(若15)-GradeⅠ

2015年5月29日 (金)

日本ダービー with 目黒記念 in 2015

Classic_logo

◆日本ダービー

150531tok10d

150531tok10s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150531tok10z 150531tok10k 150531tok10l 2400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆目黒記念

150531tok12d

150531tok12s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150531tok12z 150531tok12k 150531tok12l 2500 


◆レース後のコメント by Nikkei

【日本ダービー】(東京)~ドゥラメンテが2冠達成

1着 ドゥラメンテ(M.デムーロ騎手)
「JRAのジョッキーとして、初めてダービーを勝つことができて本当に嬉しいです。1番人気の馬というプレッシャーもありました。今日は少しテンションが高く、1~2コーナーまでかかっていました。その後は馬も落ち着いて、いいポジションでレースをすることができました。直線では他の馬にぶつけられましたが、手前を替えてからはすごい脚でした。皐月賞ではガッツポーズが早くてレコードタイムに届きませんでしたが、今日はこの馬の強さを示すことができました。秋も楽しみです」

3着 サトノクラウン(C.ルメール騎手)
「出遅れました。道中はリラックスしていましたが、スタミナがありませんでした。それでも今日はいいレースをしてくれました」

4着 リアルスティール(矢作芳人調教師)
「課題としていた1コーナーで頭を上げてハミ受けが悪くなり、ロスが大きかったと思います。もう少し内枠だったらとも思いますが、勝った馬は強いです。あの馬の後ろにつけるのは作戦通りでした。最後はそれでも2着はあるかと思いましたが、直線では舌を出してモタれていました。このあとは休ませて、秋へ向けてやり直します」

5着 コメート(嘉藤貴行騎手)
「よくがんばってくれました。思い通りの流れになってくれました。レースが上手で、現時点の力は出し切ってくれています」

8着 グァンチャーレ(松岡正海騎手)
「折り合いがついてくれましたし、距離が長いことはわかっていたので、経済コースをロスなく回ってきました。よくがんばってくれたと思います」

12着 ポルトドートウィユ(武豊騎手)
「返し馬の雰囲気がもうひとつでした。それだけにゲートの出も、道中の感じもいまひとつでした。秋に期待したいです」

13着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手)
「皐月賞は不甲斐ない競馬だったので、今日は前目につけようと思っていました。ポジションはとれましたが、最後は何度も手前を替えて、一杯になりました。距離のカベがあったと思います。精神的に成長していますから、適条件でがんばってほしいです。結果的に止まってしまったので、1800mぐらいがいいかもしれません」

14着 キタサンブラック(北村宏司騎手)
「今日はさすがに馬に気合いが入っていました。スタートで躓きましたが、二の脚で2番手につけて、リラックスして走っていました。時計は速くなるだろうとは思っていましたが、自分のリズムを保つことを考えて乗りました。もう少し踏ん張れるかなとも思いましたが、まだのびしろがあり、これから成長していく馬だと思っています」

15着 ベルラップ(三浦皇成騎手)
「いい位置につけてレースができました。本格化は秋でしょう」

17着 アダムスブリッジ(和田竜二騎手)
「ずっとフワフワしていました。勝負どころでついていけませんでした」

18着 スピリッツミノル(酒井学騎手)
「この枠順で行けなかったのは......。返し馬は前走より気合いが乗っていて、前走より楽に行けるのかなと思ったのですが、全然でした。直線では余力がありませんでした」

【目黒記念】(東京)~古豪ヒットザターゲットがゴール前で抜け出す

1着 ヒットザターゲット(小牧太騎手)
「内枠で好走していることはわかっていましたから、1番枠が当たったときに順番かなと期待していました。レコンダイトの後ろにつけて、進路を探しながら乗りました。今日はすべてがうまくいきました」

2着 レコンダイト(M.デムーロ騎手)
「とてもがんばりました。いいスタートで、ポジションもよかったです。距離は少し長いと思います。いつものすごい切れ味ではありましたが、残り100mぐらいで止まってしまいました」

3着 ファタモルガーナ(戸崎圭太騎手)
「前々走、前走より手応えが鈍かったです。我慢するよりも早めに出していった方がいいと思い、出していきました。しかし、モタモタしてしまいました。スタミナはありますし、最後もがんばってくれています」

4着 メイショウカドマツ(川田将雅騎手)
「ゲートを出て、すぐ他の馬にぶつけられてしまい、前半行きたがってしまいました。途中からはリズムよく行けましたが、最後はそれが響きました」

6着 ダービーフィズ(蛯名正義騎手)
「枠順(の不利)を帳消しにできませんでした。自分でサッといければいいのですが、以前から進んでいってくれません。馬群の中に1回入って、ごまかしながら行きました。直線では内に入って包まれても嫌なので、安全な方に行きました。最後も脚がありそうなのですが、怒られて走っている雰囲気があります。時計もそれなりです。しかし、少しずつ進歩しているので、うまくいけばチャンスはあります」

