と、ぶっチギれるくらいの興奮を味わいたいのさ
そう、コレは単なるオレの馬券観であり、欲望ww



ストイックな馬券は、応援馬が居ないときにやればいいじゃないか^^



オレの求める結末はただひとつ、、オマエが一気差してナンボのもんだぜ
皆が、ぶったまげるような脚を見せて来いよ♪

道中の仕草はルーラー先輩に学んで来い、、てか、そのポジションに喰らいつけ
そして直線はダクシャ先輩に遅れをとらないようにスパートを賭けろ
んーで、おそらく並んでくる同期フェノメノに根性で負けるんじゃねーぞ

そうすりゃ、あの日でっかく見えたカレンの背中を越えられる……

なぁ、、、新潟を思い出してみろよ
今のこの府中の高速馬場、、、オマエの大好物な条件じゃないのかい?





毎日王冠後の衝撃……

ジャスタウェイ賞金微妙も天皇賞登録へ
ジャスタウェイ天皇賞で内田と新コンビ

週間情報でこんなに心躍ったのはあの日以来だぜ^^


Photo


一生手放すことのないスクラップブック
待ち侘びて焦がされながら、オレはアイツを狂おしく愛すようになった
そしてアイツは過剰すぎるオレの期待を全て受け止めてくれた

まあ、彼は超が付く天才だからな、、、
同じことをやってくれなんて、そんなムリは言わない(笑)
それでも、オマエの出来る限りのコトはやって欲しい


そして、できれば勝利してくれたら…………


20年振りなんだからな、この感情っ!!
どんな窮地に立たされてもな、貪欲に前を目指してくれよ



Riding High / Rosemary Butler




つっても、やっぱり勝って欲しいよな、、普通に……(笑)



追いかけて、、

追い詰めて、、

ハナ差でもいい、、

てめぇの為にチェッカーフラッグを振らせてみせろ!!





……あ、マネして転倒したらイカンぜよ(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

菊花賞 / 富士S in 2012

◆菊花賞

121021kyo11d

金船祭と化したラストクラウン。。。

強いよ。それは認める。。。んーでね、このメンバーでGⅠ馬に相応しいポテンシャルを感じる仔ってだーれ? って聞かれると、やっぱりゴールドシップしか居ないww

白旗、揚げますか!?

皐月賞、ダービー、はたまた神戸新聞杯から推していたならソレはOK! でもね、今まで何らかの理由をコジつけて逆目を張ってきたなら、最も期待値の下がるココでひれ伏しちゃいけねぇ。ココにきて金船以外に考えられないなら馬券を放棄するこった(暴言) あ、狙いは菊花賞と早くから目星をつけていた人は別ね、念のためw

さて、今回この大本命馬に最も危惧されるのが最内枠。すんなり前付け出来れば問題はない。しかし、スムーズだったのが共同通信杯ただの1回だけなら疑ってかかった方が無難。ストライドで勝負するタイプが最も牙を削がれるのが囲まれてしまうこと。今回のほほんとしてりゃあ、そうなって機動が立ち遅れる可能性は高い。

そうしない為には一旦下げて持ち出さなければならない。それが中団まで下げるのか、最後方まで下げるのかはフタを開けるまでわからないが、ロスが発生するのは確実。幸い長距離戦は隊列が縦長になるのが常なので致命傷になることはないと思うが……。

ゴールドシップにとって同位置からロングスパートを掛ける仔は敵ではない。付いていける能力がある仔は居ないだろうから。もし足元を掬うならば、ずっと先団で同じようなロングスパートを仕掛けられる仔しかいない。見た目なんかどうでも良い。最後はグテグテになって迫られても、1センチだけでも前に居ればいいんだから(笑) そんな測ったようなクレバーな騎乗をできるオトコを背に迎え、ソレを可能にする性能を持った仔が……居る!!!


◎⑤アーデント


アントニオバローズって馬を知っているかい? そう、2009年のダービーで3着になった仔。彼からオレは底力という強さを学んだ。でも簡単にはわからなかったさ、、、だから100回以上はVTR観たよ(笑) 数字には現れない……事実、彼は鈍重なイメージしか残らない上がりタイムしか記録に残してないから。でも、追われれば果てしなく同じ脚を使える強さ、、、力強い反復動作を飽きるまでやってくれる仔。。。それも競走馬のひとつの能力。そして菊花賞はその能力が通用する可能性がある舞台!!!

