(古14)-GradeⅠ

2014年12月28日 (日)

有馬記念 / ホープフルS with 阪神C in 2014

Classic_logo

◆有馬記念

141228nak10d

141228nak10b

141228nak10s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141228nak10z 141228nak10k_2 141228nak10l 2500 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆ホープフルS

141228nak09d

141228nak09b

141228nak09s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141228nak09z 141228nak09k 141228nak09l 2000


◆阪神C

141227han11d

141227han11b1 141227han11b2

141227han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141227han11z 141227han11k_2 141227han11l 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【有馬記念(GI)】(中山)~ジェンティルドンナが引退レースで有終の美を飾る

1着 ジェンティルドンナ(戸崎騎手)
「今日はジェンティルドンナの最高のパフォーマンスをファンに見せようと思っていました。前回の天皇賞(秋)で賢くて乗りやすい馬だと分かりましたし、枠順も良く、不安なくレースに臨めました。
レースでは先行してしぶとさを生かすことを考えていましたが、前に壁が作れず、初めは多少気負うところはありましたが、我慢してくれていいリズムで行けました。先頭に立ってからは後ろからの馬の足音も聞こえてきましたが、最後の力を振り絞って頑張ってくれました。最高の牝馬だと言っていいと思います。
僕自身は、今年GIを勝てずに悔しい思いをしていましたが、ジェンティルドンナに助けられました。これで引退しますが、今後もこの馬を見守って欲しいと思います」

(石坂正調教師)
「秋2戦を振り返って、こんなものではないと思っていました。もう1回と思って、今日は出走させました。勝つ条件は揃っていたので、これで勝てなければこの馬の力だと思っていました。しかし、ジェンティルドンナは丈夫な馬で、何の心配もありませんでした。今日は、これが最後のレースかと感慨深く見ていました。
ジョッキーには、競馬は簡単だから、あとはジェンティルドンナの力だけだと伝えました。あのようなレースをして欲しいと思ったので、導いてくれた戸崎騎手も良かったと思います。なかなか出来るものではありませんが、思う通りの競馬が出来ました。最初の1000mが1分03秒台ということは、最後の時計勝負になるのでいいのではないかと思っていました。思いが通じたレースでした。
勝ちたい気持ちはありましたが、とにかく無事にと思っていました。見事に勝ってくれて、"ジェンティル、ありがとう"という気持ちです。新馬の時からGIを目指す立場で結果を出してくれて、偉大な馬です。ラストでこのようなパフォーマンスを見せてくれて、すごい馬です。よく私が管理出来たなと思います。
この馬のベストレースは、今日の有馬記念です。牧場など関係者に歓迎されて帰れるでしょうし、ホッとしています。秘めたるジェンティルドンナの力を皆さまに見ていただいて、本当に良かったです。応援してくれて本当に感謝します」

2着 トゥザワールド(ビュイック騎手)
「調教の感じが良かったですし、間隔があいてリフレッシュ出来ていました。今日は落ち着いていて、スタートこそ遅れましたが、好位からスムースに行けて、馬群でも怯むことなく伸びてくれました。素晴らしい馬です。中山より東京や京都の外回り、メイダンのようなコースが合っています。ドバイシーマクラシックに出走するなら、是非乗りたいです」

3着 ゴールドシップ(岩田騎手)
「これだけの馬に乗せてもらって、結果が出せずに残念です。ゲートを出てくれたのですが、スタートから4コーナーにかけて遠慮してしまったのが悔やまれます。位置を取りに行けば良かったです。馬自身はやる気がありましたし、遠征の疲労もありませんでした」

4着 ジャスタウェイ(福永騎手)
「改めてすごい馬だと思いました。ゴールドシップの後ろにいましたが、勝負どころで離されてしまいました。直線でエンジンが掛かったのですが、届きませんでした。この馬の競走生活に関われたことはこれからの財産になります。感謝しています」

5着 エピファネイア(川田騎手)
「よく我慢してくれました。ペースも良かったですし、しっかり動けていたと思います。結果が伴わなかったことは申し訳ないです」

6着 ラキシス(C・デムーロ騎手)
「スタートが良く、ジェンティルドンナの後ろでレースが出来ました。直線ではいいポジションでした。よく頑張ってくれましたが、坂を上がってから強い馬たちに交わされてしまいました。来年はもっと活躍してくれると思います」

8着 トーセンラー(武豊騎手)
「最高のレースが出来ました。距離は分かっていることですが、いいレースが出来ました。しかし、去年ほどの感じはないのかもしれません」

12着 ウインバリアシオン(藤岡康騎手)
「ペースが遅く、力んだ場面もありましたが、すぐ落ち着いてくれました。3コーナーからハミを取ってくれましたが、直線で止まってしまいました。気合いが乗って反応も良かったです」

13着 ワンアンドオンリー(橋口弘次郎調教師)
「トーセンラーの位置が欲しかったのですが、うまく行きませんでした。その後は見ていただいたとおりです。残念でした」

14着 ヴィルシーナ(内田博騎手)
「見せ場は作れましたが、思っていたより早く他の馬に来られてしまいました。それでもこのメンバーですし、この馬も最後はしっかりと走ってくれました。怪我なく無事に終われて良かったです」

【ホープフルS(GII)】(中山)~シャイニングレイがデビュー2連勝で重賞初制覇

1着 シャイニングレイ(川田騎手)
「2戦目でこの相手によく走ってくれました。無事に行って欲しいです」

(高野友和調教師)
「馬は繊細な生き物ですから、2戦目や遠征など心配は色々ありましたが、杞憂でした。精神的な対応力があるので、今後は武器になると思います。クラシックという大きな目標はありますが、今後は未定です」

2着 コメート(嘉藤騎手)
「悔しいです。あそこまで行ったら勝ちたかったです。2着で賞金加算出来たのは大きいです。レースが上手ですね」

3着 ブラックバゴ(戸崎騎手)
「外に出せませんでしたが、内も空かず、コースがあったのは最後だけになってしまいました。能力があります」

10着同着 ティルナノーグ(武豊騎手)
「器用さがない馬で、小さな不利をいくつか受けてしまいました。難しいレースになりました」

【阪神C】(阪神)~関東馬リアルインパクトが連覇達成

1着 リアルインパクト(W.ビュイック騎手)
「昨年勝ったこのレースをDVDで見て、しぶとい馬だなという印象でした。先週(この馬に昨年乗っていた)ムーア騎手からこの馬のことをいろいろと聞いて勉強できたので、悩まず思い切って乗れました。昨年より相手は強そうでしたし、ペースにどう対応するかがカギだと思いましたが、好位の外目で辛抱強く走ってくれて、最後も諦めずよく伸びてくれました」

2着 コパノリチャード(武豊騎手)
「惜しかったですね。勝ったかと思いました。デキも戻っていましたし、馬の感じがよかったです。力があります」

3着 ダイワマッジョーレ(C.デムーロ騎手)
「道中うまく運べて、最後もきわどかったのですが......。距離も若干短いようで、マイルがベストでしょう」

4着 ウリウリ(福永祐一騎手)
「イメージ通りでした。今日は良馬場でも力のいる馬場ですから、馬力型が上位を占める中、牝馬でよくがんばっていると思います」

5着 ホエールキャプチャ(蛯名正義騎手)
「外を回したらチャンスはないと思って、ロサギガンティアをマークしながら進めましたが、もう少しスムーズだったらよかったです」