7着 ムスカテール(吉田豊騎手)
「ゲートはうまく出て、いい感じでした。伸びてはいますが、メンバーも違いますし、前が止まりませんでした。馬場が湿って、時計がかかる方がいいのではないでしょうか」

8着 トウシンモンステラ(福永祐一騎手)
「いい位置で競馬はできましたし、流れも悪くなかったですし、前もあいたのですが、伸び切れませんでした」

9着 アドマイヤスピカ(岩田康誠騎手)
「状態はすごくよかったです。初めてのオープンでしたし、いずれはタイトルを獲れると思います。次に期待です」

12着 ステラウインド(武豊騎手)
「距離が長いでしょうか。脚を使ったら止まっていました。2000mぐらいがよさそうです」

14着 ニューダイナスティ(内田博幸騎手)
「前回と同じような競馬をしましたが、メンバーレベルというか他馬からの圧力が違いました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月23日 (土)

オークス with 平安S in 2015

Classic_logo

◆オークス

150524tok11d

150524tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150524tok11z 150524tok11k 150524tok11l 2400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆平安S

150523kyo11d

150523kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150523kyo11z 150523kyo11k 150523kyo11l 1900 


◆レース後のコメント by Nikkei

【優駿牝馬(オークス)】(東京)~ミッキークイーンがGI初制覇

1着 ミッキークイーン(浜中騎手)
「この馬の実力を証明出来て非常に嬉しく思います。この馬はスタートが上手ではないので、そこだけ集中しました。道中は折り合いをつけて、直線にかけようと思っていました。手応えはありましたし、追えばしっかりと伸びる馬なので、何とか交わしてくれという思いで追っていました。初めてこの馬に乗った時からクラシックに出られればと思っていましたが、桜花賞は出られなくて、私も責任があると思っていました。オークスはしっかりと結果を出したいという思いが強かったので、良かったです。この先も素晴らしい走りをしてくれると思いますので、期待して応援して欲しいです。GIホースになって、秋はさらにこの馬といい結果を残せるように頑張ります」

(池江泰寿調教師)
「この馬が1番強いと最初から思っていながら、桜花賞に出られず、出鼻をくじかれ、本当に悔しい思いをしました。その分、今日こうして1番強いことを証明出来て本当に嬉しいですし、牝馬クラシックは初めてでしたから、また違った喜びがありますし、ディープインパクトの仔でGIを勝てたということもありますから、色々な思いがこみ上げました。この後は休養させて、距離も右回りも大丈夫ですから、秋は秋華賞で2冠を目指します」

2着 ルージュバック(戸崎騎手)
「今日は先行しようと思っていました。前に壁を作れませんでしたが、折り合いはつきましたし、気持ち良く走れました」

(大竹正博調教師)
「新馬の時に2週前倒しして使っていたので、追い切りの本数はそれほどいらないかと思って、直前の入厩にしました。馬は元気で、競馬場でも飼い葉はよく食べていました。しかし、2着では満足してはいけません。凱旋門賞にも登録しているのに申し訳ない思いです。今後についてはまだ分かりません」

3着 クルミナル(池添騎手)
「ゲート入りで迷惑をかけてしまい、申し訳なかったです。難しい面を出してしまいましたが、ゲート入りの影響はなかったと思います。スタートは遅い馬でいつも通りでした。出して行ってルージュバックの後ろを取れました。直線はルージュバックを見ながら追い出して、あと1歩のところまでいけました。力は出し切ったと思います。5月生まれ、1月のデビューですから、いい夏を越してもらって、また秋に期待出来ると思います」

4着 アースライズ(三浦騎手)
「期待していたように頑張ってくれました。リズム良く走ることが出来ました」

5着 アンドリエッテ(川田騎手)
「ゲートで待たされてしまい、気持ちがなくなってしまいました。かわいそうでした」

6着 ローデッド(柴山騎手)
「ゲートを出て流れに乗れました。切れ味の差が出ました」

7着 ココロノアイ(尾関知人調教師)
「パドックではいつものように落ち着いていました。今までで一番上手にレースが出来ました。コントロールが利かないくらいの方が走れるのかもしれません。切れ味で見劣ったところもありました」

8着 マキシマムドパリ(武豊騎手)
「1コーナーで押し込められて、まるで外枠のようなレースになって残念でした」

9着 クイーンズリング(M・デムーロ騎手)
「距離が長かったです。伸びていましたが、バテてしまいました」

10着 レッツゴードンキ(岩田騎手)
「馬の後ろに入れましたが、力んでいました。行く気ではいましたが、前走のようなスタートは切れませんでした。体調は良かったのですが...」

