(若15)-GⅡ/GⅢ

2015年5月 9日 (土)

NHKマイルC / 京都新聞杯 with 新潟大賞典 in 2015

Classic_logo

◆NHKマイルC

150510tok11d

150510tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150510tok11z 150510tok11k 150510tok11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Nhkcphoto01 Nhkcphoto02
Nhkcphoto03 Nhkcphoto04
Nhkcphoto05 Nhkcphoto06


◆京都新聞杯

150509kyo11d
※全馬リプレイを見てないのでマークは暫定

150509kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150509kyo11z 150509kyo11k 150509kyo11l 2200 


◆新潟大賞典

150510nii11d

150510nii11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150510nii11z 150510nii11k 150510nii11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【NHKマイルC】(東京)~クラリティスカイが抜け出してGI初制覇

1着 クラリティスカイ(横山典弘騎手)
「道中はずいぶん引っかかってしまい、しんどかったのですが、がんばってくれました。ペースが遅かったので、4コーナー手前では我慢するのに一苦労でした。位置取りは狙っていた通りです。レコード勝ちもしていますし、具合だけよければと思っていました。弥生賞、皐月賞とデキに関していまひとつピンと来ませんでしたが、スタッフの皆さんがしっかりと仕上げてくれました。返し馬の感じから、真っ向勝負に出られると思いました。状態だけよければと思っていたので、スタッフと馬に感謝したいです。まだ若いですし、まだよくなる余地がありながら、こういうレースができました」

2着 アルビアーノ(柴山雄一騎手)
「逃げるつもりでした。初めて控える形になったのですが、牧場や厩舎のトレーニングのおかげでしっかり走ってくれました。最後は『なんとかしのいでくれ』と思ったのですが......。でも、このパターンでレースができたのは収穫です。勝たせてあげたかったです」

3着 ミュゼスルタン(大江原哲調教師)
「もう少しペースが流れてほしかったです。欲をいえばキリがないのですが、前残りのペースの中でよく来ていました。ジョッキーは『まだ先のある馬だから』と言っていました。だいぶ落ち着いてきたので、課題をひとつクリアしてくれました。パドックでオーナーと話していて、『この馬がライバルだね』と思っていた馬が勝ちました。距離はこのぐらいがいいのかなと思います。いずれはGIを勝てるでしょう」

4着 アヴニールマルシェ(北村宏司騎手)
「うまくスタートが切れて、出たなりにレースをしました。もう少しハミをとってくれると思ったのですが......。前回より少し前の位置でしたが、ガツンと来るところがありませんでした。こんなものではありません」

5着 グランシルク(戸崎圭太騎手)
「馬は落ち着いて走ってくれました。馬群を割ってきてくれましたが、もう少し流れが速ければ......」

6着 ヤングマンパワー(松岡正海騎手)
「現状の力は出せたと思います。まだこれからの馬ですし、今日がいい経験になればと思います。さらに脚を使えるようになるでしょう。まだ体や精神的にも子どもっぽいところがあります」

7着 フミノムーン(幸英明騎手)
「ハミを噛んでいた分、最後は同じ脚色になってしまいました。折り合いがつけば、マイルまでは走ってくれそうです」

8着 ニシノラッシュ(田辺裕信騎手)
「ペースを考えるといい位置でしたが、今日は時計が速かったです」

9着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「スローペースでしたが、我慢してくれました。結果につながりませんでしたが、悪くない走りをしていました」

10着 コスモナインボール(和田雄二調教師)
「状態がよすぎたせいか、ゲートで駐立が悪かったです。練習しないといけません」

11着 ダノンメジャー(武豊騎手)
「いい位置をとれましたが、力んでいて最後は余力がありませんでした」

12着 グァンチャーレ(蛯名正義騎手)
「中間順調にいきませんでしたから、これからよくなってくると思います。伸びそうな感じでしたが、不利がありました。マイラーだと思います」

13着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「スタートはしっかりと切ってくれました。ポジションをとりたいと思っていて、勝ち馬の隣だったので、いい位置でした。折り合いも我慢してくれて、リズムよく運べました。しかし、4コーナーでペースが上がったときに前走のような反応がなく、モタモタして置かれてしまいました。勝った馬が上がっていったときについていければよかったのですが......」

14着 クールホタルビ(吉田豊騎手)
「もう少し前につけたかったです。短い距離の方がいいかもしれません」

15着 ナイトフォックス(田中勝春騎手)
「馬の間で力んでいました」

16着 レンイングランド(内田博幸騎手)
「後続に交わされるのをもう少し待ってもらえればよかったのですが、一気に交わされてしまいました。いいペースだったのですが......」

17着 マテンロウハピネス(浜中俊騎手)
「GIのメンバーでもがんばってくれました。素質はあります」

18着 タガノアザガル(松田大作騎手)
「現状はマイルだと少し長い感じです。今後の成長に期待します」

【新潟大賞典】(新潟)~ダコールが重賞初制覇を飾る

1着 ダコール(小牧太騎手)
「今日は馬が強かったです。勝たせてもらいました。先行馬が少なくて、後ろからの競馬では苦しいと思っていました。今日は持ったままで5~6番手のいい位置をとれたのが勝因だと思います」

2着 ナカヤマナイト(L.オールプレス騎手)
「調教師から『今までよりも前の位置でレースをしてくれ』という指示で、4~5番手でレースをしました。直線で併せる馬が周りにいなくて、どうしても追い出しが早くなってしまいました」

3着 アルフレード(津村明秀騎手)
「とにかく折り合いに専念しました。残り400mまではとにかく我慢。最後は弾けてくれました。だいぶ復調してきました」

4着 アーデント(石橋脩騎手)
「調子もよかったし、とにかく気持ちよく走らせることだけを考えていました。最後も手応え十分で、これならと思いました」

【京都新聞杯】(京都)~サトノラーゼンが重賞初制覇

1着 サトノラーゼン(川田騎手)
「前の馬が飛ばしてくれましたので、折り合ってレースが出来て、スムースにスペースを見つけて抜け出すことが出来ました。これでダービーへ出走出来ることになりますが、元々素質の高い馬ですから、ダービーでも上手にレースが出来ると思います」

2着 ポルトドートウィユ(武豊騎手)
「いい感じのレースが出来て、直線は勝てるのではと思いました。まだこの馬は能力を出し切っていません。でも何とか賞金は加算出来ました。この馬が本格化するのはもう少し先だと思います」

3着 アルバートドック(藤岡康騎手)
「もうちょっとだったのですが...。枠は外でしたが、いいポジションが取れて、うまく内にもぐり込んでレースが出来ました。最後もしっかり伸びているのですが、着差が着差だけに賞金を加算出来ず申し訳ないです」

4着 トーセンバジル(岩田騎手)
「もうひと伸び欲しかったですね。でもこの馬はこれからの馬ですから、成長に期待です」

5着 ダノンリバティ(浜中騎手)
「スタートを上手に出て、いい形でレースが出来ました。折り合いもうまくついたのですが、追い出してからはジリジリした感じの伸びでした。現状では2000m以下の距離の方が合っているかもしれません」

12着 リベレーター(太宰騎手)
「3~4コーナーは馬場が緩い感じ。トモが甘い分、響きました。でもまだ良くなってきそうな感じです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 2日 (土)

天皇賞(春) / 青葉賞 in 2015

Classic_logo

◆天皇賞(春)

150503kyo11d

150503kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150503kyo11z 150503kyo11k 150503kyo11l 3200 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆青葉賞