6着 オリービン(岩田康誠騎手)
「4コーナーでゴチャつくところがありましたが、最後までがんばっています」

7着 ミッキーアイル(浜中俊騎手)
「先手をとりたかったのですが、1頭速いのがいました。追いかける形だと力んでしまいます」

15着 ロサギガンティア(G.ブノワ騎手)
「ゲート裏まではリラックスしていましたが、ゲートへ入った途端にイライラし始めて、頭を上げたり、潜ろうとしていました。外枠でいいスピードがありながら行けず、ずっとかかり気味で最後も伸びませんでした。もう少し内枠なら、また違ったはずです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月27日 (土)

有終完美、悔いなき走りを… -Pride of king-

新馬戦を見て、魅了されたままに
2戦目の新潟2歳Sから現在まで一貫して本命を打ち続けたジャスタウェイ

素質を確信しつつも、成績にリンクしないもどかしい幼少期(笑)
昨秋の覚醒から一気に世界一の座に上り詰めた黄金期(*´艸`*)

たくさんの興奮と夢を与えてくれた彼が、いまラストランを迎える


M_arimakinenn


有馬記念って、なんか独特の雰囲気あるよね
なんつーか…いつにも増して感情を乗せやすいというか(笑)
実に最終戦に相応しい舞台って感じww

個人的に描くドラマのフィナーレは
JCの借りを返し、世界の脚を見せつけながらのグランプリ制覇
からの、年度代表馬選出……意気揚々とスタッドイン♪なんだが……

まあ、それを簡単にやらせてもらえるほどグランプリは甘くない(^▽^;)

前走ぶっ千切られたエピファネイアは鳥肌が立つくらい強かった
僚馬ゴールドシップはこの舞台の適性鬼で、実際に一昨年の覇者でもある
他にも一筋縄じゃいかない相手がゴロゴロいる(ひとまとめww

しかし、オマエも相手から見たらややこしい存在であることは確か(笑)
なんたって背負ってる看板が違うからな♪


今年、初の試みとなった公開抽選
各陣営の思惑は内枠でしかも、後入れの偶数番。。。
ココで神は、オマエに最後のドラマを要求した……不利と言われる⑮番枠……


Arimakinen_waku_2


……お、、、面白れぇじゃねーかww←


いつものユーイチが、いつものユーイチらしく乗れないゲート
保守的な彼に、ブレイクスルーを余儀なくさせるゲート
中より内に入ったなら、もちろんオレも大事に乗ってくれと思ったさ( ̄▽ ̄)
でもコレでユーイチはバクチを打つしかなくなったwww

それが、敢然とエピに併走する先行策でもよし。。。
ゴルシに併せて大捲りするもよし。。。
つまりは、脚を余さない走りで完全燃焼させて欲しい\(^o^)/

着順なんかどうでもいい(どうでも良くはないがwww
ただ、「もし次に走ったら…」っていう感情を、
すべて焼き尽くすようなパフォーマンスを魅せて欲しい

モヤモヤなんか一片も残らない……
「精一杯頑張ったな!」って言える走りを……


頼んだぜ、ユーイチ(*'ω'*)


【2005年 有馬記念】



父を、、、越えろっ!!!




◎ジャスタウェイ



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

チャンピオンズC / ステイヤーズS / 金鯱賞 in 2014

◆チャンピオンズC

141207chu11d

141207chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141207chu11z 141207chu11k 141207chu11l 1800 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cphoto01 Cphoto02
Cphoto03 Cphoto04
Cphoto05 Cphoto06


◆ステイヤーズS

141206nak11d

141206nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141206nak11z 141206nak11k 141206nak11l 3600 


◆金鯱賞

141206chu11d

141206chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141206chu11z 141206chu11k 141206chu11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【チャンピオンズC(GI)】(中京)~ホッコータルマエが悲願の中央GI初制覇

1着 ホッコータルマエ(幸騎手)
「最後は必死に追っていて、直線がすごく長く感じました。前でレースを、と思っていましたが、思った以上に前の位置になりました。ゴール前は他馬が近くにいるのが分かって、本当に必死でした。去年勝たせてあげたかったのですが、やっと中央のGIを勝たせてあげることが出来ました」

2着 ナムラビクター(小牧騎手)
「惜しかったです。完璧に乗れたのですが、スローペースになってしまったのが誤算でした。それでも馬込みの中で我慢出来たのは収穫です」

4着 サンビスタ(松田騎手)
「ペースが上がった時に促す感じになりましたが、すぐに反応してくれました。馬が自分でレースをしてくれた感じです。すごく乗りやすかったです。もう少しでしたが、上位の牡馬は強かったです」

5着 ワンダーアキュート(武豊騎手)
「思ったよりペースが遅くなってしまいました。この馬も伸びているのですが、前も止まりませんでした。残念です」

7着 カゼノコ(秋山騎手)
「この馬なりの脚は見せていますが、前が残る展開になってしまい...。もう少し流れて欲しかったです」

10着 インカンテーション(大野騎手)
「1コーナーでゴチャついて、流れに乗れなかったのが響きました。外枠も厳しかったです。状態は良かったです」

12着 コパノリッキー(田辺騎手)
「ゲートで扉を蹴っていましたが、あのくらいのスタートは問題ないと思っていました。追走の感じは良かったし、自分から上がって行って、このまま前に並べればと思いましたが、勢いが止まってしまいました。いつもとレースのパターンが違ったし、他馬との接触もあり、それでもやれると思ったのですが...」

13着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「1コーナーで外に振られる形になりましたし、早めに来られて勝負どころで手応えが怪しくなり、止めるような感じでした。状態は上がっていただけにレースに結びつかないのは分かりません。馬の中で噛み合わない部分があるのかもしれません」

【ステイヤーズS】(中山)~デスペラードが連覇達成

1着 デスペラード 横山典弘騎手
「連覇できてよかったです。がんばってくれれば、いい勝負になると思っていました。集中力を欠くので、前回からブリンカーをつけてもらいましたが、今日はやる気満々でした。騎手としては4コーナーでうまくなだめられましたし、そこからは馬ががんばってくれました。去年もここを勝って、有馬記念に向かいましたが、まともに走ればいいところはあると思います」

安達昭夫調教師のコメント
「今回は前回よりもブリンカーを5mmずつ切りましたが、効果がありましたね。このあとは有馬記念を視野に入れます」

2着 ファタモルガーナ 戸崎圭太騎手
「少し引っかかりましたが、我慢してくれました。乗りやすくてスタミナもあり、走る馬です」

3着 クリールカイザー 吉田豊騎手
「競馬は上手になっていますが、3600mですから、引っかからないよう気をつけて乗りました。今日は勝ち馬にうまく乗られました。来年、どこかで重賞を勝てるようにがんばります」

4着 スズカデヴィアス 藤岡佑介騎手
「調教師からは『出たなりでレースを進めて欲しい』と聞いていました。一瞬、置かれかけましたが、そこから自分でハミを取り直してくれました。この距離は向いているというほどではありませんが、こなしてくれますし、来年の長距離路線で楽しみです」

10着 スカイディグニティ 北村宏司騎手
「体調はよかったです。いいリズムで行けましたが、前半で馬を伸ばす形で折り合いをつけていた分、外の馬たちと反応の差が出てしまいました。少し早めに動く形の方が、結果としてはよかったのかもしれません」