11着 ディアマイダーリン(福永騎手)
「道中は折り合って、スローペースの好位でバッチリと思いましたが、外に出して余力がありませんでした」

12着 キャットコイン(柴田善騎手)
「全然気持ちが前にいっていません。ゲートを出るような格好で出ていませんでした。道中もハミを取らず、進んで行かなかったです。戦意喪失という感じで、こんなことは今までで初めてです」

13着 ノットフォーマル(黛騎手)
「今は逃げ残れる馬場なので、出して行きました。後ろを離して逃げれば良かったかもしれません」

14着 ペルフィカ(菱田騎手)
「本当はもう少し好位を取りに行きたかったです。3~4コーナーで手応えがありませんでした。距離が長かったのでしょうか」

15着 トーセンラーク(江田照騎手)
「直線だけのレースになりました。メンバーが揃っていましたが、ジリジリ伸びました。もう少し短い距離なら楽しみです」

16着 コンテッサトゥーレ(ルメール騎手)
「いいレースでしたが、スタミナが足りませんでした」

17着 シングウィズジョイ(内田博騎手)
「外から来られてあれ以上は押せませんでした。枠順が逃げた馬と逆なら良かったのですが...。関東の重賞を勝ってオークスへ行けたことが大きかったです」

【平安S】(京都)~インカンテーションが重賞3勝目を飾る

1着 インカンテーション(内田博幸騎手)
「ハナは考えていませんでした。ただ、前に行きそうな馬が互いに牽制しあう形になりました。この馬も前走マイルを使っていたので行く気になっていましたし、ケンカするよりは気持ちに任せていきました。道中はリズムよく、いい手応えで運べました。フェブラリーSで見せた力を今回も発揮してくれました。今後、大舞台でも楽しみですね」

2着 クリノスターオー(幸英明騎手)
「3~4コーナーの手応えはよすぎるくらいでした。ただ、4コーナーでちょっとひるみ出したことと、後ろにも強い馬がいたので気にしているうちに少し走りが緩んでしまったことが響きました。勝ち馬をきっちりマークする形なら違っていたかもしれません」

3着 ローマンレジェンド(岩田康誠騎手)
「ハナに行くぐらいの気持ちでスタートから出ていきましたが、58キロを背負っているだけにジリジリした感じでした。最後は能力で追い上げて来ているのですが......」

4着 ナムラビクター(M.デムーロ騎手)
「自分から行ったり行かなかったりを繰り返す、難しい馬です。直線も勝つぐらいの手応えでしたが、止まってしまいました」

5着 アジアエクスプレス(戸崎圭太騎手)
「前回、目標にされたところがあったので、今日は好位からのレース。いい感じでレースはできたのですが......」

7着 ドコフクカゼ(四位洋文騎手)
「もう少し流れると思っていましたが、ゆったりとした流れになってしまいました。それ以上にこの馬は3~4コーナーの勝負どころでモタモタする面があります。今後、重賞戦線を戦うにはその点が課題です」

8着 ニホンピロアワーズ(酒井学騎手)
「今日は最後まで気を抜かずに走ってくれました。最後の伸びはそれほどありませんでしたが、立て直してよくなっていますし、次はさらによくなる感じのレースでした」

9着 エノラブエナ(小牧太騎手)
「上がり勝負のレースは分が悪いですね。もう少し流れほしかったです」

11着 ダノンバトゥーラ(浜中俊騎手)
「なかなか前へ進んでくれませんでした。まだ揉まれ弱いところがあるようです」

12着 ソリタリーキング(池添謙一騎手)
「スタートは出ましたが、他馬が速く、思っていた位置がとれませんでした。それがすべてです」

14着 マイネルクロップ(丹内祐次騎手)
「今日はスイッチも入らず、手応えもありませんでした。こんな馬ではないのですが......」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 9日 (土)

NHKマイルC / 京都新聞杯 with 新潟大賞典 in 2015

Classic_logo

◆NHKマイルC

150510tok11d

150510tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150510tok11z 150510tok11k 150510tok11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Nhkcphoto01 Nhkcphoto02
Nhkcphoto03 Nhkcphoto04
Nhkcphoto05 Nhkcphoto06


◆京都新聞杯

150509kyo11d
※全馬リプレイを見てないのでマークは暫定

150509kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150509kyo11z 150509kyo11k 150509kyo11l 2200 


◆新潟大賞典

150510nii11d

150510nii11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150510nii11z 150510nii11k 150510nii11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【NHKマイルC】(東京)~クラリティスカイが抜け出してGI初制覇

1着 クラリティスカイ(横山典弘騎手)
「道中はずいぶん引っかかってしまい、しんどかったのですが、がんばってくれました。ペースが遅かったので、4コーナー手前では我慢するのに一苦労でした。位置取りは狙っていた通りです。レコード勝ちもしていますし、具合だけよければと思っていました。弥生賞、皐月賞とデキに関していまひとつピンと来ませんでしたが、スタッフの皆さんがしっかりと仕上げてくれました。返し馬の感じから、真っ向勝負に出られると思いました。状態だけよければと思っていたので、スタッフと馬に感謝したいです。まだ若いですし、まだよくなる余地がありながら、こういうレースができました」