150502tok11d

150502tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150502tok11z 150502tok11k 150502tok11l 2400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【天皇賞・春】(京都)~ゴールドシップが3度目の挑戦で悲願の春の盾制覇

1着 ゴールドシップ(横山典騎手)
「追い切りも今日のレースも大変でした。今日は、本当は行ければ行こうと思いましたが、行けませんでした。ムチを使えば行けたかもしれませんが、それで気分を害しても困りますからね。でも今日、動いて行ったタイミングは馬の気持ちではなく、促して行きました。今日は馬と私の戦いでした。勝ったのはゴールドシップです。この後は、たまに真面目に走ってくれればいいですね。あとは、厩舎スタッフをあまり困らせないようにして欲しいです」

(須貝尚介調教師)
「本当に応援してくださったファンの皆様の声援のおかげです。最後方からになるのも想定内でしたし、ジョッキーもそれを考えて競馬してくれたと思います。僕は本当に見ているだけでした。調教師になって、天皇賞はぜひ欲しいタイトルでしたし、こうして春の天皇賞も勝てて本当に嬉しいです。今日、目隠しをされてゲートに入ったので、おそらくゲート再審査を受けることになると思います。一筋縄ではいかないと思いますが、宝塚記念へ向けてしっかりやっていきたいです」

2着 フェイムゲーム(宗像義忠調教師)
「あと少しでしたね。でも、厳しいレースの中、本当に頑張ってくれました。この馬としてはいつもより前めで、前半脚を使っていました。最後、内外離れていましたからね。並ぶ形になれば違っていたかもしれません。とにかく厳しいレースをしましたから、馬をチェックして、次は考えたいです」

3着 カレンミロティック(蛯名騎手)
「自分のレースはいい形で出来ましたが、前の馬が思ったより下がってしまいましたからね。最後は地力のある馬に敗れてしまいました。とにかくスムースなレースは出来ました」

4着 ラストインパクト(川田騎手)
「1周目の坂の下りまではいい感じでした。最初の直線に向いてエンジンが掛かってしまった感じです。あとはリズム良く走って、最後の直線もよく伸びました。思っていた以上に距離をこなしてくれました」

7着 キズナ(武豊騎手)
「分かりません。一度もグッと伸びるところがありませんでした。こんなことは初めてです。無事であればいいのですが...」

【青葉賞】(東京)~レーヴミストラルが3連勝で重賞V

1着 レーヴミストラル(川田将雅騎手)
「直線では横一線だったので、なんとか出てくれと思いながら追っていました。前半は進んでいってくれなかったので、リズムをとりながらいこうと思いました。その後はリズムよく、直線でもよく伸びてくれました。フワッとするところがあるので、早く抜け出さないように追い出しました。初めてレースで乗ったのですが、長くいい脚を使ってくれます。これからもっとよくなると思います。松田博資先生が来年で定年を迎えるので、最後のダービーに進めることができてホッとしています」

2着 タンタアレグリア(蛯名正義騎手)
「権利をとることを考えると、前々で運ぶことになり、引っ張ってはいましたが、早めに先頭へ立つ形になりました。勝ち馬と併せられれば、また違ったかもしれませんが、最後までしぶとくがんばってくれました。まだ本気を出していないところがありますから、さらに上積みできる余地がありそうです」

3着 ヴェラヴァルスター(田辺裕信騎手)
「スローペースでも難しくない馬で、よく前を割ってくれたのですが、相手も弱くないですからね。残念です」

4着 ブラックバゴ(戸崎圭太騎手)
「道中でかかってしまいました。それでも最後は伸びていますし、道中で折り合えるようになるといいですね」

5着 ミュゼダルタニアン(内田博幸騎手)
「がんばりました。3着はあるかなと思い、大穴を狙ったのですがダメでした。競馬が上手なところがいいですね。まだ緩いので、秋ぐらいにはよくなるのではないでしょうか」

6着 レッドライジェル(柴田善臣騎手)
「勝ち馬と近い位置でレースを進められました。4コーナー手前でついていくときの反応がよくなくて、これからかなという印象を受けましたが、体格はよくなってきていますし、厳しいところからよく伸びています」

7着 ティルナノーグ(武豊騎手)
「直線の途中まではいい脚を使ってくれましたが、そこから脚色が一緒になってしまいました。久しぶりにこの馬らしさが見られましたし、今後の進展に期待しています」

8着 ウェスタールンド(三浦皇成騎手)
「レースを使ってきていますが、よく走っています。今後よくなってきそうな感触はありました」

10着 ストレンジクォーク(柴山雄一騎手)
「外枠の分、前半はハミを噛んでいましたが、内に入れてカベを作ってからはリズムよく運べました。しかし、4コーナーで狭くなって、馬が怯んでしまいました」

11着 スモークフリー(岩田康誠騎手)
「4コーナーで少し狭くなってしまいました。道中でハミを噛んでいましたし、少しかかりすぎた感があります」

12着 マイネルサクセサー(柴田大知騎手)
「よくがんばっていますが、もう少し時計のかかる馬場の方がいいと思います」

13着 トーセンアーネスト(菅原隆一騎手)
「道中で前の2頭の間に入ったりして、かわいそうなレースになりましたが、最後までジワジワと伸びています」

17着 センチュリオン(吉田豊騎手)
「早めに動いていきました。しかし、芝だと力がつききっていない印象です。これからでしょう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

フローラS with マイラーズC / 福島牝馬S in 2015

Classic_logo

◆フローラS

150426tok11d

150426tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150426tok11z 150426tok11k 150426tok11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02


◆マイラーズC

150426kyo11d

150426kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150426kyo11z 150426kyo11k 150426kyo11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cphoto01 Cphoto02
Cphoto03


◆福島牝馬S

150425fuk11d

150425fuk11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150425fuk11z 150425fuk11k 150425fuk11l 1800 


◆レース後のコメント by Nikkei

【フローラS】(東京)~シングウィズジョイが叩き合いを制す

1着 シングウィズジョイ(内田博幸騎手)
「相手次第でハナに行ってもいいと思っていました。しかし、行きたい馬が主張していたので、番手からになりました。道中はいい手応えでリズムよく走れました。決め手のある馬だったら早すぎるのですが、前回もそうだったように早め早めの競馬を心がけました。今日は馬の具合や枠順などがうまくかみ合いましたね。先行して、器用に競馬を作っていけるので、距離が延びても大丈夫だと思います」

2着 ディアマイダーリン(菊沢隆徳調教師)
「レースぶりは完璧でした。前回は少しまくっていく競馬だったので、今日はその気になっていました。インで我慢できて、内から伸びて、脚もおとろえていませんでした。負けはしましたが、いい競馬だったと思います。トライアルはペースが遅くなるので、そのなかで我慢できて、権利がとれたのは収穫でした。オークスでもいいパフォーマンスを見せられるようにがんばります」

3着 マキシマムドパリ(武豊騎手)
「いいレースができたと思います。折り合いは心配ない馬ですし、内で我慢して、堅実に走ってくれています。今日はマイナス18キロでしたし、細いと感じたくらいですから、これ以上馬体が減らないでほしいです」

4着 ウインアキレア(柴田大知騎手)
「いい馬です。道中は我慢できましたし、追ってからはしっかり伸びてくれました。このくらいの距離はゆったりやれる方がいいです。権利はとれませんでしたが、この先が楽しみです」