12着 マイネルメダリスト 柴田大知騎手
「道中はスムーズでしたし、仕掛けてからも『これなら残せる』と思いましたが、交わされてからまったく反応がありませんでした」

【金鯱賞】(中京)~ラストインパクトがレコードV

1着 ラストインパクト 川田将雅騎手
「今回は2000mでしたが、それより長い距離で我慢の利く馬ですし、今日はリズムよく走れました。直線もすごくいい脚で、抜け出してから遊ぶくらい余裕がありました。力をつけていますし、このあとの有馬記念でもいい走りをしてくれると思います」

2着 サトノノブレス 池添謙一騎手
「3コーナーすぎから動いていって、しぶとく脚を使ってくれました。午前中の雪で少し馬場が緩くなっていたのも影響したのかもしれません」

3着 エアソミュール 武豊騎手
「ずっと引っかかっていました。レース前は落ち着いていましたが、1コーナーでゴチャついたときにスイッチが入ってしまいました」

15着 ウインバリアシオン 藤岡康太騎手
「ポジションは気にせず、リズムよく運びました。ただ、3コーナーすぎに反応が悪くなってしまいました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

ジャパンC / 京都2歳S with 京阪杯 in 2014

Classic_logo 

◆ジャパンC

141130tok11d

141130tok11b1_2
141130tok11b2 141130tok11b3

141130tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141130tok11z 141130tok11k 141130tok11l 2400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cphoto01 Cphoto02
Cphoto03 Cphoto04
Cphoto05 Cphoto06


◆京都2歳S

141129kyo11d

141129kyo11b1 141129kyo11b2

141129kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141129kyo11z 141129kyo11k 141129kyo11l 2000 


◆京阪杯

141130kyo12d

141130kyo12s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141130kyo12z 141130kyo12k 141130kyo12l 1200 


◆レース後のコメント by Nikkei

【ジャパンC(GI)】(東京)~エピファネイアが4馬身差で圧勝

1着 エピファネイア(スミヨン騎手)
「強かったです。もっと速いペースで行きたかったのですが、引っ掛かってしまい、バックストレートでは衝突しそうなくらいでした。普通、格の高い馬は道中ひと息ついて、最後に強いレースぶりをするものですが、この馬は手綱を引っ張りっ放しで、4コーナーまでマイル戦のような勢いでした。普通はもたないところですが、私が乗った日本馬の中では一番強かったと思います。あと250ヤードのところで止まらなければ、これでいけるだろうと思い、スイスイと行ってくれました。ジャパンCでは、皆さんご存知の通り、ブエナビスタの降着で申し訳ないことをしただけに、今回の勝利は意義があります。吉田さんにまた乗る機会を与えてもらって感謝します」

2着 ジャスタウェイ(福永騎手)
「競馬自体はバッチリでした。しかし、1頭強い馬がいました。返し馬の感触が良く、思ったよりいいと厩務員とも話していました。直線まで理想的で、あとは伸びるだけというところでしたが、勝ち馬との差を詰めるのが精一杯でした。ラスト100mで脚が鈍りました。これが距離によるものかどうかは分かりません」

3着 スピルバーグ(北村宏騎手)
「馬はやる気でした。外枠もあって、この位置からになりました。馬場の掘れてるところに苦労した感はあります。故障馬のあおりを食って、ブレーキを踏んだ中でよく伸びています」

4着 ジェンティルドンナ(ムーア騎手)
「馬場が緩くてつかむことが出来ませんでした。加速が出来ない上に、例年と違うスタミナ比べになってしまったのが残念でした」

5着 ハープスター(川田騎手)
「3~4コーナーで骨折した馬が下がって来て、目の前にいたので、間に合わず接触して下がってしまいました。それでもここまで来て、よく頑張ってくれました。無事であって欲しいです」

(松田博資調教師)
「故障した馬が下がって来て、外に出して躓いてしまいました。出すつもりはなかったと思いますが、外に出すぎました。外傷があったかもしれないので、様子を見たいと思います」

7着 ワンアンドオンリー(橋口弘次郎調教師)
「いい位置で折り合えて、夢は見たのですが、最後は脚が一緒になりました」

9着 イスラボニータ(蛯名騎手)
「追い出しを待って、手応えも十分でしたが、"いざ"というところで反応がなかったです。一線級では距離が長いかもしれません。レースそのものはうまく行っていましたが、まだ3歳、これからでしょう」

10着 タマモベストプレイ(津村騎手)
「2番手でいいレースは出来ましたが、後続のプレッシャーが強かったです。見せ場はありました」

11着 デニムアンドルビー(浜中騎手)
「今日は脚がたまりませんでした」

12着 ヒットザターゲット(武豊騎手)
「この馬場で2分23秒1は速すぎます。せめて25秒台ならチャンスもあったんですが...」

13着 アンコイルド(戸崎騎手)
「4コーナーまではいい感じでしたが...。距離を短くして、先行してしぶといレースをさせた方がいいかもしれません。よく頑張っています」

14着 トーセンジョーダン(ブドー騎手)
「ステッキを入れて思い切ったレースをしました。3~4コーナーで動こうというところで他にも来られてしまいました。掲示板には入りたかったのですが...」

15着 ディサイファ(ブノワ騎手)
「馬のコンディションも、私自身の感触も良かったです。しかし、ペースが速く、4コーナーを回った時点で脚がありませんでした。この馬自身は精一杯力を出しています」

17着 サトノシュレン(川島騎手)
「自分のレースは出来ました」

【ラジオNIKKEI杯京都2歳S】(京都)~ベルラップが連勝で重賞初V

1着 ベルラップ W.ビュイック騎手
「スローペースでしたし、京都の内回りを考えて、積極的に位置を取りにいきました。そして、この馬の持てる力を発揮させることができたのがよかったです。直線の伸び脚も素晴らしく、来年の活躍が楽しみです」

2着 ダノンメジャー 小牧太騎手
「ゲートの中でソワソワしていて、出遅れ気味のスタートでした。道中はハミを少し噛んでいましたが、よく辛抱しています」

3着 シュヴァルグラン 内田博幸騎手
「ムキになるところがあり、まだ3戦目ということで道中は位置を取りにいきませんでした。直線ではいい脚を使ってくれましたし、楽しみがひろがりました」

4着 フローレスダンサー 川田将雅騎手
「勝ち馬が内へ外へ流れてきたので、進路を切り替えながらになってしまいました」

5着 アイオシルケン 和田竜二騎手
「上がりに限界があるタイプですから、ペースに合わせるよりはと思って行きました。道中はフワフワしてハミを取らなかったのですが、そのぶん最後に脚が残せたのでしょう。力をつけていますし、自己条件なら楽しみです」

6着 エイシンライダー P.ブドー騎手
「道中プレッシャーを受けながらの追走で、馬が萎縮してしまいました。ですから、直線では余力がありませんでした。距離は長いとは思いません」

7着 ティルナノーグ 武豊騎手
「今日はまったく走っていませんから、敗因は道悪ぐらいしか考えられません」

【京阪杯(GIII)】(京都)~アンバルブライベンが逃げ切って重賞初制覇

1着 アンバルブライベン(田中健騎手)
「今日は2番手の馬に厳しく来られましたが、これまで強い相手と戦って馬も成長していることもあり、強いレースを見せてくれました。京都も合っているのでしょう」