2着 アルビアーノ(柴山雄一騎手)
「逃げるつもりでした。初めて控える形になったのですが、牧場や厩舎のトレーニングのおかげでしっかり走ってくれました。最後は『なんとかしのいでくれ』と思ったのですが......。でも、このパターンでレースができたのは収穫です。勝たせてあげたかったです」

3着 ミュゼスルタン(大江原哲調教師)
「もう少しペースが流れてほしかったです。欲をいえばキリがないのですが、前残りのペースの中でよく来ていました。ジョッキーは『まだ先のある馬だから』と言っていました。だいぶ落ち着いてきたので、課題をひとつクリアしてくれました。パドックでオーナーと話していて、『この馬がライバルだね』と思っていた馬が勝ちました。距離はこのぐらいがいいのかなと思います。いずれはGIを勝てるでしょう」

4着 アヴニールマルシェ(北村宏司騎手)
「うまくスタートが切れて、出たなりにレースをしました。もう少しハミをとってくれると思ったのですが......。前回より少し前の位置でしたが、ガツンと来るところがありませんでした。こんなものではありません」

5着 グランシルク(戸崎圭太騎手)
「馬は落ち着いて走ってくれました。馬群を割ってきてくれましたが、もう少し流れが速ければ......」

6着 ヤングマンパワー(松岡正海騎手)
「現状の力は出せたと思います。まだこれからの馬ですし、今日がいい経験になればと思います。さらに脚を使えるようになるでしょう。まだ体や精神的にも子どもっぽいところがあります」

7着 フミノムーン(幸英明騎手)
「ハミを噛んでいた分、最後は同じ脚色になってしまいました。折り合いがつけば、マイルまでは走ってくれそうです」

8着 ニシノラッシュ(田辺裕信騎手)
「ペースを考えるといい位置でしたが、今日は時計が速かったです」

9着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「スローペースでしたが、我慢してくれました。結果につながりませんでしたが、悪くない走りをしていました」

10着 コスモナインボール(和田雄二調教師)
「状態がよすぎたせいか、ゲートで駐立が悪かったです。練習しないといけません」

11着 ダノンメジャー(武豊騎手)
「いい位置をとれましたが、力んでいて最後は余力がありませんでした」

12着 グァンチャーレ(蛯名正義騎手)
「中間順調にいきませんでしたから、これからよくなってくると思います。伸びそうな感じでしたが、不利がありました。マイラーだと思います」

13着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「スタートはしっかりと切ってくれました。ポジションをとりたいと思っていて、勝ち馬の隣だったので、いい位置でした。折り合いも我慢してくれて、リズムよく運べました。しかし、4コーナーでペースが上がったときに前走のような反応がなく、モタモタして置かれてしまいました。勝った馬が上がっていったときについていければよかったのですが......」

14着 クールホタルビ(吉田豊騎手)
「もう少し前につけたかったです。短い距離の方がいいかもしれません」

15着 ナイトフォックス(田中勝春騎手)
「馬の間で力んでいました」

16着 レンイングランド(内田博幸騎手)
「後続に交わされるのをもう少し待ってもらえればよかったのですが、一気に交わされてしまいました。いいペースだったのですが......」

17着 マテンロウハピネス(浜中俊騎手)
「GIのメンバーでもがんばってくれました。素質はあります」

18着 タガノアザガル(松田大作騎手)
「現状はマイルだと少し長い感じです。今後の成長に期待します」

【新潟大賞典】(新潟)~ダコールが重賞初制覇を飾る

1着 ダコール(小牧太騎手)
「今日は馬が強かったです。勝たせてもらいました。先行馬が少なくて、後ろからの競馬では苦しいと思っていました。今日は持ったままで5~6番手のいい位置をとれたのが勝因だと思います」

2着 ナカヤマナイト(L.オールプレス騎手)
「調教師から『今までよりも前の位置でレースをしてくれ』という指示で、4~5番手でレースをしました。直線で併せる馬が周りにいなくて、どうしても追い出しが早くなってしまいました」

3着 アルフレード(津村明秀騎手)
「とにかく折り合いに専念しました。残り400mまではとにかく我慢。最後は弾けてくれました。だいぶ復調してきました」

4着 アーデント(石橋脩騎手)
「調子もよかったし、とにかく気持ちよく走らせることだけを考えていました。最後も手応え十分で、これならと思いました」

【京都新聞杯】(京都)~サトノラーゼンが重賞初制覇

1着 サトノラーゼン(川田騎手)
「前の馬が飛ばしてくれましたので、折り合ってレースが出来て、スムースにスペースを見つけて抜け出すことが出来ました。これでダービーへ出走出来ることになりますが、元々素質の高い馬ですから、ダービーでも上手にレースが出来ると思います」