5着 エバーシャルマン(石橋脩騎手)
「力をつけているなと思います。反応も変わっていました。テンションは高かったのですが、なだめながら行きました。この馬にとっては厳しい流れでしたが、最後はしっかり伸びてくれました。まだ3戦目ですし、さらによくなってくるでしょう」

6着 バンゴール(柴山雄一騎手)
「結果として動くのが少し早かったのか、という感じです」

8着 アスカビレン(秋山真一郎騎手)
「前半はうまくいきましたが、直線で反応しませんでした。少し距離が長いでしょうか」

10着 フロレットアレー(田辺裕信騎手)
「いい位置につけられましたが......。もう少しパワーアップが必要かなと思います」

11着 ロックキャンディ(吉田豊騎手)
「ヨーイドンの競馬より追って追ってのレースが向いている馬。手応えはよかったのですが、瞬発力勝負は厳しかったです」

13着 グリシーヌシチー(三浦皇成騎手)
「状態はよかったです。坂まではいい感じでしたし、よくがんばっています。マイルぐらいまでなら切れ味を発揮できそうです」

15着 リアンドジュエリー(蛯名正義騎手)
「流れが遅かったですし、行ける感じでもありませんでした。それと切れ味がない感じがします。全体的に緩さが残っているので、それが解消すればいいですね。現時点では右回りの方がいいと思います」

17着 レッドカーラ(武士沢友治騎手)
「距離が延びても折り合えましたが、今日も馬体が減っていましたから......」

【マイラーズC】(京都)~レッドアリオンが念願の重賞初V

1着 レッドアリオン(川須栄彦騎手)
「正攻法の競馬でしっかり押し切って、いい内容でした。今日もいいスタートでしたし、前走同様ある程度の位置でしっかり我慢できました。理想的な形でしたから、とにかくがんばってくれと思っていました。3歳時は人馬ともに悔しい思いをしましたが、馬は充実期に入っていますし、一緒にがんばっていきたいと思います」

2着 サンライズメジャー(四位洋文騎手)
「レース間隔をあけて、フレッシュでいい状態になっていました。いいペースで先行できましたし、直線では『ヨッシャ!』と思ったのですが。勝たせることができず残念です」

3着 フィエロ(戸崎圭太騎手)
「もう少しいい位置で競馬をしたかったです。途中で狭くなるところもありましたし、今日は位置取りに尽きます」

4着 エキストラエンド(小牧太騎手)
「内枠だったら、もっといい位置がとれたと思います。必死に追いましたが、悔しいですね」

5着 フルーキー(浜中俊騎手)
「この馬なりにスタートがよかったので、馬場を意識して位置をとりにいきました。ペースが遅く、ヨーイドンになったときに少しモタモタするところがありました。その分の差ですね」

7着 ディアデラマドレ(藤岡康太騎手)
「本当はもっと前の位置でと思っていましたが、ゲートで遅れてしまいました。最後はすごい脚でした」

8着 ロサギガンティア(岩田康誠騎手)
「この馬なりに馬群の中からよく伸びています。ゆったり走れる東京コースの方が持ち味は生きると思います」

9着 タガノグランパ(高倉稜騎手)
「無理せず自分のペースでレースをしました。しかし、全体のペースが遅く、この馬には流れが向きませんでした」

10着同着 マイネルメリエンダ(柴田未崎騎手)
「前で流れに乗れましたが、上がりが速くなり、それに対応できませんでした」

15着 マジェスティハーツ(武幸四郎騎手)
「ペースが遅く、展開が向きませんでした。もう少し速い流れになってくれればこの距離でもやれると思います」

17着 テイエムタイホー(松田大作騎手)
「速い時計に対応できるか心配していましたが、粘れそうな手応えはあったものの、最後は止まってしまいました」

【福島牝馬S】(福島)~スイートサルサが重賞初制覇

1着 スイートサルサ(田中勝騎手)
「いつもよりスタートが良く、いい位置につけられました。右回りを気にするところはありませんでしたが、いい位置につけて行った分、直線の反応が鈍く、それでもジリジリと伸びてくれました」

2着 リラヴァティ(丸山騎手)
「逃げ馬を見る形でレースを進めて行きましたが、抜け出してソラを使いました。惜しかったです」

3着 メイショウスザンナ(松田騎手)
「一瞬、オッと思うほど馬が頑張ってくれました。距離も大丈夫ですし、重賞でもやれそうです」

11着 ブランネージュ(藤岡康騎手)
「馬は落ち着いて雰囲気が良かったです。内でゴチャつくところがあり、馬格のないこの馬にはかわいそうでした。スムースな競馬が出来ていれば...」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

桜花賞 / ニュージーランドT with 阪神牝馬S in 2015

Classic_logo

◆桜花賞

150412han11d

150412han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150412han11z 150412han11k 150412han11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆ニュージーランドT

150411nak11d

150411nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150411nak11z 150411nak11k 150411nak11l 1600_2 


◆阪神牝馬S

150411han11d

150411han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150411han11z 150411han11k 150411han11l 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【桜花賞(GI)】(阪神)~1勝馬レッツゴードンキが4馬身差で圧勝、ルージュバックは9着に敗れる

1着 レッツゴードンキ(岩田騎手)
「前に行きそうな馬が主張しなかったので、他の馬を見ながらと考えていましたが、牽制しすぎて馬とケンカするよりはと思って行きました。最後は後続がいつ来るかと思いましたが、前半の貯金を生かせました。惜しい競馬が続いていましたが、ここで力のあるところを見せられて嬉しいです」

(梅田智之調教師)
「小さい頃から栗東で育ってきて、阪神の桜花賞というレースに華やかさを感じていたので、勝てて本当に嬉しいです。今日は目一杯の仕上げで、馬も応えてくれました。調教では折り合う練習をしていましたが、ジョッキーの判断も良かったと思います。今後、オークスへ行くか、マイル路線に行くかは、オーナーと相談して、様子を見て決めます。GIを勝って、(オーストラリアで死亡した)アドマイヤラクティに恥ずかしくない競馬が出来るようにと、スタッフみんなで一丸になってやってきました。これでアドマイヤラクティにもいい報告が出来ます」

2着 クルミナル(須貝尚介調教師)
「前走は道悪が敗因であり、力のあることは証明しましたから、次のオークスで挽回です。今日はペースを作った岩田騎手を褒めるしかありません」

3着 コンテッサトゥーレ(ルメール騎手)
「珍しいレースになりましたが、3着で、いいパフォーマンスでした」

4着 クイーンズリング(M・デムーロ騎手)
「テンションや位置取りは良かったです。今日は馬場が重く、何度もすべっていましたし、最後は馬が疲れてしまいました。ペースも遅かったです」

5着 ノットフォーマル(黛騎手)
「いい形で運べましたし、離されましたが、最後は盛り返しています。力は出せたと思います」

9着 ルージュバック(戸崎騎手)
「馬の感じは前走同様、どっしりしていました。ペースがペースでしたし、もう少し前で競馬をすれば良かったです」

(大竹正博調教師)
「距離なのか、馬場なのか、ペースなのか、色々ありますが、よく分かりません。結果を出せず、申し訳ありません。馬の様子を見て、また巻き返したいと思います」