2着 サドンストーム(秋山騎手)
「癖がなく、乗りやすい馬です。外枠でしたが、ロスなく行けました」

3着 サカジロロイヤル(国分優騎手)
「2番手からでどうかと思いましたが、気を使わないし、怯むこともありませんでした。勝ち馬には早め早めでプレッシャーを掛けて行ったのですが、相手が強かったです」

4着 エピセアローム(ビュイック騎手)
「レース前、物見をして放馬してしまいました。今日はレースそのものは完璧でした。この後は肌馬としていい子供を出してもらいたいですね」

5着 ブルーデジャブ(国分恭騎手)
「この馬は急かすとダメなので、じっくり構えて、最後は空いた内をよく伸びました。前残りの流れの中、頑張りました。流れ次第でチャンスがありそうです」

6着 ワキノブレイブ(内田博騎手)
「馬の感じは悪くありませんでしたが、直線で伸び切れませんでした」

9着 レッドオーヴァル(池添騎手)
「内でゴチャついてしまって、この馬の良さが出せませんでした。展開も、勝ち馬に逃げ切られましたから」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

マイルCS / 東京スポーツ杯2歳S in 2014

Classic_logo

◆マイルチャンピオンS

141123kyo11d

141123kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141123kyo11z 141123kyo11k 141123kyo11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Csphoto01 Csphoto02
Csphoto03 Csphoto04
Csphoto05 Csphoto06


◆東京スポーツ杯2歳S

141124tok11d

141124tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141124tok11z 141124tok11k 141124tok11l 1800 


◆レース後のコメント by Nikkei

【マイルCS】(京都)~ダノンシャークがハナ差制して悲願のGI初制覇

1着 ダノンシャーク 岩田康誠騎手
「道中も折り合いがついて、いいレースができました。先生とは前にカベを作って中団くらいからという話をしていましたが、その通りに運べて、直線も1頭分のスペースがあいてくれました。素晴らしい脚を持っていますし、あとはどこで生かすかだけだと思っていましたが、勝ててよかったです」

2着 フィエロ 福永祐一騎手
「思った以上に早く前があいてしまいました。入らないわけにはいかないですし、入っていなかったらどうなっていたかわからないですから......。スタートもよかったですし、言うことはありませんでしたが、結果だけが100点ではありませんでした」

3着 グランデッツァ 秋山真一郎騎手
「道中は自分から進んでいく感じでしたし、今日は強気の競馬をしましたが、最後までがんばってくれました。京都コースというのも合っているのかと思います」

4着 トーセンラー 武豊騎手
「レース自体は去年と同じような形でした。4コーナーもうまくさばけて『よし』と思いましたが、ゴーサインを出してからの反応が去年ほどではありませんでした。うまくいったと思ったのですが......」

5着 エキストラエンド W.ビュイック騎手
「人気はありませんでしたが、一発あると思っていました。京都金杯のレースを見て切れ味があるなと思って、中団からタメて行きました。他の馬と併せると集中すると陣営から聞いていましたし、理想の展開でした。直線がもう少しスムーズならとも思いますが、力を見せてくれました」

10着 タガノグランパ 菱田裕二騎手
「自分から行く感じではなかったので、前半はゆっくり運びました。直線はいい脚を使ってくれましたが、時計が速かったですね。この馬としてはがんばっています」

13着 ミッキーアイル 浜中俊騎手
「今日は2番手から追いかける形でした。今まではハナを切って、自分の形、自分のリズムでレースをしていましたからね」

15着 クラレント 田辺裕信騎手
「もうひとつ前のポジションが欲しくて押し上げていきましたが、4コーナーでは苦しくなりました。切れるタイプではないので、ある程度流れに乗せて勝負にいきましたが、最後は止まってしまいました」

【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~サトノクラウンがゴール前でとらえる

1着 サトノクラウン R.ムーア騎手
「ゲートの中で立ち上がりかけましたが、ゲートを出たら落ち着きました。道中もジッと落ち着いて走らせました。直線では前がなかなか開かなかったのですが、最後は切れるいい脚を使ってくれました。距離は延びた方がいいと思います。体はもっと大きくなって欲しいですね」

2着 アヴニールマルシェ 北村宏司騎手
「今日はうまくゲートを出てくれました。折り合いもついて、淡々とした流れの中、自分のリズムで走っていました。直線では前がかたまっていましたが、その中に勇気をもって入っていってくれました。よく伸びていたと思いますが、あれで差されてしまうとは......。悔しいです」

藤沢和雄調教師のコメント
「状態もよく、上手に競馬をしていたと思います。それで後ろからきた馬に交わされたのだから仕方ないです。勝った馬は強かったです」

3着 ソールインパクト 福永祐一騎手
「前回がズブかったので、今日は早めに仕掛けて先頭に立ちました。残り100mまでがんばっていたのですが......。いい感じでしたが、結果的にもう少し我慢すればよかったです。待っていたら勝っていたかもしれません。失敗しました」

4着 エミネスク 田中勝春騎手
「突き抜けるかと思いましたが......。しかし、あのペースでしたからね」

5着 クラージュシチー 戸崎圭太騎手
「途中で少し気持ちが入っていましたが、許容範囲でした。直線ではスムーズでしたが、伸び切れませんでした」

6着 スワーヴジョージ 四位洋文騎手
「いいレースができました。欲をいえば枠でしたね。勝ち馬と同じところにいたのですが、出して行ってあの位置でしたからね。メンバーが強くなった中、一瞬おっと思いましたが、切れ負けしてしまいました。今日のところは仕方がありません。馬はがんばっています」

7着 グァンチャーレ 武豊騎手
「インコースを狙っていきましたが、前が開きませんでした。残念です。しかし、走りますよ」

9着 グリュイエール 岩田康誠騎手
「ポジションをとりに行って、燃えてしまいました。結果的にフワッと行かせればよかったです。それでも強いレースはできましたし、能力はすごくあると思います」

10着 ジャストドゥイング 蛯名正義騎手
「楽に行って、絶好の形で進められて、もう少し脚を使うと思いましたが、思ったよりもダラダラとして進んで行きませんでした。若いので、まだこれからです」

11着 ストリートキャップ 柴山雄一騎手
「楽にいい位置につけられましたし、最後も伸びてくれると思いましたが、他の馬の脚が上回っていました。ただ、止まっている感じはありません。まだ緩いところはありますが、競馬は上手です」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

エ女王杯 / デイリー杯2歳S / 武蔵野S / 福島記念 in 2014

Classic_logo

◆エリザベス女王杯

141116kyo11d

141116kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141116kyo11z 141116kyo11k 141116kyo11l 2200 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆デイリー杯2歳S

141115kyo11d

141115kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141115kyo11z 141115kyo11k 141115kyo11l 1600 


◆武蔵野S

141115tok11d

141115tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141115tok11z 141115tok11k 141115tok11l 1600 


◆福島記念

141116fuk11d

141116fuk11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141116fuk11z 141116fuk11k 141116fuk11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【エリザベス女王杯(GI)】(京都)~ラキシスが昨年2着の雪辱果たしてGI制覇

1着 ラキシス(川田騎手)
「スタートはあまり良くなかったのですが、リズム良く運べて、1~2コーナーでちょうどいいところに収まることが出来ました。最後もしっかり伸びて、よく前を捉えてくれました。この1年はなかなか重賞にも手が届かず苦しい1年でしたが、やっといい頃に状態が戻ってくれて、大事なところで結果を出せて嬉しいです」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「スタートも良く、いい位置を取れました。前半、少し力みましたが、向正面では落ち着きました。早めのスパートから押し切る作戦でしたし、勝ったと思ったのですが...」