2着 ポルトドートウィユ(武豊騎手)
「いい感じのレースが出来て、直線は勝てるのではと思いました。まだこの馬は能力を出し切っていません。でも何とか賞金は加算出来ました。この馬が本格化するのはもう少し先だと思います」

3着 アルバートドック(藤岡康騎手)
「もうちょっとだったのですが...。枠は外でしたが、いいポジションが取れて、うまく内にもぐり込んでレースが出来ました。最後もしっかり伸びているのですが、着差が着差だけに賞金を加算出来ず申し訳ないです」

4着 トーセンバジル(岩田騎手)
「もうひと伸び欲しかったですね。でもこの馬はこれからの馬ですから、成長に期待です」

5着 ダノンリバティ(浜中騎手)
「スタートを上手に出て、いい形でレースが出来ました。折り合いもうまくついたのですが、追い出してからはジリジリした感じの伸びでした。現状では2000m以下の距離の方が合っているかもしれません」

12着 リベレーター(太宰騎手)
「3~4コーナーは馬場が緩い感じ。トモが甘い分、響きました。でもまだ良くなってきそうな感じです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

皐月賞 with アンタレスS in 2015

Classic_logo

◆皐月賞

150419nak11d

150419nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150419nak11z 150419nak11k 150419nak11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆アンタレスS

150418han11d

150418han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150418han11z 150418han11k 150418han11l 1800 


◆レース後のコメント by Nikkei

【皐月賞】(中山)~ドゥラメンテが末脚一閃でV

1着 ドゥラメンテ(M.デムーロ騎手)
「ありがとうございます。追い切りの動きもよく、乗りやすい馬ですが、4コーナーだけ困りました。初めての右回りでテンションも高く、馬がびっくりしたようです。この馬は乗りやすく何でもできる馬ですが、テンションの高さだけは課題です。今日は勝つことができて本当によかった。うれしいです」

2着 リアルスティール(福永祐一騎手)
「キタサンブラックの後ろで、終始余裕のあるなかでレースを進められました。口向きなど変なところはありませんでした。ただ、うまくいきすぎた感じがあります。先頭の馬がもっとがんばるかなと思いましたが、早めに先頭に立ってしまい、並ぶ間もなく交わされて、完敗でした。勝ちにいく競馬をして負けたので、現時点での力は出せたのではないでしょうか。まだこれからの馬ですし、スタートのセンスのよさを生かして、次は距離がさらに長くなりますが、上手に走ってくれるでしょう」

3着 キタサンブラック(浜中俊騎手)
「行く馬がいなければ逃げようと思っていましたが、行く馬がいたので、それを見ながら行きました。スプリングSのようなスムーズな流れでした。しかし、上位とは決め手の差が出ました」

4着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
「イメージ通りの競馬で初めて内を縫って伸びてきましたが、切れ味では分が悪いです。東京なら直線が長い分、余裕を持って乗れますからね。今日はゲート内でもおとなしかったですし、折り合いもつきました。いい感じに成長していると思います」

6着 サトノクラウン(C.ルメール騎手)
「道中はうまくリズムに乗れました。しかし、4コーナーで動きたかったときに他の馬に押される感じになって、大外を回る形になってしまいました。そこで勝つチャンスを失ってしまいました。とてもいいパフォーマンスを見せてくれると思っていただけに残念です。ダービーの舞台は向いていると思うので、次こそはいいパフォーマンスを見せたいです」

7着 ミュゼエイリアン(柴山雄一騎手)
「道中は折り合いがついて、脚をためることができました。しかし、4コーナーでリアルスティールが動いたときに離されてしまいました。ついていければよかったのですが......」

8着 ダノンリバティ(岩田康誠騎手)
「末脚に賭けるレースをしましたが、力みがありましたし、うまく運べませんでした」

10着 コメート(嘉藤貴行騎手)
「好位で折り合いました。自分の競馬はできていますが、前に行った馬にはきつい展開になりました」

【アンタレスS(GIII)】(阪神)~クリノスターオーが重賞3勝目

1着 クリノスターオー(幸騎手)
「強いと思っていたアジアエクスプレスをマークして行く形になりました。道中はずっと手応えが良かったです。抜け出すとソラを使う面があるので、ギリギリまで追い出しを我慢して行きました。この馬にはいい時に乗せてもらっています。これからどんどん活躍してくれると期待しています。自分が騎乗しているホッコータルマエに迫るものがあると感じています」

2着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「行きっぷりが良くて、道中もうまく行きました。もう少し外枠なら内を見ながら行けたのですが...」