10着 ココロノアイ(横山典騎手)
「今日は運がありませんでした」

(尾関知人調教師)
「まるで向かないレースになってしまいました。ここで我慢したことが、オークスにつながればと思います」

14着 ムーンエクスプレス(松山騎手)
「あまりにペースが遅く、口を割る格好になってしまいました。こういう競馬になるなら行ってしまえば良かったかもしれません」

15着 ローデッド(川島騎手)
「スタートは気をつけていましたが、遅れてしまいました。そこから押し上げましたが、距離も長い方がいいと思います」

【NZT】(中山)~ヤマカツエースがゴール前で抜け出す

1着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「父の管理する馬で久しぶりに重賞を勝つことができて嬉しいです。並ばれると少しハミを噛んでいくところがあるので、折り合いをしっかりつけようと思っていました。いい位置で折り合いもつきました。ギリギリまで後ろにいて、これ以上ないタイミングで追い出しましたが、最後はよくしのいでくれました。NHKマイルCでは直線がさらに長くなるので、仕掛けどころひとつだと思いますし、考えて乗りたいと思います」

(池添兼雄調教師)
「うまくいい位置につけて、馬場のいいところを通ることができました。1400mまでの馬かと思っていましたが、坂を上がっても我慢してくれました。1600mももってくれてよかったです。楽しみが広がりました」

2着 グランシルク(戸崎圭太騎手)
「スタートの前に外の音に反応していて、出遅れました。致命的なところからよく伸びてくれました。力のあるところは見せられましたし、本番が楽しみです」

3着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「ちょっと力んだ分、伸び切れませんでした。馬場はこなしてくれたとはいえ、ベストではありません。本番でがんばります」

4着 ナイトフォックス(大竹正博調教師)
「昨年の雪辱と思って夢を見ましたが......。しかし、反応の早さはすごいですね。今後はそれが持続できるようになればいいと思います」

5着 ネオルミエール(柴山雄一騎手)
「道中からリラックスして走っていましたし、前走と比べると終いに脚を使ってくれています。伸びてはいますが、弾けてはいません」

9着 ジャストドゥイング(三浦皇成騎手)
「一瞬伸びかけましたが、道中でノメっていた分、最後止まってしまいました。自分からレースを作る形のほうがいいかもしれません」

11着 タケルラムセス(江田照男騎手)
「道中は楽についていけましたし、馬場はこなしてくれました」

【阪神牝馬S】(阪神)~カフェブリリアントが3連勝で重賞V

1着 カフェブリリアント(福永祐一騎手)
「今日はスタートしてから馬なりでいいポジションをとれました。あまり出していくとムキになってしまいますから、イメージ通りに運ぶことができました。2着馬はしぶとかったのですが、追って伸びることはわかっていましたから、心配していませんでした。次はマイルということになりそうですが、レースの幅は広がりましたね。楽しみです」

2着 ベルルミエール(川島信二騎手)
「今日は勝ち馬にうまく走られました。ただ、自分の形に持ち込んだら、この馬もこれぐらいはやれる力があります」

3着 ウリウリ(浜中俊騎手)
「枠や展開が向きませんでした。内枠だったら、もう少し楽なレースができたと思います」

4着 スマートレイアー(武豊騎手)
「レースとしてはうまくいったのですが、直線で伸びませんでした。本当によくなるのは次でしょうか」

5着 マコトナワラタナ(川田将雅騎手)
「内枠からスムーズにレースができました。よくがんばって走っています」

6着 レッドリヴェール(C.ルメール騎手)
「いいスタートからレースをしましたが、4コーナーでは流れに乗れませんでした。でも、最後はいい脚を使っています。次はマイルで期待できそうです」

8着 ダンスアミーガ(M.デムーロ騎手)
「好スタートから、いいペースでレースができましたが、直線ではスペースがありませんでした。残念です」

9着 ホエールキャプチャ(蛯名正義騎手)
「道悪はあまりよくないですね。伸びそうな感じでしたが、最後は走りづらそうでした。具合がよかっただけに残念です」

12着 コナブリュワーズ(秋山真一郎騎手)
「内枠の馬で決まったレースでしたからね。オープンのペースに慣れていければと思います」

13着 メイショウマンボ(武幸四郎騎手)
「馬の状態はよく、今日は走ると思っていたのですが......。気性の問題でしょうか。道中はいい感じなのですが、直線では耳を絞ってイヤイヤしながら走っていました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

毎日杯 with 日経賞 in 2015

Classic_logo

◆毎日杯

150328han11d

150328han11b1 150328han11b2

150328han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150328han11z 150328han11k 150328han11l 1800 


◆日経賞

150328nak11d

150328nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150328nak11z 150328nak11k 150328nak11l 2500 


◆レース後のコメント by Nikkei

【毎日杯】(阪神)~ミュゼエイリアンがハナ差しのぐ

1着 ミュゼエイリアン(川田将雅騎手)
「何とか残ってくれと思いながらも、着差はわずかだったので、つかまったのではないかと思いました。流れが遅く、2番手で我慢させていましたが、直線では最後までしっかりと伸びてくれました。勝つことができてよかったです。乗り味はいいですが、バランスが前目になってしまうところがあるので、そこだけ気をつけていました。あと1ハロン延びるのは問題ないと思います。しぶとく長く脚を使えるのがこの馬のいいところです」

2着 ダノンリバティ(武豊騎手)
「折り合いも問題ありませんでしたし、もう少しペースが上がればよかったのですが......。前残りの流れの中でよく差を詰めてくれました。もう少しでした」

3着 アンビシャス(松山弘平騎手)
「ペースがスローでしたし、大外枠なので内に入れて前にカベを作りたかったのですが、できませんでした。そこがもったいなかったです。すごく引っかかってしまった中、これだけ来ることができたので、力があるのだと思います」

4着 アルバートドック(藤岡康太騎手)
「中1週でしたが、落ち着いていました。一度使ったことで4コーナーの反応もよかったです。しかし、いつもジリジリという脚なので、その分が出ました。着差が着差だけに、何とか賞金を加算したかったです。重賞のメンバーでもよくがんばってくれています」

5着 シュヴァルグラン(内田博幸騎手)
「メンバーが揃っていた中、休み明けでも確実に脚を使っていました。直線では馬群の間に入れず、切り替えた分もあって、厳しかったです。自分でうまく競馬を作れないという不利な部分もあります」

6着 グリュイエール(A.シュタルケ騎手)
「エンジンがかかるまでに時間がかかるタイプです。この枠がアダになりました」

7着 ペガサスボス(藤岡佑介騎手)
「内枠から理想的な競馬ができました。しかし、切れ味の差で負けました。これからさらに成長しそうな馬ですし、今日はいい経験になったと思います」

15着 アッシュゴールド(池添謙一騎手)
「折り合いがついて落ち着いて追走できていました。ただ、外から馬が来て動かしたときにはもう反応がありませんでした。最後は走りがバラバラでした。位置取りは悪くないと思っていましたが......」

【日経賞】(中山)~アドマイヤデウスが重賞連勝

1着 アドマイヤデウス(岩田康誠騎手)
「行く馬がいなければ行こうと思っていたくらいですが、ペースが流れましたし、こういう競馬もできる馬です。馬は若さを見せていますし、まだまだ走ってくれると思います。今日以上に本番では走れると思います。距離は長ければ長いほどいいと思います」

(橋田満調教師)
「岩田騎手がうまく競馬をして、この馬のよさを引き出してくれました。3歳時はクラシックの日程に合わせての調整でしたが、古馬になって馬に合わせて使えるようになり、馬が成長しています。距離に関してはあくまで予測ですが、延びても大丈夫でしょう。切れ味もありますから、春の天皇賞に向いていると思います」