アーデントにはソレが可能♪

時間がある人はセントライト記念を見直してみて欲しい。あのレース、5ハロンに渡るロングスパートとなった一戦で、この仔はソレを大外から飛び出して前付け。直線の勝負どころで囲まれて万事休す……というトコロを、最後健気に再び伸び続けています。もし、もし、前を邪魔されることなく、ブレーキなんか踏むことなく伸び続けることが出来るとしたら……?

脚質ゆえ、スッとスペースを獲ったり、ココで動けって時に器用に立ち回れません。だからこそ今までぬるま湯に浸されたような戦績しか残せていないのです。視界が開けた淀の3コーナーから重たいギアをフル回転することが可能だったら?

加藤センセは言ってます「切れはないがバテもしない。早めに動くような競馬を」「前々で運べればいいところを見せてくれるかもしれません」コレを実践してくれるジョッキーが今年初めて跨ってくれます! ミルコならやってくれるはず! ミルコなら今までの燃えカスを全部焼き尽くしてくれるはず! ミルコなら………っっっ!!!(盲信ww

オマエが輝きを放つのはココしかない!

焼けよ! 焦がせよ! 皆の視界を奪い尽くすほどの閃光を放てっ!!
オレは瞬きもせずソレを焼き付けるから、、、!!

◎⑤アーデント
○①ゴールドシップ
△⑧ニューダイナスティ
△⑨フジマサエンペラー
△⑫コスモオオゾラ
△⑮ユウキソルジャー
△⑯スカイディグニティ

121021kyo11b1 121021kyo11b2

3角で挟まれて当てられて最後方まで下がる…… 超もやもや~(T T)
周りの加速に即座に反応出来ないキャラゆえに巻き込まれた感じですね
まぁ、それでもよく頑張った^^ お疲れちん!

121021kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Kikkasyo_zensou Kikkasyo_syuboba Kikkasyo_lap 3000

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02 
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆富士S

121020tok11d

ドコからでも入れそうな混戦ですなぁ(笑)

◎⑦セイクレットレーヴ

脳内堂々巡りをまともに文章にしたら、夜まで掛かりそうだからやめる(爆) なのでテケトーに書くと、NHKマイルCは激スローの中上がり最速でそれなりの力を見せたこと。エプソムCは直線前半グチャグチャ馬場の内にいて、途中で外に持ち出すやや大きなロスがあったこと。なんかを踏まえると毎日王冠に出てても恥ずかしくない走りができたんじゃないかって思えること。となれば安田記念組よりは上位に評価できて、ついでに追い切りも一瞬ヨレはしたものの変な走りじゃないのでまぁいっか、と。⑩ファイナルフォームとの比較だけがよーわからんけど、あっちは何だかリプレイ観ると一癖ありそうな雰囲気だったんで、ユーイチに制御できるんかいな? という疑問が湧いたので、こちらを上位に取りました。おわり(笑)

お遊びのお相手は以下の面々www

△⑥ダローネガ
△⑧コスモセンサー
△⑨ガルボ
△⑩ファイナルフォーム
△⑱クラレント

121020tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Hujis_zensou Hujis_syuboba Hujis_lap 1600


◆レース後のコメント by Nikkei

【菊花賞(GI)】(京都)~ゴールドシップ 2冠達成

1着 ゴールドシップ(内田博騎手)
「このメンバーで、GIホースとして強いレースをしなければと思いました。馬もよく走っています。馬場入りの時、元気のいいところを見せていたので、これなら弾けてくれるのではと思っていました。前に行ければある程度のポジションでと思っていましたが、行き脚もつかなかったので腹を括って後ろから包まれないようにレースを運びました。ペースも落ち着いたので、早めに動いて、あまり外を回されすぎないようにしました。この馬は後ろから来られても簡単には抜かせませんからね。とにかく1番人気に応えることが出来て良かったです」

2着 スカイディグニティ(友道康夫調教師)
「惜しいところまで来ましたね。でも十分です。初めてのGIでこれだけの力を見せてくれました。夏を越えて本当に力をつけています。最後は内と外との差があったかもしれませんが、距離は大丈夫ですね。春の天皇賞を目標に今後は頑張っていきたいです」