3着 ナムラビクター(M・デムーロ騎手)
「いいレースでしたが、直線で物見をしていました。期待に応えられず、すみませんでした」

4着 ダノンバトゥーラ(浜中騎手)
「初めての重賞でこれだけやれたということは力をつけているということでしょう。これから強い相手に揉まれていけばまだまだ良くなると思います」

5着 イッシンドウタイ(和田騎手)
「スムースなレースは出来ました。ズブい感じはありますが、動かせば動く感じで、ここに来て力をつけています。今日は勝ち時計が速すぎですね」

6着 ローマンレジェンド(岩田騎手)
「3コーナーで下がって来た馬のあおりを受けてしまいました。まだ衰えてはいませんし、馬体重も問題ありません。今日は運がありませんでした」

7着 タガノゴールド(北村友騎手)
「道中は忙しかったのですが、終いは伸びていました。もう少し追走に慣れてくれば良くなると思います」

10着 サンレイレーザー(藤岡康騎手)
「いい位置を取りに行こうとしたのですが、ペースが上がって追走一杯という感じでした。重賞のペースにもう少し慣れて欲しいです」

13着 マルカプレジオ(福永騎手)
「伸びなかったです。敗因は分かりません。もう少し差を詰めて欲しかったです。道中から少しフワフワしていたような感じでした」

14着 アスカノロマン(太宰騎手)
「中団からのレースはイメージ通りでした。しかし、3コーナーあたりで手応えが怪しくなりました。勝つ時は強いレースをしますが、まだ精神的にしっかりしてくる必要があるのかもしれません」

16着 サミットストーン(酒井騎手)
「3コーナーで仕掛けに行ったところで、手前を替えた時にトモがついていかなかったのか、下がってしまいました。せっかく阪神まで来てくれたのですが、残念でした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

桜花賞 / ニュージーランドT with 阪神牝馬S in 2015

Classic_logo

◆桜花賞

150412han11d

150412han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150412han11z 150412han11k 150412han11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆ニュージーランドT

150411nak11d

150411nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150411nak11z 150411nak11k 150411nak11l 1600_2 


◆阪神牝馬S

150411han11d

150411han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
150411han11z 150411han11k 150411han11l 1400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【桜花賞(GI)】(阪神)~1勝馬レッツゴードンキが4馬身差で圧勝、ルージュバックは9着に敗れる

1着 レッツゴードンキ(岩田騎手)
「前に行きそうな馬が主張しなかったので、他の馬を見ながらと考えていましたが、牽制しすぎて馬とケンカするよりはと思って行きました。最後は後続がいつ来るかと思いましたが、前半の貯金を生かせました。惜しい競馬が続いていましたが、ここで力のあるところを見せられて嬉しいです」

(梅田智之調教師)
「小さい頃から栗東で育ってきて、阪神の桜花賞というレースに華やかさを感じていたので、勝てて本当に嬉しいです。今日は目一杯の仕上げで、馬も応えてくれました。調教では折り合う練習をしていましたが、ジョッキーの判断も良かったと思います。今後、オークスへ行くか、マイル路線に行くかは、オーナーと相談して、様子を見て決めます。GIを勝って、(オーストラリアで死亡した)アドマイヤラクティに恥ずかしくない競馬が出来るようにと、スタッフみんなで一丸になってやってきました。これでアドマイヤラクティにもいい報告が出来ます」

2着 クルミナル(須貝尚介調教師)
「前走は道悪が敗因であり、力のあることは証明しましたから、次のオークスで挽回です。今日はペースを作った岩田騎手を褒めるしかありません」

3着 コンテッサトゥーレ(ルメール騎手)
「珍しいレースになりましたが、3着で、いいパフォーマンスでした」

4着 クイーンズリング(M・デムーロ騎手)
「テンションや位置取りは良かったです。今日は馬場が重く、何度もすべっていましたし、最後は馬が疲れてしまいました。ペースも遅かったです」

5着 ノットフォーマル(黛騎手)
「いい形で運べましたし、離されましたが、最後は盛り返しています。力は出せたと思います」

9着 ルージュバック(戸崎騎手)
「馬の感じは前走同様、どっしりしていました。ペースがペースでしたし、もう少し前で競馬をすれば良かったです」

(大竹正博調教師)
「距離なのか、馬場なのか、ペースなのか、色々ありますが、よく分かりません。結果を出せず、申し訳ありません。馬の様子を見て、また巻き返したいと思います」