2着 ウインバリアシオン(福永祐一騎手)
「内枠だったので、次を見据えて内で我慢するレースをしました。トビが大きくて、モタついていたので、結果的には外へ出して早めに動くレースをした方がよかったかもしれません。しかし、次走に向けてはいいレースができました」

3着 ホッコーブレーヴ(田辺裕信騎手)
「休み明けという感じのレースでした。大人しすぎるような、ボーっとしたような雰囲気でした。馬群に入れて怒らせてみたのがいい形になりました」

4着 サウンズオブアース(M.デムーロ騎手)
「今日は外枠で、位置取りが後方になりました。直線、外に出すまでロスがありましたが、久々でも最後はすごくいい脚でした」

5着 フラガラッハ(横山典弘騎手)
「こういったレースをしてみたかったです。もう少しがんばってほしかったのですが、力は出せたかなと思います」

6着 ステラウインド(蛯名正義騎手)
「いい形で勝ち馬の後ろにつけて、一旦は手応えもよく見えましたが、伸びられたところでついていけませんでした。前走の方が馬は元気でしたし、使い込まない方がいいタイプなのかもしれません」

7着 タマモベストプレイ(津村明秀騎手)
「展開的にはよかったですが、今日は久々でしたし、次はいいと思います」

8着 フェノーメノ(戸崎圭太騎手)
「スタートは出てくれましたが、ダッシュはつきませんでした」

9着 トーセンアルニカ(柴山雄一騎手)
「もっと位置を取りにいってもよかったかもしれません。直線で一旦は伸びかけましたが、一気にメンバーが強くなりましたし、その分もあったかもしれません」

10着 クリールカイザー(吉田豊騎手)
「スムーズでしたが、ゴーサインを出しても反応しませんでした。今日はだらしなさすぎです。敗因がわかりません」

12着 ラブイズブーシェ(北村宏司騎手)
「うながしていかないと進んでいかないのですが、最後は自分からやめているような感じでした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

スプリングS with 阪神大賞典 in 2015

Classic_logo

◆スプリングS

150322nak11d

150322nak11b

150322nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150322nak11z 150322nak11k 150322nak11l  1800 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02
Sphoto03


◆阪神大賞典

150322han11d

150322han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150322han11z 150322han11k 150322han11l 3000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03


◆レース後のコメント by Nikkei

【スプリングS】(中山)~キタサンブラックがデビュー3連勝で重賞V

1着 キタサンブラック(北村宏司騎手)
「ストライドの大きい馬なので、スムーズに走らせることを考えていました。いろいろな展開を考えていましたが、2番手からの競馬になっても『これもあり』だと思っていました。ペースが遅い割にあまり後ろから来ない展開でしたが、自分のリズムを崩すことなく行きました。まだ緩いところはありますが、いい馬です」

2着 リアルスティール(福永祐一騎手)
「ちょうど届いたと思ったところがゴールでした。今日は勝負どころで反応が鈍くて、馬が伸びたところでゴールしました。今日を叩いて、もっと動けるようになると思います。広いコースの方が向いています」

3着 ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)
「内容は悪くなかったと思います。まだ精神的に追い込むようなレースをしていないので、変わる余地は残していて、いざ追い込んだときにどうなるのかというところでしょうか。今日は2000mでもできるようなレースをして、課題はクリアしてくれています。今できる万全なレースをして、これで負けたら仕方ないというレースはできました」

7着 ミュゼスルタン(大江原哲調教師)
「装鞍所の段階からうるさかったです。次走はもっとよくなると思います」

(柴田善臣騎手)
「ゲートで隣に馬が入ったら喜んでいて、出遅れました」

8着 フォワードカフェ(田中勝春騎手)
「流れはよかったと思うのですが......」

9着 マイネルシュバリエ(三浦皇成騎手)
「折り合いに専念しましたが、ここ2戦で他馬にぶつけられたせいか、怖がっているような面を見せていました」

10着 マイネルサクセサー(柴山雄一騎手)
「イメージとレースが違っていました。前につけて、立ち回りのよさを生かしたかったのですが......。それでも前回よりはさばけていました」

【阪神大賞典】(阪神)~ゴールドシップが3連覇達成

1着 ゴールドシップ(岩田康誠騎手)
「本当に強かったです。この馬のリズムもありますし、のびのびと走らせてあげようと思っていました。前走よりも前に行けましたし、馬場は緩かったですが、パワーがあるので最後までがんばってくれました。ヨーイドンの競馬ではなく、馬をその気にさせられたのがよかったです。直線ではアタマが上がったかと思いましたが、もうひと伸びしてくれました。すごい馬だと思います。3000mを走っても息がすぐ入っていたということなので、まだ本気で走っていないかもしれません。これからも強いゴールドシップを見せられたらと思います」

(須貝尚介調教師)
「声が枯れました。競馬をなめているところがあるので、いかに馬を怒らせて、前に行かせるか、それだけを考えていました。3連覇については特に考えていませんでしたが、強かったです」

2着 デニムアンドルビー(浜中俊騎手)
「折り合いのつく馬ですから、じっくりと進めました。勝ち馬の後ろでいい形でしたし、直線もよく伸びていますが、相手はしぶとかったです」

3着 ラストインパクト(菱田裕二騎手)
「終始、折り合いはついていました。リズムよく、思っていたところから上がっていけましたが、直線では並ぶ間もなく突き放されてしまいました。前の2頭が強かったです。それでもよくがんばってくれました」

4着 カレンミロティック(M.デムーロ騎手)
「4コーナー、そして直線とスペースが狭くなってしまいました。外に出せていれば、相当伸びていたと思います」

5着 フーラブライド(酒井学騎手)
「理想としてはゴールドシップの後ろでした。道中は前にカベを作りたかったのですが、作れず、どうかなと思っていました。しかし、折り合いがついて、うまく走ってくれました。距離は大丈夫だという感触がありました。勝負どころでモタモタしましたが、バタついたわけではなく、ジリジリと脚を使っています。よくがんばっていますし、次につながると思います」

8着 スズカデヴィアス(藤岡佑介騎手)
「最初の1000mの入りが速くなってしまって、その後も息を入れるところがありませんでした。4コーナーまでは踏ん張っていましたが、直線の坂で止まってしまいました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

フラワーC / ファルコンS in 2015

Classic_logo

◆フラワーC

150321nak11d

150321nak11b1 150321nak11b2

150321nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150321nak11z 150321nak11k 150321nak11l 1800 


◆ファルコンS

150321chu11d
※全馬リプレイを見てないのでマークは暫定

150321chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150321chu11z 150321chu11k 150321chu11l 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【フラワーC(GIII)】(中山)~アルビアーノが無傷の3連勝で重賞初V

1着 アルビアーノ(柴山騎手)
「この馬には本当に頭が下がります。自分のリズムを崩さないよう、それだけ気をつけて乗りました。距離のことは気になりましたけど、しっかり調教をしてくれていましたから、僕は自信を持って乗りました。順調に行ってくれれば、この後が本当に楽しみです」

(木村哲也調教師)
「強かったですね。距離は大丈夫だと思っていましたが、期待以上に頑張ってくれました。この馬はいつも落ち着いていて、今日もすごいなと思ってみていましたが、器が大きく、馬に余裕があります。この後のことは馬の様子を見て決めますが、先のある馬ですから、大事にやっていきたいと思います」