3着 ディアデラマドレ(藤岡康騎手)
「去年より落ち着いていましたし、仕掛けをもうワンテンポ待ちたかったのですが、しっかり脚を使ってくれました。雰囲気も仕上がりも良かっただけに残念です」

4着 フーラブライド(木原一良調教師)
「チークピースの効果はありましたし、頑張ってくれました。結果的には勝った馬の位置で競馬が出来れば良かったのですが、よく走ってくれました。いい状態で出せましたし、今後はオーナーと相談して考えたいと思います」

5着 キャトルフィーユ(ルメール騎手)
「前の馬がワンテンポ追い出すのが遅く、自分の追い出すタイミングもずれてしまったのが堪えました。それでも気持ちが切れることなく頑張ってくれました」

7着 コウエイオトメ(北村友騎手)
「力みもなく、リズム良く自分の競馬が出来ました。最後もよく伸びています」

10着 スマートレイアー(武豊騎手)
「引っ掛かってしまって、したかった競馬が出来ませんでした」

11着 ヴィルシーナ(内田博騎手)
「2番手からでしたが、馬にやる気がありました。以前のように道中でやる気をなくすようなこともありませんでした。今日は休み明けの分もあったかもしれません」

【デイリー杯2歳S】(京都)~タガノエスプレッソが重賞初V

1着 タガノエスプレッソ 岩田康誠騎手
「道中、押し出される形で折り合いを欠きかけましたが、しっかり我慢して走ってくれました。素直でどんなレースでもできる馬です。今日は4コーナーまで無理せずレースを運んで、前は交わせると思っていました。本当に頭のいい馬です」

五十嵐忠男調教師のコメント
「行きたがる馬をジョッキーがうまくなだめてくれて、直線では後ろから馬が来るともうひと伸びしていました。あらためて根性のある馬だと思いました。次はいろいろと調整しなくてはいけないので、ここですぐには決められませんが、一応朝日杯を目標にしたいと考えています」

2着 アッシュゴールド 池添謙一騎手
「今日はおおむね折り合いはついていました。今後のことを考えて、急に動いたりせず、勝ち馬が動くのを見ながらジワジワ動いていきました。あと一歩でしたね。3コーナーの下りの走りからすると、もう少しトモがしっかりしてくればと思います。とにかく2着で賞金加算はできました。これからの馬ですからね」

3着 ナヴィオン 福永祐一騎手
「スタートをよく出て、いいポジションにつけられましたが、引っかかっている馬に前に入られて後ろに下がってしまいました。馬がしっかりしてきて、好位でレースができるようになっていただけに、あの不利は残念です」

4着 アルマワイオリ 勝浦正樹騎手
「今日はスローな中で力んでしまい、いいところを出せませんでした。でも、今日の走りを無駄にしないよう、次の朝日杯では結果を出したいと思います」

5着 レザンドゥオール C.ルメール騎手
「まだ集中力が足りず、子どもっぽいところがあります。今日が初めての芝で比較はつきませんが、ダートの方が合っているように思います。距離は1400~1600mがいいと思います」

6着 ケツァルテナンゴ 浜中俊騎手
「もうひとつ前のポジションを取りたかったのですが、ゲート内で少しうるさいところを見せて、思うようなポジションを取れませんでした。気性が落ち着いて、もっとリラックスして走れればもっとやれると思います」

【武蔵野S】(東京)~ワイドバッハが直線一気でV

1着 ワイドバッハ 武豊騎手
「気持ちがよかったです。位置取りは最後方でしたが、思ったより楽について行けました。道中はいい感じで、終いの脚がいい馬なのでゆったり走ろうと思っていました。残り200mのところで交わせると思いました。ここに来て体調がよく、力をつけています。嬉しい勝利ですね。(チャンピオンズCの1800mについて)今ならいいのではないでしょうか。今日は1600mでしたが、1400mのときよりも感じがよかったです」

2着 エアハリファ 三浦皇成騎手
「内枠で我慢してくれましたし、力をつけています。今日は勝った馬をほめるしかないでしょう」

3着 グレープブランデー 北村宏司騎手
「手応えはなくても何とか食らいついてくれました。GI馬の底力を見せてくれました」

4着 ダノンカモン P.ブドー騎手
「VTRで抱いたイメージよりもズブかったです。少し長い距離の方がいいかもしれません。前がカベにならなければ3着になっていたと思うのですが......」

5着 フィールザスマート 田中勝春騎手
「力は出してくれました。張り切って行くタイプではないですが、上々の内容です」

7着 カチューシャ 田辺裕信騎手
「スッと行って、この馬のレースをしました。プレッシャーがかかる展開でもよくがんばっています」

10着 ゴールスキー R.ムーア騎手
「芝のスタートで位置が取れず、後ろからになりました。1400mで前が速くなって差せるようなタイプで、1600mで序盤のペースが落ちると前に残られてしまいます。距離を短くした方がいいかもしれません」

【福島記念(GIII)】(福島)~ミトラが重賞初制覇

1着 ミトラ(バルザローナ騎手)
「逃げている馬が人気なのは分かっていましたし、その後ろでいいペースで追走出来ました。返し馬から馬の良さを感じていました。とてもいい走りでした」

2着 フラアンジェリコ(柴山騎手)
「状態がとても良く、相手なりに走る馬なので秘かに期待していました。直線も前が空いて、よく伸びています」

3着 メイショウナルト(田辺騎手)
「後ろからくっついて来られて、七夕賞の時よりプレッシャーが厳しかったです」

4着 フィロパトール(津村騎手)
「いい位置につけられましたし、リズム良く進めることが出来ました。福島は本当に走りますね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

天皇賞(秋) / アルテミスS with スワンS in 2014

Classic_logo

◆天皇賞(秋)

141102tok11d

141102tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141102tok11z 141102tok11k 141102tok11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆アルテミスS

141101tok11d

141101tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141101tok11z 141101tok11k 141101tok11l 1600 


◆スワンS

141101kyo11d

141101kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141101kyo11z 141101kyo11k 141101kyo11l 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【天皇賞・秋(GI)】(東京)~スピルバーグがGI初制覇

1着 スピルバーグ(北村宏騎手)
「気持ちが良かったです。馬が頑張ってくれて嬉しかったです。馬の力を信じて、外から行って、きれいに伸びてくれました。スタートはそれほど速くないので、出たなりにどうコースを取るか考えていました。向正面からスムースに運べました。内がかなり馬群が固まっていたので、手応えを信じて思い切って外から行きました。前走はスムースに行きませんでしたが、いつもいい脚を使ってくれる馬です。新馬を使う前から調教に乗せてもらって、競馬に乗るたびに次が楽しみでした。ここまで休み休みで来ていますが、大分たくましくなってきました。今後も無事にいってくれれば結果は出ると思います」

(藤沢和雄調教師)
「馬の雰囲気としては前走くらいの出来にあると思っていました。レースに関しては、ずっと乗っている北村騎手ですから、特に声をかけることもなく任せていました。直線、外から本当にいい脚でしっかり伸びて、強かったと思います。元々いい体をしていましたが、なかなか詰めて使うことが出来ませんでしたし、体を持て余しているところがありました。これで秋の天皇賞は5勝目ですが、過去の4勝は早くから活躍していた馬での勝利で、今回のスピルバーグとは明らかに違います。本当に馬がよく頑張ったと思います。距離はこのくらいが一番いいとは思いますが、折り合いもつきますし、東京が得意な馬ですから、北村騎手とも話しながら、ジャパンCへの出走を前向きに考えます。久々のGI制覇、嬉しかったですし、オーナーにも少しは恩返しが出来たかなと思います」