10着 ココロノアイ(横山典騎手)
「今日は運がありませんでした」

(尾関知人調教師)
「まるで向かないレースになってしまいました。ここで我慢したことが、オークスにつながればと思います」

14着 ムーンエクスプレス(松山騎手)
「あまりにペースが遅く、口を割る格好になってしまいました。こういう競馬になるなら行ってしまえば良かったかもしれません」

15着 ローデッド(川島騎手)
「スタートは気をつけていましたが、遅れてしまいました。そこから押し上げましたが、距離も長い方がいいと思います」

【NZT】(中山)~ヤマカツエースがゴール前で抜け出す

1着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「父の管理する馬で久しぶりに重賞を勝つことができて嬉しいです。並ばれると少しハミを噛んでいくところがあるので、折り合いをしっかりつけようと思っていました。いい位置で折り合いもつきました。ギリギリまで後ろにいて、これ以上ないタイミングで追い出しましたが、最後はよくしのいでくれました。NHKマイルCでは直線がさらに長くなるので、仕掛けどころひとつだと思いますし、考えて乗りたいと思います」

(池添兼雄調教師)
「うまくいい位置につけて、馬場のいいところを通ることができました。1400mまでの馬かと思っていましたが、坂を上がっても我慢してくれました。1600mももってくれてよかったです。楽しみが広がりました」

2着 グランシルク(戸崎圭太騎手)
「スタートの前に外の音に反応していて、出遅れました。致命的なところからよく伸びてくれました。力のあるところは見せられましたし、本番が楽しみです」

3着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「ちょっと力んだ分、伸び切れませんでした。馬場はこなしてくれたとはいえ、ベストではありません。本番でがんばります」

4着 ナイトフォックス(大竹正博調教師)
「昨年の雪辱と思って夢を見ましたが......。しかし、反応の早さはすごいですね。今後はそれが持続できるようになればいいと思います」

5着 ネオルミエール(柴山雄一騎手)
「道中からリラックスして走っていましたし、前走と比べると終いに脚を使ってくれています。伸びてはいますが、弾けてはいません」

9着 ジャストドゥイング(三浦皇成騎手)
「一瞬伸びかけましたが、道中でノメっていた分、最後止まってしまいました。自分からレースを作る形のほうがいいかもしれません」

11着 タケルラムセス(江田照男騎手)
「道中は楽についていけましたし、馬場はこなしてくれました」

【阪神牝馬S】(阪神)~カフェブリリアントが3連勝で重賞V

1着 カフェブリリアント(福永祐一騎手)
「今日はスタートしてから馬なりでいいポジションをとれました。あまり出していくとムキになってしまいますから、イメージ通りに運ぶことができました。2着馬はしぶとかったのですが、追って伸びることはわかっていましたから、心配していませんでした。次はマイルということになりそうですが、レースの幅は広がりましたね。楽しみです」

2着 ベルルミエール(川島信二騎手)
「今日は勝ち馬にうまく走られました。ただ、自分の形に持ち込んだら、この馬もこれぐらいはやれる力があります」

3着 ウリウリ(浜中俊騎手)
「枠や展開が向きませんでした。内枠だったら、もう少し楽なレースができたと思います」

4着 スマートレイアー(武豊騎手)
「レースとしてはうまくいったのですが、直線で伸びませんでした。本当によくなるのは次でしょうか」

5着 マコトナワラタナ(川田将雅騎手)
「内枠からスムーズにレースができました。よくがんばって走っています」

6着 レッドリヴェール(C.ルメール騎手)
「いいスタートからレースをしましたが、4コーナーでは流れに乗れませんでした。でも、最後はいい脚を使っています。次はマイルで期待できそうです」

8着 ダンスアミーガ(M.デムーロ騎手)
「好スタートから、いいペースでレースができましたが、直線ではスペースがありませんでした。残念です」

9着 ホエールキャプチャ(蛯名正義騎手)
「道悪はあまりよくないですね。伸びそうな感じでしたが、最後は走りづらそうでした。具合がよかっただけに残念です」

12着 コナブリュワーズ(秋山真一郎騎手)
「内枠の馬で決まったレースでしたからね。オープンのペースに慣れていければと思います」

13着 メイショウマンボ(武幸四郎騎手)
「馬の状態はよく、今日は走ると思っていたのですが......。気性の問題でしょうか。道中はいい感じなのですが、直線では耳を絞ってイヤイヤしながら走っていました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月21日 (日)

朝日杯フューチュリティS with 愛知杯 in 2014

Classic_logo

◆朝日杯フューチュリティS

141221han11d

141221han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141221han11z 141221han11k 141221han11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Fsphoto01 Fsphoto02
Fsphoto03 Fsphoto04
Fsphoto05 Fsphoto06


◆愛知杯

141220chu11d

141220chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141220chu11z 141220chu11k 141221han11l_2 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【朝日杯FS】(阪神)~関東馬ダノンプラチナが3連勝でGI初制覇

1着 ダノンプラチナ(蛯名正義騎手)
「綺麗なフットワークの馬ですし、馬場のいいところを走らせようと思い、意識的にスタートで前へ出して行きませんでした。道中は有力馬を前に見ながら、手応えよく追い出しのタイミングを計るような感じでした。直線はいい伸びでした。テンションが上がりすぎることなく、調教でコントロールしやすく作ってもらっていました。今後はまだわからない部分も多いですが、来年を楽しみにしたいと思います」