3着 ディアマイダーリン(M・デムーロ騎手)
「スタートで少し遅れました。テンションが上がっていましたが、4コーナーではいい形に持ち込めました。いい馬です。能力を感じました」

4着 ロッカフラベイビー(蛯名騎手)
「いい馬だと思うんですが、まだ大きくない体で、ギリギリな感じでした。性格も真面目すぎるくらいで、もう少し馬体の成長があって、時期が来ればという感じはあります」

6着 ジャポニカーラ(横山和騎手)
「父(横山典弘騎手)から話は聞いていましたが、折り合いは問題なくついていました。よく頑張っています」

7着 ティーエスクライ(江田照騎手)
「トビがきれいなので、馬場がもう少し乾いてくれた方がいいと思います」

12着 ノットフォーマル(黛騎手)
「スタートで他馬に出られてしまいました。それでも道中はリズムが良かったのですが、3コーナーでは手応えがありませんでした」

【ファルコンS(GIII)】(中京)~伏兵タガノアザガルが大激戦制す

1着 タガノアザガル(松田騎手)
「いい枠でしたし、内でロスなく行けました。逃げ馬の後ろにつける、思い描いた通りの形でした。並んでからもしぶとく、最後まで踏ん張ってくれました。馬に感謝します」

2着 アクティブミノル(藤岡康騎手)
「この馬の形になったのですが、後続に思ったよりも早めに来られてしまいました。その割に最後まで頑張ってくれています。以前に乗せてもらった時よりも成長を感じました」

3着 ヤマカツエース(藤田騎手)
「馬場が悪く、何度もノメっていました。良馬場なら突き抜けていたと思います」

4着 フミノムーン(幸騎手)
「思ったよりも折り合いはつきましたが、3コーナーで内の馬を気にして外に張るところがありました。最後は前の馬に残られてしまいました。枠も外でしたしね。力のあるところは見せてくれています」

5着 ブラッククローバー(松山騎手)
「終い伸びてくれましたが、坂で止まってしまいました。きれいな馬場でやりたかったです」

8着 ブリクスト(北村友騎手)
「今日の流れで18番枠では厳しかったです。前に壁を作ってうまく運べましたが、最後は脚が上がってしまいました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

フィリーズレビュー with 中山牝馬S / 中日新聞杯 in 2015

Classic_logo

◆フィリーズレビュー

150315han11d

150315han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150315han11z 150315han11k 150315han11l 1400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04


◆中山牝馬S

150315nak11d

150315nak11b1 150315nak11b2

150315nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150315nak11z 150315nak11k 150315nak11l 1800 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02
Sphoto03


◆中日新聞杯

150314chu11d

150314chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150314chu11z 150314chu11k 150314chu11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【フィリーズレビュー】(阪神)~クイーンズリングが無傷の3連勝で重賞V

1着 クイーンズリング(M.デムーロ騎手)
「桜花賞を考えて、今日は中団からの競馬をしました。直線、ズブいところもありましたが、すごくよく走ってくれました。今日はテンションが高く、うるさかったのですが、乗りやすくて賢い馬です。桜花賞を勝つのは僕の夢。ぜひ勝ちたいです」

2着 ペルフィカ(菱田裕二騎手)
「テンションも上がらず、スタッフがうまく仕上げてくれました。内回りの外枠は厳しいですから、本番では展開の利があると思います」

3着 ムーンエクスプレス(松山弘平騎手)
「いい位置で、ペースも楽でしたが、もう少しでした。前回もそうだったように使ってよくなると思います」

4着 スマートプラネット(酒井学騎手)
「ある程度前へ行こうと思って出していきましたが、うまく走ってくれました。追い出してからも反応してくれましたが、最後に脚が鈍りましたね。外枠で終始外を回らされる形になったことが響いたと思います」

5着 ラッフォルツァート(A.シュタルケ騎手)
「4コーナーまでは勝てそうな手応えでしたが、少し緩い馬場が合わなかったのかもしれません」

7着 レオパルディナ(武豊騎手)
「1番枠でしたし、内を回る競馬をしましたが、直線でバテた馬が下がってきて前がなかなか開きませんでした。ただ、馬の雰囲気はよかったですし、前が開いてから最後はよく伸びてくれました」

16着 コートシャルマン(岩田康誠騎手)
「馬の間でジッとして、流れに乗っていけました。ただ、乗りすぎて脚がたまっていない感じでした」

【中山牝馬S】(中山)~4歳馬バウンスシャッセが差し切る

1着 バウンスシャッセ(田辺裕信騎手)
「抜群の手応えで直線を迎えられました。ペースが速いと乗っていて感じましたが、調教で感じをつかんでいましたし、力のある馬なら来られると思っていました。牝馬らしからぬ、どっしりと構えたタイプ。GIを視野に入れられる馬ですし、楽しみです」

2着 アイスフォーリス(三浦皇成騎手)
「勝ったと思いましたが......。反応がありましたし、絶好のスペースが開きました。本当に惜しかったです」

4着 ケイティバローズ(武士沢友治騎手)
「勝ち馬の後ろで、うまく脚をためることができました。最後は伸びあぐねましたが、よくがんばっています」

5着 シャトーブランシュ(戸崎圭太騎手)
「3~4コーナーでフワッとしてしまいました。直線ではジリジリという伸びになっただけに、そこが痛かったです」

6着 グレイスフラワー(柴田善臣騎手)
「1800mは大丈夫でした。休み明けとしてはいい競馬だったと思います」

7着 エバーブロッサム(石橋脩騎手)
「だいぶ活気が戻ってきました。返し馬の感じもよかったです。前走は強気に前についていってがんばってくれましたが、今日は自分のペースで少しためていくような雰囲気でいけました。3~4コーナーで他に来られる前に行こうと思ったので、そこは強気に行きました。一時期からすると走りがよくなっています。気持ちを持って走っている感じがしました」

8着 オメガハートロック(丸田恭介騎手)
「ゲートの出がよくなりました。ゆったりと追走して、差のないところまで伸びています」

9着 マイネグレヴィル(柴田大知騎手)
「自分の競馬はできていますし、よくがんばっています。雨が降って、他馬がノメるぐらいの馬場になってくれていれば......」

10着 ブランネージュ(藤岡佑介騎手)
「気のいいタイプで、折り合いはついていたのですが、途中から前を追いかける感じになってしまいました。そのぶん余力がなくなってしまいました。間隔があいていましたし、ここを使ってよくなってくればと思います」

11着 ミナレット(石川裕紀人騎手)
「展開が厳しい形になりました。坂を上るまでは食い下がっていましたが......。単騎で逃げていたら違っていたかもしれません。自分の形ならオープンでもやれると思います」

【中日新聞杯】(中京)~ディサイファが重賞2勝目を飾る

1着 ディサイファ(四位洋文騎手)
「1番枠はエプソムCを勝ったときと同じで、縁起がいいなと思っていました。内枠で開幕週、イメージがすぐにわきましたし、思い通りに乗ることができました。今日は馬ごみの中でも落ち着いて運べましたし、最後デウスウルトに迫られても、よくしのいでくれました。昨年は大レースで跳ね返されましたが、今年はがんばりたいと思います」

3着 マイネルミラノ(柴田大知騎手)
「枠もよかったので、行けるなら行こうと思っていました。自分のリズムで走れた分、最後までがんばってくれました。勝ったかなと思いましたが、決め手の差が出ましたね。この内容なら、どこかで重賞を勝てると思います」