3着 ユウキソルジャー(秋山騎手)
「4コーナーで、1、2着馬に離されてしまいました。そこでついて行ければとも思いますが、まだこれからの馬です。今日は変則ペースの中、上手に走っています。次、頑張っていきたいですね」

4着 ベールドインパクト(四位騎手)
「スタンド前で引っ掛かりました。結果論ですが、ゴールドシップと同じ競馬をしても良かったかもしれません。内枠でポジションを取りに行こうとしたのですが、ゴチャついて他の馬に擦られて、スローで折り合いを欠いてしまいました。それでも最後は一瞬オッと思いましたし、もう少しうまく乗ってあげられれば…」

5着 ラニカイツヨシ(佐藤哲騎手)
「出たなりの位置から1周目の下りはうまくハミが抜けたのですが、2周目の坂では少しリズムがうまく行かないところがありました。ただ、GIレースで準オープンの身で本当に頑張っています。この馬にとってもいい経験になったと思います」

7着 ダノンジェラート(三浦騎手)
「キャリアを考えたら頑張っていました。でもこの馬にはいい経験になりました。1戦1戦、成長して変わっています」

8着 フェデラルホール(吉田隼騎手)
「本当は、1、2着馬の後ろにいましたし、それについて行きたかったのですが…ついて行くことが出来ませんでした。ただ、今後力をつけて行けばもっとやれると思います」

9着 マウントシャスタ(川田騎手)
「いいところにつけて、道中はリズムも良かったです。ただ、3コーナーで勝ち馬が早めに来たので動かざるを得ませんでした。その段階でも手応えはあったのですが、この結果を見ると3000mは長かったのかもしれません」

14着 タガノビッグバン(太宰騎手)
「状態は良かったですし、折り合いもついたのですが、4コーナーでうまく捌くことが出来ませんでした」

17着 コスモオオゾラ(岩田騎手)
「もう少しパワーが欲しいですね。トモにもっと力がついてきたら、さらに上を目指せると思います」

【富士S】(東京)~クラレントが重賞2勝目を飾る

1着 クラレント 岩田康誠騎手
「このような馬に乗せていただいて、結果を出せたことは騎手冥利に尽きます。NHKマイルCで3着の実績もあるので、勝てるだけの力はあると思っていました。道中は馬の走りたいという思いに逆らわず、波に乗れました。良馬場だったのでこの馬の切れ味を生かせましたし、ゴール前は何とか押し切れました。この馬自身、マイルCSに進むと思いますが、勝つだけの力はあると思います」

2着 ファイナルフォーム 福永祐一騎手
「休み明けで初めての古馬との対戦でしたが、それでも期待していました。勝てませんでしたが、期待通りの走りをしてくれましたし、決して力負けではありません。距離は様子を見て、もう少し延ばしていければいいと思います。これからもっとよくなる馬で楽しみです」

3着 ヒットジャポット 松岡正海騎手
「乗りやすい馬で、一瞬勝つかと思ったほどです。しかし、休み明けのためか、最後残り100mで苦しくなってしまいました」

5着 スピリタス 蛯名正義騎手
「道中は出て行くのをずっと我慢していましたが、いざ勝負どころで前の馬がフラフラして、出て行けなかったのが痛かったですね」

14着 フラガラッハ 高倉稜騎手
「出遅れましたが、焦らずに終いを生かす競馬に徹しました。後ろから行って成績を残してきた馬ですからね。しかし、今日は妙に折り合いすぎた感じでした。最後も脚が上がってしまい、前走ように弾けませんでした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

菊の惑星 -NATIVE DANCE-

 
 
巷ではゴールドシップ一色となってきている菊花賞下馬評。


もちろん否定するつもりはないっす
皐月の走りを観る限り、掛け値なしに強いですよっと(笑)

なんでね、ぜーんぜんモチベーション上がりませんでしたの……
あぁ、カチコチの決着になってしまうんだねー、と



あの記事を見るまでは(笑)



結果が付いてくるかは置いといて(をぃww
コレによって、オレにとって非常に意味のあるラストクラウンになったわけさ

 