2着 ジェンティルドンナ(戸崎騎手)
「返し馬から落ち着いていて、いい雰囲気でした。もう少し広い進路を取れれば良かったのですが、よく頑張っています。まだ衰えはありません」

3着 イスラボニータ(ルメール騎手)
「スローと感じて位置を上げました。気をつけてはいましたが、1頭になると遊んでしまって、差されてしまいました。それでもまだ3歳馬、よく頑張っています」

4着 ラブイズブーシェ(古川騎手)
「力をつけています。いい位置を取れたのが大きかったです。流れに乗れば勝負になることが分かりました」

5着 ヒットザターゲット(武豊騎手)
「よく頑張っています。折り合いがつけば確実に脚を使います」

6着 エピファネイア(福永騎手)
「パドック、返し馬と気が入っていました。このくらいの方が動けるかと思いましたが、ゲートでもうるさかったです。少し待たされてのスタートでゲートをうまく出られませんでした。残念でした」

7着 デニムアンドルビー(浜中騎手)
「前が壁になってしまいました。ゴールまで伸びているのでもったいないです」

9着 カレンブラックヒル(秋山騎手)
「ポンとハナを切ってスムースに運べました。最後も踏ん張っていますし、今なら2000mも問題ないと思います。昨日の雨が残って力の要る馬場の方が良かったです」

11着 マイネルラクリマ(柴田大騎手)
「自分のレースで力を出し切れました」

13着 マーティンボロ(川田騎手)
「イスラボニータについて行き、リズム良く運べた方だと思います。GI挑戦でいい経験になりました」

14着 フェノーメノ(蛯名騎手)
「ゲートで落ち着いていなかったです。最後も脚を使えませんでした。いつになく燃えすぎていました」

【アルテミスS(GIII)】(東京)~ココロノアイが重賞初制覇

1着 ココロノアイ(横山典騎手)
「引っ掛かって大変な競馬になりましたが、我慢してくれました。前向きで、口向きが頑固な馬だと返し馬で感じたので、気をつけようと思っていました。それだけにゲートを出なかったのはラッキーでした。道中はコントロールが出来ないくらいになりましたが、馬の後ろで我慢をさせました。勝ったことは嬉しいですが、次に課題が残る結果になりました。テンションが高く、ヤンチャ娘という感じです。ホクトベガの酒井牧場の馬で勝てたことは嬉しいです」

(尾関知人調教師)
「返し馬では気合が良かったので、何とかおさまったなという感じです。能力的にはオークスでも持つスタミナがあるのですが、こういう気性ですから、持っているスタミナで最後は凌いだという感じです。調教は単走でやればある程度形になるのですが、普段の部分で何とかしていかなければいけません。能力のある馬なので、気持ち良く走れるようにしていきたいです。今後は、阪神JFを目指すイメージですが、馬の状態を確認して決めたいと思います」

2着 レッツゴードンキ(岩田騎手)
「ペースが少し遅くて力んでしまいました。よく伸びていましたが、惜しかったです。力はあります」

3着 トーセンラーク(吉田隼騎手)
「スッと伸びていましたが、決め手の差が出ました。こういうレースが出来れば小回りならもっとやれると思います」

4着 フローレスダンサー(ルメール騎手)
「直線に向いてゴーサインを出してから伸びるまで時間が掛かっていました。能力の高さは感じました。距離は1800m~2000mくらいが向いていると思います」

5着 スマートプラネット(田辺騎手)
「イレ込みがきつかったですが、正攻法で行って、よく頑張っています」

6着 シングウィズジョイ(小牧騎手)
「スタートが良すぎました。今日は内から馬が来たら怯んでいました」

8着 シャルール(四位騎手)
「坂上から伸びるかと思いましたが、一杯になってしまいました。素質はあって、期待していただけにショックです」

10着 テンダリーヴォイス(北村宏騎手)
「右にモタれて思ったほど伸びませんでした」

11着 ナイアガラモンロー(柴田善騎手)
「もう少し掛かるかと思いましたが、キャリアを積んだせいか、落ち着きが出てきました」

12着 タマモルミエール(吉田豊騎手)
「いかにも脚を使えそうな雰囲気があります。今日は2着馬の後ろから動いて行きましたが、もう少しです」

15着 ロゾヴァドリナ(石崎駿騎手)
「これだけの頭数で捌くのが大変で、馬も厳しそうでした」

16着 メイショウメイゲツ(蛯名騎手)
「理想通りに運べて一瞬は反応がありましたが、そこで止まってしまいました。走れそうな雰囲気は感じますが...」

17着 リバークルーズ(大野騎手)
「現状は平坦コースの方がいいのかもしれません」

【スワンS(GII)】(京都)~ミッキーアイルが逃げ切りV

1着 ミッキーアイル(浜中騎手)
「ちょっとスタートが良くなかったですし、あまり他の馬に近づけると力んでしまうので、最初は様子を見て行きました。途中から行き切る形にはなりましたが、この馬らしい競馬で無事に秋初戦を終えてくれて良かったです。マイルCSも古馬相手ですがいいレースをしてくれると思います」

(音無秀孝調教師)
「左回りよりは右回りの方が粘りがいいようですね。あとはとにかくゲートが課題でしょう」

2着 サンライズメジャー(浜田多実雄調教師)
「もう少しでしたね。ただ、ジョッキーはうまく乗ってくれました。この馬にとってはもう少し雨が降ってくれた方が良かったですが、ここで賞金を加算出来たのは大きいです。この後はマイルCSを目標にしたいと思います」

3着 フィエロ(福永騎手)
「ゲートはスムースに出ましたが、1400mのせいか、位置取りが少し後ろになってしまいました。最後は来ていますが、残り1ハロンで前と同じ脚色になったのは久々の分だと思います。次は楽しみですね」

4着 サドンストーム(国分優騎手)
「馬が落ち着いていて、ゲートも普通に出てくれましたし、ロスなく立ち回れました。今日のような時計の掛かる馬場は合っています。しっかりと脚を使っていますから」

5着 ウイングザムーン(秋山騎手)
「今日はとても落ち着いていたのですが、かえってスタートが出すぎてしまい、ハミを噛んでしまいました。最後も伸びていますが、そのあたりが響いたようです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

菊花賞 / 富士S in 2014

◆菊花賞

141026kyo11d

141026kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141026kyo11z 141026kyo11k 141026kyo11l 3000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆富士S

141025tok11d

141025tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141025tok11z 141025tok11k 141025tok11l 1600 


◆レース後のコメント by Nikkei

【菊花賞】(京都)~トーホウジャッカルがレコードV

1着 トーホウジャッカル 酒井学騎手
「返し馬から馬が気負わないように心がけました。絶好枠を引きましたし、うまく生かしたいと思っていましたが、折り合いもついて、道中もジッとしていられました。直線もしっかり弾けてくれましたし、2着馬が来るともう一回伸びてくれました。(金曜発売の段階で)1番人気にもなっていましたし、たくさんの支持に応えられて嬉しいです」