4着 パッションダンス(松田大作騎手)
「スタートがよく、理想的な位置でイメージ通りの競馬ができました。最後は決め手の差が出ました」

5着 ミトラ(蛯名正義騎手)
「馬場がやわらかくて走りづらそうでした。この馬にはレコードが出るような馬場の方がいいですね。それでもよくがんばっています」

6着 キングズオブザサン(吉田隼人騎手)
「スタートが速いので、下げるよりはと思って、前についていきました。こういう馬場も合いそうでしたから、一発あるかと思っていました。もっとよくなりそうです」

7着 ダノンジェラート(横山典弘騎手)
「1600万下を勝ったばかりですからね。まだこれからです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

弥生賞 / チューリップ賞 with オーシャンS in 2015

Classic_logo

◆弥生賞

150308nak11d

150308nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150308nak11z 150308nak11k 150308nak11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04


◆チューリップ賞

150307han11d

150307han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150307han11z 150307han11k 150307han11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01_2 Photo02_2
Photo03_2


◆オーシャンS

150307nak11d

150307nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150307nak11z 150307nak11k 150307nak11l 1200 


◆レース後のコメント by Nikkei

【弥生賞】(中山)~サトノクラウンが無傷の3連勝でV

1着 サトノクラウン(福永祐一騎手)
「強かったです。今日はスタートだけ気をつけました。前走はスタートでトラブルがあったので、同じことを起こさないように厩舎が訓練してきてくれました。私も美浦でゲート練習に臨みましたし、そのときは馬がおとなしく、矯正されていました。ただ、テンションが上がるところがあり、レースになると、してはいけないことをしてしまうこともあるので、そこは気をつけました。いいスタートで、頭数が少なかったこともあり、イメージ通りのポジションにつけられました。完成度が高く、操作性もよく、上手な競馬ができます。もともと獲得賞金は足りているので、勝たなければいけない競馬ではありませんでしたが、いい形で次に向かえます。乗りやすい馬で、大きなレースにいってもコンスタントにいい結果を出せると思います。楽しみです」

2着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
「今日は折り合いに気をつけていましたが、クリアしてくれました。馬場が渋ったのもよかったです。良馬場でも時計がかかればいいと思います。4コーナーで内から寄られる不利がありましたが、最後は勝った馬と脚色が一緒でした。ただ、ゴールをすぎて1~2コーナーの感じがよかったです。賞金を加算してくれましたし、この結果は自信になります」

3着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手)
「馬場が渋っていたのはよくないと思っていましたが、しっかりとこなしてくれたのは収穫でした。折り合いは終始つきました。追い出しをワンテンポ待たされたのが結果的によかったです。メリハリのあるレースができて、次につながると思います」

4着 グァンチャーレ(武豊騎手)
「溜めて溜めてのレースを考えていました。一瞬いい脚を使ってくれましたが、そこで止まってしまいました」

5着 トーセンバジル(岩田康誠騎手)
「ハミがかからなかったです」

7着 シャイニングレイ(川田将雅騎手)
「返し馬から力んでいました。頭を振りながらポケットに入っても落ち着かず、テンションが高いままでした。それが大きく響きました。血統的にも引っかかりやすく、それが強く出た印象です」

8着 コメート(嘉藤貴行騎手)
「スタンド前でシャイニングレイが出てきて、ハミをかんでしまいました。それでもいい形で4コーナーまで行けましたが、そこから苦しくなりました」

9着 ベルラップ(浜中俊騎手)
「休み明けでしたし、叩いてよくなるのかなと思います。向正面から進んでいきませんでした」

10着 タケルラムセス(蛯名正義騎手)
「時計がかかるのはいいのですが、ノメるような馬場状態は得意ではないようです」

【チューリップ賞(GIII)】(阪神)~ココロノアイが重賞2勝目、ブチコは14着

1着 ココロノアイ(横山典騎手)
「馬場が悪くなっていましたが、ステイゴールド産駒で母の父がデインヒルですし、こなしてくれるだろうと思っていました。重い馬場の中でもしっかりと走ってくれました。精神的にヤンチャなところがある馬ですが、スタッフがしっかりと仕上げてくれて、今日は返し馬から落ち着いていました」

(尾関知人調教師)
「調教ではまだいい面も悪い面もあるのですが、レースに行くと落ち着いていましたし、競馬ぶりは成長しています。ジョッキーも言っていたように、今日に関しては申し分のないレースでした。本番では強い馬が1頭いますが、これで挑戦する権利が出来ました」

2着 アンドリエッテ(川田騎手)
「馬場に出て走らせた感じで、今日のような馬場は不得意だと分かりました。そんな中で直線ではいい脚を使いました。改めて能力の高さを感じました」

4着 ロカ(今野貞一調教師)
「今日はスタートはある程度出てくれたのですが、スタート後にゴチャついたところで引っ掛かってしまいました。それでもよく4着まで来てくれたのですが...」

5着 アスカビレン(秋山騎手)
「馬が落ち着いていましたし、キャリアを積んでこの馬の持ち味を生かす方法が分かってきました。今日のように最後に反応させるレースが合っています。距離が延びても大丈夫です」

6着 コンテッサトゥーレ(北村友騎手)
「ゲートをうまく出ましたし、スムースなレースが出来ました。ただ、ノメったり、手前を何度も替えたり、今日のような馬場は合っていませんでした」

11着 クルミナル(池添騎手)
「良馬場なら絶好枠だったと思いますが、今日の馬場では(内枠は)アダになりましたね。持ち味のキレをまったく出せませんでした。道中も追走に余裕がありませんでしたし、かわいそうでした」

14着 ブチコ(武豊騎手)
「枠なりに思い通りのいい形でレースが出来ました。ただ、手応えの割に粘れず、最後は止まりましたね」

【オーシャンS(GIII)】(中山)~サクラゴスペルが2年ぶりの同レース制覇

1着 サクラゴスペル(戸崎騎手)
「追い切りでは難しいところを見せていましたが、レースではリズム良く運べました。道中急がせず、直線に向いて仕掛けると、終い切れのある伸び脚でした。GIが楽しみです」

2着 ハクサンムーン(酒井騎手)
「今日はハナにこだわりました。マイペースで行けましたが、あと100mで苦しくなって外にモタれていました。それでもこの馬らしい競馬が出来ましたし、このひと叩きでシャキッとしてくると思います」

3着 ベステゲシェンク(柴山騎手)
「スタート後、外から来られてテンのダッシュがつきませんでした。さらに4コーナーでも他馬にぶつけられて、そこで消耗してしまいました」

4着 ラインスピリット(森騎手)
「ハクサンムーンが速かったので、追いかけても仕方がなく、2番手に控えて脚をためようと思いました。リズム良く走れましたし、いいメンバーの中で頑張ってくれました。前走の1600mでもいいところがありましたが、1200mでも十分やれるメドが立ちました。前走の2着が実力だったということも分かってもらえたと思います。使うごとに力をつけていますし、これからも楽しみです」

6着 リトルゲルダ(丸田騎手)
「乗った感じが休み明けを思わせます。次はさらに良くなるでしょう」

7着 アフォード(村田騎手)
「内が空かなかったので、外枠ならもっとスムースだったと思います。展開もそうですが、やはり枠順ですね」

8着 ヘニーハウンド(菱田騎手)
「前回乗った時に良くなっているなと感じました。道中はいいリズムで、アッサリと抜けられたら良かったのですが、そうはいきませんでした。能力は十分にあります」