10/17  加藤征厩舎

17日は美浦南Wコースで追い切りました(83秒3-67秒4-53秒1-39秒3-13秒0)。「甲斐路ステークスにはミルコが万が一来られなくなったなどのトラブルを想定して登録させていただきましたが、今のところはそういう話もないので、予定通りのつもりです。調教のほうですが、先週タフな馬場の中で負荷をかけていましたし、今週も長めに動かして負荷をかけるものにして最終追い切りにすることにしました。今週の美浦は変則日程で今日の水曜日が全休日明けなのですが、G1出走予定馬は火曜日にも乗れるので、昨日じっくり動かして今朝動かしているんです。ホアピリとの併せでしたが、自分のペースを刻むように進んでいって5ハロン67秒ちょっとのところでまとめています。動きは終始良かったですし、問題ないですよ。具合はいいし、体もできています。あとは折り合い面と距離でしょうが、ビュンッと切れるタイプではないし、前走の内容を見ていたら人馬の呼吸がうまく形になれば何とかもつんじゃないかなという気もしています。強気には言えませんが、前々で運べればいいところを見せてくれるかもしれませんし、楽しみにしたいですね」(加藤征師)21日の京都競馬(菊花賞・芝3000m)にデムーロ騎手で出走を予定しています。

 

キタぜ! ミルコっ!!!

もうね、もうねっ!!! 興奮隠し切れない鞍上でございます(笑)




◎アーデント




順風満帆だったデビュー後3戦。やっぱノリは上手いよな^^
しかし、乗り替わった年明けに現地観戦へ赴いた頃から歯車が狂い始める……

外枠から自身初となる中団待機の戦法で、直線窮屈になった京成杯
トリップにスペースを奪われ、しかも掛からせてコーナーで詰まらせた弥生賞
もうクソ騎乗としか言いようのない、フジタの呪いを掛けられた皐月賞とラジニケ賞
大外枠から先行はときめくも、直線囲まれアクセルを踏めなかったセントライト記念

アイツの実力をわかっているつもりのオレにとっては
ドレもコレも納得いったレースがないのさ。。。


そこでだよ……
大好きだったヴィクトワールピサをエスコートしてくれたミルコ・デムーロは
オレにとっては血液を沸騰させてくれる存在、、、そう、神ww
勝つにしろ、負けるにしろ、アーデントの性能を目一杯引き出してくれるはず

出し切って迎撃されるなら、ソレは本望
しかし、出し切ってさえくれれば
オレの評価に違わぬ走りをしてくれるはずだと信じてもいる


未だ底を見た気がしないゴールドシップは遠い存在かもしれない
海外遠征が明らかに余計だったディープブリランテも器のデカさは認めている
エグい胸前を見せ付けるスカイディグニティは確かに不気味な存在だよね
上がり馬のユウキソルジャーの涎垂モノローテにはココロ動かされるよ(笑)
3連勝で乗り込んできたタガノビックバンもリアルシャダイの血が魅力的
やたらと紙面を賑わせているフェデラルホールはちょいとフォームが残念!?


ココに入ってアーデントの推し材料って何よ?

はい、新馬戦で感じたポテンシャルですwww


また、ソコかーーーーい!!!
と、突っ込まれそうですが(笑)
一度魅せた走法はウソじゃないんすよ---^^;

台風予報も、枠くじ運のなさも
全部ひっくるめて、まとめて受け止めてやるよ!



たとえばドン詰まらなかったら、どんだけやれるのか……!?



素の走り、、、正真正銘のオマエの走りを見せてくれ



NATIVE DANCE / B'z

 


ちょいと別の意味も含まれておる(謎www

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

秋華賞 / 府中牝馬S in 2012

◆秋華賞

121014kyo11d

三冠なるか!?

率直な意見を言うと成ると思ってます。ココまで圧倒的な強さを見せていて、京都コース攻略はシンザン記念で牡馬相手に圧倒的なパフォーマンスを持って既に完了。ペース云々に適応する証明は出来ています。枠順は内で被されるくらいなら中団外に付けられそうなこちらの方がずっとマシで、3角下り坂から一気に馬群を丸呑みにしてくるシーンが思い浮かんだりもしてきちゃう(笑) ゴリ推しでっ! ただ、今までのお付き合いを考えると、単勝ガッツ盛りするわけにはいきませんが…。