谷潔調教師のコメント
「何かまだ夢のようです。出られただけでもよかったと思っていましたが......嬉しいを通り越して不思議な気持ちです。4コーナーで先頭に立ったので大丈夫かなと思いましたが、最後の100mでは勝てると思いました。今後は少し楽をさせて、先のことを考えようと思います」

2着 サウンズオブアース 蛯名正義騎手
「レースとしてはすべてうまくいきました。勝ち馬に追いついて『よし!』と思ったときに相手がもうひと伸びしました。今日は折り合いもしっかりついて、力は出し切っています」

3着 ゴールドアクター 吉田隼人騎手
「1コーナーでいいポジションをとれて、いい形で回ってこれました。最後は決め手の差が出た形ですが、馬はよくがんばっています」

4着 タガノグランパ 菱田裕二騎手
「道中は辛抱してくれましたし、よく伸びてくれました。ただ、他の馬に迷惑をかけてしまって申し訳なかったです」

5着 ショウナンラグーン 吉田豊騎手
「いい枠が引けましたし、ある程度の位置をとろうと思っていました。1コーナーまでにある程度の位置はとれましたが、もう少し前の位置が理想でした。コーナーでも外を回らずにうまく走れましたが、位置取りのぶん前には届きませんでした。まだまだこれからの馬ですし、来年にはもっと力をつけているはずです」

6着 サトノアラジン 浜中俊騎手
「折り合いもついて、後ろの位置でリズムよく走れました。うまく内に潜りこんでさばいて来たのですが、直線での不利がすべてでした」

8着 トーセンスターダム 武豊騎手
「道中はいい感じでした。意識的に外を回して早めに動いたのですが......。なかなかこの馬のよさが出てきません」

9着 ワンアンドオンリー 横山典弘騎手
「外でカベを作れなかったと言えばそう言えなくもないですが、折り合いも許容範囲だったし、負けるとすればこういうレースかとみんなが考えていたレースになってしまいました。勝った馬は強いです」

14着 メイショウスミトモ 武幸四郎騎手
「今日の感じだと芝は大丈夫だと思います。ただ、距離は長いですね」

15着 シャンパーニュ 松山弘平騎手
「スタートを決めて、2番手からレースを進めました。ピリッとした脚を使う馬ではないので、早めに動いていきましたが、他の馬についてこられて苦しくなりました」

18着 サングラス 古川吉洋騎手
「ペースが速くなりすぎました。途中まで大逃げになるはずのペースなのに後ろがぴったりついてくるんですから。このペースでは仕方ありません。息が入るところがありませんでした。いいラビットになってしまいました」

【富士S(GIII)】(東京)~3歳馬ステファノスが重賞初制覇

1着 ステファノス(戸崎騎手)
「追い切りもいい感触でしたが、レースの方がもっといい動きでした。スタートが良く、すぐに好位置につけられて、手応えもずっといいままでした。終いの脚はいいモノを持っているので、自信を持って構えていました。乗りやすいし、いい脚を持っているし、さらに上でも期待出来ると思います」

2着 シャイニープリンス(柴田大騎手)
「悔しいです。ゆったりとしたペースの中、いい感じで行けて、仕掛けのタイミングもいいと思いました。本当にうまく行ったと思っただけに、差されるとは思いませんでした。勝った馬が一枚上でした」

3着 レッドアリオン(小牧騎手)
「ゲートを出して行くと掛かるので、タイミングを合わせるだけでいいです。それでも今日は引っ掛かっていました。それでいて3着に来ているし、折り合いさえつけば突き抜けるだけの力はあります」

7着 ダノンシャーク(福永騎手)
「ペースが遅い中、いいポジションにつけられました。リラックスさせて走らせたいと思っていましたが、左右からつつかれてしまい、力んでしまいました。その分、最後の伸びに影響しました」

9着 ダノンヨーヨー(江田照騎手)
「脚は使っています。しかし、直線では閉め込まれてしまい、全然伸びませんでした」

10着 キングズオブザサン(蛯名騎手)
「ハナに行こうとも思いましたが、他の馬が来て、ある程度動かして行かないと位置を取れないので、下げました。それが悪いとは思いませんでしたが、前が空きませんでした。気性が不安定なところもあります」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月18日 (土)

秋華賞 / 府中牝馬S in 2014

◆秋華賞

141019kyo11d

141019kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141019kyo11z 141019kyo11k 141019kyo11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆府中牝馬S

141018tok11d

141018tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141018tok11z 141018tok11k 141018tok11l 1800 


◆レース後のコメント by Nikkei

【秋華賞(GI)】(京都)~ショウナンパンドラが内から抜けてGI初制覇

1着 ショウナンパンドラ(浜中騎手)
「最後は外からヌーヴォレコルトが来ているのが見えたので、何とかと思いながら追っていました。スタートもスムースで理想的なポジションでしたし、内をロスなく立ち回れました。元々期待されていた馬が、夏を越してパワーアップしていましたし、調教から強くなっていると感じていました。GI馬になれましたし、これからもっと活躍してくれると思います」

(高野友和調教師)
「最高の結果を出すことが出来、皆さんに感謝します。春シーズンの後半、カイ食いが良くなってきたところで夏を休ませ、グッと身が入ってきました。前走後は、幸い疲れもすぐ抜け、調整がしやすかったです。この秋は一つも不安なく来られました。レースではスタートも良く、ハイペースの中でいい位置取り、これで負けたら仕方ないと向正面で思いました。直線では後ろからオークス馬も来ていて、ゴールするまでヒヤヒヤで、ゴールしてからも確信が持てないほどでした。表彰式でオーナーが喜んでくれたのを見て、いい仕事が出来たと思いました。このまま無事に行ってくれたら、これからが楽しみです」

2着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「展開的には、前が速くなって乗りやすかったです。ただ、最後は内と外の差が出たのか...。チャンスをものに出来ず申し訳ないです」

(斎藤誠調教師)
「道中はいい感じだと思いましたが、勝った馬は空いた内へすんなり行っていましたし、3~4コーナーで外へ出した分の差かなという気がします。プラス10キロも問題なく、馬は良かったです。これが競馬なのかなとも思いますし、今日は運が味方してくれませんでした。この後は火曜日に(一緒に栗東に来ていたこの馬の2歳の)妹と一緒に美浦へ戻して、次は様子を見て決めたいと思います」

3着 タガノエトワール(小牧騎手)
「悔しいです。勝った馬は内にいてこの馬は外でしたが、もう少し後ろで構えていた方が最後に伸びたかもしれません。絶好の位置でしたし、(自分の)気が早かったかも...。前走はあれだけ辛抱していたから最後に脚を使っていた訳ですから...」

4着 ブランネージュ(秋山騎手)
「道中は思い通りでしたが、4コーナーで一瞬ゴチャついた分でしょうか。着差を考えると悔しいです」

5着 サングレアル(戸崎騎手)
「返し馬からいい感じでしたし、終いもいい脚を使っていました。これからも楽しみです」

6着 レッドリヴェール(福永騎手)
「少し立ち遅れましたが、速い流れの中で1、2着馬を見ながら運びました。直線もいい感じで外に出したのですが、追い出してから離されてしまいました」

7着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
「好スタートからスムースに流れに乗って、折り合いも良く、集中して走れていました。これならと思ったのですが...。馬は一生懸命頑張ってくれました」