10着 スマートオリオン(三浦騎手)
「追い出してから体を使えなくなっています。4コーナーでもモタれていました」

11着 スギノエンデバー(田辺騎手)
「この馬の持ち味を生かせる流れではありませんでした。レースの流れに対して動いて行きましたからね...」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月28日 (土)

アーリントンC with 中山記念 / 阪急杯 in 2015

Classic_logo

◆アーリントンC

150228han11d

150228han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150228han11z 150228han11k 150228han11l 1600_2 


◆中山記念

150301nak11d

150301nak11b1 150301nak11b2

150301nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150301nak11z 150301nak11k 150301nak11l 1800_2 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01_2 Photo02_2
Photo03_2


◆阪急杯

150301han11d

150301han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150301han11z 150301han11k 150301han11l 1400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03


◆レース後のコメント by Nikkei

【アーリントンC】(阪神)~関東馬ヤングマンパワーが重賞V

1着 ヤングマンパワー(松岡正海騎手)
「何とか届いてくれという思いでしたが、最後まで止まらずに伸びてくれました。厩舎に来たときから(同じ厩舎の)アルフレードに背中が似ているなと思って期待していましたし、今後も楽しみです」

(手塚貴久調教師)
「人気ほど差はないと思っていましたが、うまくいきました。重賞を勝ってくれましたし、このあとは少し休ませてあげて、次はどこに向かうか考えようと思います」

2着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「悔しいですが、体も精神的にもよくなっていました。自然と後方からになりましたが、今後へ向けて楽しみが広がりました。落ち着いて走れていたのは大きいですし、この先もっとよくなるでしょう」

4着 ナヴィオン(岩田康誠騎手)
「最後はいい脚で差を詰めたのですが......。それでもスタートはうまく出てくれたし、力はあるうまです。次はもう少し前の位置でついていけると思います」

6着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「道中は脚をためていって、いい脚を使ってくれましたが、坂の途中で同じ脚色になってしまいました。このクラスでも力は十分通用するところは見せてくれましたが、距離が少し長いかもしれません」

8着 ナリタスターワン(福永祐一騎手)
「今日はレース前からだいぶ気負っていて、それが競馬にも響いてしまいました。ただ、まだキャリアが浅いですし、これから修正していけば問題ないでしょう」

10着 ナイトフォックス(武豊騎手)
「直線に向いてから一瞬伸びましたが、最後の1ハロンで止まりました。小回りコースの方がいいのかもしれません」

【中山記念】(中山)~紅一点ヌーヴォレコルトが制す

1着 ヌーヴォレコルト(岩田康誠騎手)
「直線、外に進路がなかったので、イチかバチか、最内を狙いました。この馬自身、立ち回りがうまいですし、去年よりもパワーアップしています。今後もがんばってもらいたいと思います」

(斎藤誠調教師)
「休み明けでも落ち着いていて、仕上がりはよかったです。スッといい位置がとれましたし、道中もいい感じでした。4コーナーでタイトになり、強引な進路取りになりましたが、あそこに入っていけるんですから、この馬はすごいですね。皐月賞馬2頭に対して、強い勝ち方でした。去年の秋は人気を背負って勝ちに行き、少しだけ負けましたが、力はあると思っていましたから、それを証明できてよかったです。雨は気になりましたが、力強く走れましたし、本当に頭が下がります。このあとはヴィクトリアマイルから宝塚記念に向かいます」

2着 ロゴタイプ(C.デムーロ騎手)
「好位で引っかからずにスムーズな競馬ができました。直線でもしっかりと伸びています。しかし、勝った馬が強かったです。今日は惜しい競馬でした」

3着 ステファノス(A.シュタルケ騎手)
「大外枠は思惑と違いましたが、この馬場は気にしていませんでした。道中はイスラボニータをマークしていましたが、イスラボニータが4コーナーから動いてくれなかったので、早くエンジンをかけたいと思っていただけに、仕掛けがワンテンポ遅れてしまいました。イスラボニータがもっとビュッと行ってくれたら、さらに上の着順だったかもしれません。しかし、将来性を感じました」

4着 マイネルフロスト(松岡正海騎手)
「やれる手応えはありましたし、勝ったと思いました。しかし、4コーナーで内から他の馬に寄られて、この馬の競馬ができませんでした」

5着 イスラボニータ(蛯名正義騎手)
「あまりこの馬場が得意ではないのかもしれません。これだけの馬ですから、まだビシビシと仕上げておらず、徐々に仕上げていこうという形だったと思います。こういう馬場は初めてだったので仕方ありません。そんなに負けているわけでもありませんからね」

6着 タガノグランパ(菱田裕二騎手)
「ゲートも出ましたし、勝った馬と同じ位置につけられました。馬自身も成長しています。欲をいえば良馬場でやりたかったです」

7着 トラストワン(和田竜二騎手)
「雰囲気はよかったですし、動けていました。いい馬になっています。しかし、道悪はよくありません。良馬場だったらと思います」

8着 ナカヤマナイト(柴田善臣騎手)
「雰囲気がよかったので、いいかなと思いました。しかし、まだ本来の調子ではありません」

9着 ヒラボクディープ(大野拓弥騎手)
「4コーナーまではよかったです。最後は馬場を気にしていました。前走よりもよくなっています」

10着 ゼンノルジェロ(熊沢重文騎手)
「ゲートの中でうるさかったです。もっと前に行きたかったのですが、思ったようにいきませんでした。それが大きかったです」

【阪急杯】(阪神)~ダイワマッジョーレがゴール前で差し切る

1着 ダイワマッジョーレ(M.デムーロ騎手)
「今日は3つも勝てて、重賞まで勝って夢のようです。前回は弟のクリスチャンが乗っていいレースをしていましたし、今日も状態はいい感じでした。いいポジションでレースができました。外枠もよかったと思います。ゴールした瞬間は勝ったかどうかわかりませんでしたが、勝ててよかったです」

2着 ミッキーアイル(浜中俊騎手)
「調教から控えてレースをする形を覚えさせて、その成果が出た形です。負けはしましたが、今日のような馬場でこれだけ走れたのは収穫です」

(音無秀孝調教師)
「こういう競馬ができるならマイルでも大丈夫そうです。次走はオーナーと相談して決めます。高松宮記念を使って安田記念に向かう選択肢も考えられます」

3着 ローブティサージュ(池添謙一騎手)
「内枠を生かして、内でロスなく立ち回って競馬ができました。バッチリでしたが、最後に頭が上がってしまいました。それでも力のあるところを見せられました」

4着 サドンストーム(国分優作騎手)
「スタートのタイミングが合わず、少し前に出して行く形でしたが、折り合いに問題はありませんでした。よくがんばって走ってくれたのですが、賞金を加算できなかったのは残念です」

5着 ダノンシャーク(福永祐一騎手)
「もっと前の位置でレースをしたかったのですが、ポジションをとれませんでした。最後はジリジリと追い上げてはいるのですが......。マイルを1分31秒台で走る馬ですから、今日のような馬場は合いませんが、それを考えるとよく走っていると思います」

6着 コパノリチャード(武豊騎手)
「レースの形は悪くなかったのですが、意外にも止まってしまいました。馬場が合わないとは思いませんし、完調一歩手前なのかもしれません」

10着 アミカブルナンバー(四位洋文騎手)
「スタートしてからインでジッとしていました。馬場は合うと思っていましたが、良ならもっと走れそうです。以前よりも力をつけてきています」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