◎⑭ジェンティルドンナ

対抗格と言われる①ヴィルシーナはどうよ? ブエナVSレッディの世代を思い出させるようなライバル関係だけど、雪辱なるシーンがどうやっても思い浮かばないんだよね。ポケットで溜めて溜めてという戦略も、ジェンティーが自ら動ける位置にいる以上、脚を余して降参するんじゃないか。また早め先頭で押し切る競馬をしたとしても黄菊賞で最後ローレルブレットに詰められたように終いは甘くなるんじゃないか。……ジェンティーを馬群に閉じ込めた上で、直線の上がり勝負に持ち込む以外勝ち目はないように思う。そして何より、ジェンティーを封じ込めるコトを可能にするだけの稽古をしてきているように感じない。鞍上、ピクリとも追わないんだもん。コレ、決定的にアウト(笑)

まーね、春のままの序列でワンツーする可能性は高いよ。でもね、上記の理由があって、また春にも述べたようにヴィルシのリプレイで一度も強さを感じたことがないならさ、敢えてココにきて面白くもない馬券を買う必要ないじゃない^^; 二強の間を割る仔を探してみることにする( ̄ー ̄)ニヤリ ヴィルシが着拾いにきたならソレはソレで諦めるょ。そのくらいのコトはできるだけの力があることは春の戦績から認めているからね。

【ローズS組】
8分のデキで臨んだ①ヴィルシーナには当然今回上積みが見込まれる。ソレを踏まえて逆転の目があるのは、夏に使い込んだ⑤ラスヴェンチュラスでもなく、ポケットでロスなく事を進めて切れ負けた⑧キャトルフィーユでもない。唯一可能性を感じるのは、直線の大事なところで壁に阻まれてブレーキを踏み、それでもなおラスト強襲してきた⑦トーセンベニザクラ^^

【紫苑S組】
キホン秋華賞に向かない性能を求められる場で、ここでの実績はアテにならない。中では向かない条件を好走したとも取れる、最先着を果たした①ブリッジクライム。んーでも、この仔も夏に使い続けている組なんだよね。比較的秋華賞向きな流れだった三面川特別で結果を残しているものの、それが⑤ラスヴェンチュラスと同レベルの走りだったなら、あっちを消してこっちを取り込むわけにはいかないか(笑)

【クイーンS組】
適性合致する条件で良いですね♪ 中でも勝った⑰アイムユアーズ。ずっと短距離馬だと言い続けて来たんだけどアノ結果には降参しました(笑) ロングスパートとなった流れを横綱相撲でねじ伏せたのは圧巻。追い切りは相変わらず回転を武器にするピッチ走法で「この走りで中距離?」とか思っちゃいますが、本番ではこの脚が衰えずに続くんだよね^^; あぁそうそう、アパパネのように(笑) そしてその1馬身後にピッタリ付けていた⑮ミッドサマーフェアは……斤量含めて完敗なら3着付けならばって感じもする。

【別路線組】
ちょいと位置取り後ろからになりすぎる嫌いがあるものの小倉1000万下で見せたパフォーマンスがホンモノなら②アロマティコが差し込んできてもおかしくない。……けどやっぱロスの大きさを考えるとムリ筋感が付きまといまする(笑) そして、前走直線でかなり不利がありながら根性で伸びた④ハワイアンウインドを週初はかなり推し気味に見てたんだけど、残念なことにこちらは追い切りフォームがよろしくないっすゎ。がっかり……。

◎⑭ジェンティルドンナ
▲⑰アイムユアーズ
▲⑦トーセンベニザクラ

121014kyo11b1 121014kyo11b2

Tw

121014kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Syukasyo_zensou Syukasyo_syuboba Syukasyo_lap 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆府中牝馬S

121013tok11d_2

⑪ドナウブルーが1番人気ですかー、そうですかー
んーでも、直接対決で一度も負けたことないのだょ(笑)

◎⑰ホエールキャプチャ

今回は休み明けでもデキてますね^^ なんか、もの凄い迫力で坂路を駆け上がっております。本番はまだ先なんじゃないの?って宥めたくなっちゃいます(笑) 春に女王様になって張り切っちゃってんのね^^ まぁ大外枠は不利ではありますが、内枠各馬が一斉に控えそうですからね。案外すんなりポジション獲れるんじゃないでしょうか(超楽観ww

相手はやっぱ土日姉妹重賞制覇が掛かって燃えている(推測ww)⑪ドナウブルー。天皇賞でジャスタウェイに乗ってくれるウチパクさんには是非良い結果を出して欲しい! ただし、2着までね(笑) 穴目で拾うなら54kgで走れる③アプリコットフィズ。前々から斤量負けしてるのでは?という仮説を立ててますからね。そして府中では少し性能が落ちる気がする⑥マルセリーナ。追い切り分走ればもっとやれて良いと思う⑭マイネイサベル。今回最も展開利を貰えそうな⑧スマートシルエット。ってトコ?