9着 ディルガ(武豊騎手)
「まったくロスのない競馬でした。力は出せたと思います」

10着 セウアズール(北村友騎手)
「大外枠で前に壁を作れず、テンに余計に力んでしまいました。それでも根性のある馬で、最後までよく伸びてくれました」

【府中牝馬S】(東京)~ディアデラマドレが重賞2勝目

1着 ディアデラマドレ 藤岡康太騎手
「馬の具合はよかったですし、素直に嬉しいです。レースはリズムよく運ぼうと思っていました。このレベルの高いメンバーで、豪快に差し切ってくれましたし、今後が楽しみです。去年のエリザベス女王杯は僕自身うまく乗れませんでしたが、今年は馬も成長しています。府中の1800mでこの勝ち方ですから、2200mでも落ち着いていければと思います」

角居勝彦調教師のコメント
「パンパンの馬場がこの馬には合うと思っていましたし、道中は折り合いもついて、上手に乗ってくれました。次走はエリザベス女王杯かマイルCSになりますが、今日のこの競馬ならどちらでも狙えると思います」

3着 ホエールキャプチャ 蛯名正義騎手
「この馬も最後まで伸びていますが、離れたところからこられてしまい、併せ馬になりませんでしたからね。外枠でなければ、また違った競馬ができたと思います。馬はよくなっていましたよ」

4着 キャトルフィーユ 福永祐一騎手
「ウリウリの位置で競馬をしたかったです。スタートがよすぎて物見をしてしまい、ブレーキを踏んだところで前に入られてしまいました。状態がよかっただけに残念です」

5着 アイスフォーリス 三浦皇成騎手
「理想は内を突きたかったのですが、展開的にスペースがありませんでした。この馬自身はすごく乗りやすかったです」

8着 ウリウリ 浜中俊騎手
「スタートが非常によく、内のポケットで無理なく競馬ができました。直線では一瞬脚を使いましたが、距離が少し長い気がします。1400mでもいいと思います」

9着 アミカブルナンバー 大野拓弥騎手
「雰囲気よくレースを進められましたが、ラスト100mで前が開いてからの反応がよくありませんでした」

10着 ウイングドウィール 伊藤工真騎手
「このメンバーでも差のないレースができていて、馬自身の脚の使いどころがわかってきました。どこかでまたチャンスがありそうです」

11着 マコトブリジャール 秋山真一郎騎手
「気合が全面的に出ているときの方がいい馬ですが、今日はおとなしかったです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

スプリンターズS with シリウスS in 2014

◆スプリンターズS

141005nii11d

141005nii11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141005nii11z 141005nii11k 141005nii11l 1200

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02
Sphoto03 Sphoto04
Sphoto05 Sphoto06


◆シリウスS

141004han11d

141004han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141004han11z 141004han11k 141004han11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【スプリンターズS(GI)】(新潟)~伏兵スノードラゴンがGI初制覇

1着 スノードラゴン(大野騎手)
「(勝てて)素直に嬉しいです。この馬としては、スタートをうまく切ってくれました。大外枠で不安もありましたが、馬群のいいところに潜り込めて、流れに乗れました。なかなか手前を替えられない馬なのですが、今日はしっかりと手前を替えてくれました。それが伸びにつながりました。(12年ぶりの新潟GIで)盛り上がっていて、その中で勝つことが出来て光栄です。ウイニングランをしている時も盛り上がっていて良かったです。芝でも走ってくれる馬なので、今後もタイトルを取れるように頑張りたいです」

2着 ストレイトガール(岩田騎手)
「よく走ってくれました。状態も良かったです。コーナーの手前で脚を取られるところがありましたが、4コーナー過ぎからの反応は良かったです。馬群の間を割ってよく頑張ってくれました。よし、と思いましたが...」

3着 レッドオーヴァル(田辺騎手)
「あわや...というところまで行きましたね。センスがいいです。新潟なので早めのレースをしたいと思っていましたが、想定よりスタートが良く、好位置が取れました。勝ちに行くレースでよく走ってます」

4着 グランプリボス(三浦騎手)
「思い描いたレースが出来ましたが、坂がある方がいいです。距離が延びて我慢が利けば秋が楽しみです」

5着 ベルカント(武豊騎手)
「取りたいコースが取れて、思い通りのレースが出来ました。悔いはありませんが、出来ることなら中山でやりたかったです。左回りはあまり上手ではありません」

6着 アフォード(蛯名騎手)
「ワンテンポ仕掛けが遅れましたが、よく伸びています」

7着 セイコーライコウ(柴田善騎手)
「後ろから差されているから仕方ありません」

9着 マジンプロスパー(小牧騎手)
「一瞬、来るかなと思いました。自分のいた位置は嫌だったので、1つでも外に出そうと思っていました。それでも最後は止まっていませんし、いいレースが出来ました。やはり枠の差ですね」

10着 サンカルロ(吉田豊騎手)
「最後は伸びているのですが...」

11着 ローブティサージュ(秋山騎手)
「最終コーナーを回って手前を替えるあたりから、トモ(後ろ脚)のはまりが悪くて反応が出来ませんでした」

12着 コパノリチャード(浜中騎手)
「スタートがすべて、もったいなかったです」

13着 ハクサンムーン(戸崎騎手)
「落ち着いていましたし、スタートも出ました。逃げさせた方が良かったのかもしれません。もう少し馬場がいい方がいいです」

15着 アースソニック(石橋脩騎手)
「スタートを出て、前に行こうとしていましたが、この枠順で徐々に後ろへ下がってしまいました。乗った感じは悪くなかったので残念でした」

17着 ハナズゴール(ペロヴィッチ騎手)
「距離がもう少し長い方が良かったです」

18着 ダッシャーゴーゴー(勝浦騎手)
「代打騎乗なので何とも言えない部分がありますが、やりたいことは出来ました」

【シリウスS】(阪神)~クリノスターオーがしぶとく伸びてV

1着 クリノスターオー 幸英明騎手
「逃げるのがベストの馬ですが、行く馬を行かせて2番手からのレースになりました。いい感じで進んでいましたが、4コーナー手前で予想外にナムラビクターが早めに動いてきて、外から被される形になると一旦手応えがなくなりました。しかし、直線ではまたひと伸びしてくれました。調教のときに多くの馬が走るなかで経験させたのが生きたのかもしれません。まだまだ課題の多い馬ですが、それだけのびしろも大きいと思います」

2着 ナムラビクター 小牧太騎手
「この馬の力は出してくれたと思います。気性の難しい馬ですが、今日は勝ちパターンのレースでした」

3着 トウシンイーグル 和田竜二騎手
「3コーナーまで折り合いもついていい感じでしたが、勝負どころで遊んでしまって......。ただ、直線でエンジンがかかってからはまた伸びていました。能力を出し切れれば十分通用すると思います」

4着 サトノプリンシパル 武豊騎手
「マイペースで非常にいい形で行けましたが、最後に止まってしまいました。馬は去年よりすごくよくなっていました」

5着 ケイアイレオーネ 浜中俊騎手
「テンに行けませんでした。自分から進んで行かず、後方からになりました。長く脚は使っていますが、他力本願ですし、前半から気持ちが入ってくれればもっとやれると思います」

6着 グランドシチー 津村明秀騎手
「馬場とメンバーを考えて前残りのレースになると思い、いつもより前に行かせました。そのぶん途中でハミを噛むようなところがありました。直線では遅れましたが、少しずつ復調している感じです」

9着 ジェベルムーサ 田辺裕信騎手
「なかなかいい頃の感じに戻ってきません。途中から動いていきましたが、いい頃の反応がありませんでした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