◎⑰ホエールキャプチャ
○⑪ドナウブルー
△③アプリコットフィズ
△⑥マルセリーナ
△⑭マイネイサベル
△⑧スマートシルエット

121013tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
Huchuhinbas_zensou Huchuhinbas_syuboba_2 Huchuhinbas_lap 1800


◆レース後のコメント by Nikkei

【秋華賞】(京都)~ジェンティルドンナ 牝馬3冠達成!

1着 ジェンティルドンナ 岩田康誠騎手
「この馬にはいろいろ教えられることが多く、今日は勝たなくてはいけないレースでした。返し馬でワガママしたように、まだ若いところはありますが、まだ先を見据えるところのある馬。次の走りをまた見て欲しいです。1コーナーから外を回った分もありますが、最後きわどくなりました。追い出すときにズブい感じを見せましたが、オークスのときのような脚を使う馬だと信じていました。差し返されたような形になりましたが、抜け出してから遊んだところがありました。これからもっとパワーをつけて古馬に挑みたいですね。ブエナビスタと比較されますが、今日の走りはブエナビスタに匹敵するものがありました。これからこの馬の本来を姿を見せて、力を証明したいと思います」

2着 ヴィルシーナ 内田博幸騎手
「今日のようなペースでは行くしかないと思っていたし、やることはやりました。今まで抑えるレースをしてきましたが、今日は前に行ってジェンティルドンナが切れる脚で追い込んで来たところがゴールというイメージでした。一旦、差し返しているように見えたかもしれませんが、完全に交わされていました。しかし、負けはしましたが、よくジェンティルドンナを追い詰めました。今日はヴィルシーナをほめてあげて下さい」

3着 アロマティコ 佐藤哲三騎手
「この馬らしさは十分見せてくれました。経験は他の馬より少ないですが、最後は上位の馬に伸び負けしていませんよ」

5着 チェリーメドゥーサ 小牧太騎手
「直線の真ん中では勝ったと思ったのですが、その途端に失速してしまいました。やはりGIは甘くないですね。ゲートの中でうるさくてポコンと出遅れましたが、よくがんばってくれました」

6着 アイムユアーズ 池添謙一騎手
「1コーナーで無理せず、いい位置を取れました。後ろにいるジェンティルドンナを意識してレースを進めました。4コーナーでは僕の方が手応えあったんですが……」

【府中牝馬S(GII)】(東京)~差し脚光ったマイネイサベル 久々の美酒

1着 マイネイサベル(松岡騎手)
「いい脚を使ってくれました。スタートもいい馬ですし、折り合いをつけて道中もスムースでした。少し体が増えていたので、“先生、10キロ絞ってくれ”と言ったら、本当に10キロ絞ってくれて、いい脚を使ってくれました。近走、結果は出ていませんが、ヴィクトリアマイルでは前が詰まったりしても能力は見せてくれました。走りのバランスのいい馬で、これからも頑張ってくれると思います」

2着 スマートシルエット(蛯名騎手)
「いい脚を長く使うタイプで、最後までよく頑張っています。勝ち馬とは切れ味の差でしょうか」

3着 ドナウブルー(内田博騎手)
「レースで燃えていて、行ったらまずいと思い、何とか我慢してくれました。少しペースが遅く、もう少し流れてくれれば良かったです」

5着 マルセリーナ(岩田騎手)
「枠順は良かったのですが、本当はゴールデングローブの位置につけたかったです。それが少し後ろになってしまいました」

6着 ゴールデングローブ(勝浦騎手)
「競馬が上手で、いいところで競馬が出来ました。さすがに連勝して来た馬ですが、最後は切れ味の差だと思います」

11着 ホエールキャプチャ(田中清隆調教師)
「休み明けでもありますが、体調も完調ではありませんでしたから…」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