2着 アルマワイオリ(勝浦正樹騎手)
「道中ペースが緩んだところで少し力むところはありましたが、直線はよく伸びて力を見せてくれました。ここを目標に仕上げてもらって、一戦ごとに馬がよくなっていました。2着は悔しいですが、この馬の力は見せられたと思います」

3着 クラリティスカイ(岩田康誠騎手)
「今日のような馬場ですし、どこを走らせればいいのかレース前に考えていました。レースではしっかり走らせることができました。直線では少しダラダラした感じの伸びになりましたが、今後は距離が延びても大丈夫だと思います」

4着 ネオルミエール(柴山雄一騎手)
「奇数枠だったのでゲート内で待たされたこともあり、スタートで遅れて位置取りが後ろになってしまいました。馬場の悪いところを走らされたのに直線は伸びていますし、決して力負けではないと思います」

6着 タガノエスプレッソ(菱田裕二騎手)
「3コーナーから内の馬にぶつけられてリズムを崩してしまいました。それでも最後まで我慢していますし、以前に比べて力をつけている感じがします」

7着 ブライトエンブレム(田辺裕信騎手)
「1600mの少し速い流れで、脚を溜めるところがありませんでした。勝ちに行く競馬はできましたが、来年に向けていろいろ課題が見つかったレースだと思います」

【愛知杯(GIII)】(中京)~ディアデラマドレが人気に応えて重賞3勝目

1着 ディアデラマドレ(藤岡康騎手)
「ウォーミングアップの動きからも道悪の馬場は苦にしないと思っていました。最後は狭いところを割って来て、いい内容だったと思います。精神的にも肉体的にもパワーアップしてきて、来年に向けて楽しみなレースが出来たと思います」

2着 キャトルフィーユ(ムーア騎手)
「馬場もこの馬には合っていなかったし、距離ももう少し長い方がこの馬には向いていると思います」

4着 シャトーブランシュ(松山騎手)
「スタートも良く、うまく流れに乗れました。手応え十分で回って来て、残り僅かまで先頭だっただけに悔しいです」

5着 パワースポット(大野騎手)
「道中、力んで走っていましたが、それでも最後までしっかりと走っていました。馬場も気にせず、このクラスでも通用するのが分かりました」

6着 フーラブライド(酒井騎手)
「展開も読みもはまりましたが、勝った馬が強かったです。馬場も影響しました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月13日 (土)

阪神JF with チャレンジC / カペラS in 2014

Classic_logo

◆阪神ジュベナイルフィリーズ

141214han11d

141214han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141214han11z 141214han11k 141214han11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Jfphoto01 Jfphoto02
Jfphoto03 Jfphoto04
Jfphoto05 Jfphoto06


◆チャレンジC

141213han11d

141213han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141213han11z 141213han11k 141213han11l 1800 


◆カペラS

141214nak11d

141214nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
141214nak11z 141214nak11k 141214nak11l 1200 


◆レース後のコメント by Nikkei

【阪神JF】(阪神)~ショウナンアデラが3連勝でGI初制覇

1着 ショウナンアデラ 蛯名正義騎手
「スタートはあまりよくありませんでしたが、切り替えてジッとしていました。一度は控える競馬をしてみたいと思っていましたし、最後は本当にいい脚でした。新しい面を見せてくれましたし、収穫も大きかったですね。はじめて馬群に入って少しモタつきましたが、2着馬が前にいたのでうまくついて上がって行けました。直線で外に出したときには間に合うかな、と思いました。来年もいい競馬ができるようにまたがんばりたいです」

3着 ココロノアイ 尾関知人調教師
「先を考えれば、次へつながる競馬ができたと思います。馬の雰囲気もよかったですし、輸送もクリアしてくれました。来年いい勝負ができるように、またがんばります」

6着 スマートプラネット 酒井学騎手
「自分の形でレースができました。道中のリズムがよかったし、よくがんばっています」

7着 レオパルディナ 武豊騎手
「テンションは高かったのですが、折り合いはつきました。その分、終いまで伸びていました。ベストの距離ではありませんが、がんばっています」

8着 ロカ 和田竜二騎手
「ゲートをくぐったときにゲートを切られてしまいました。キャリアの浅さが出てしまいました」

9着 オーミアリス 国分優作騎手
「勝った馬を見ながらの競馬でしたが、ちょっと向正面で不利がありました。そのときなのかはわかりませんが、落鉄してしまいました。その影響で直線も反応せず、終いも止まりました。距離も坂も初めてでしたが、それが敗因とは思えません」

16着 エフェクト 藤岡佑介騎手
「距離が長いことはわかっていたので、折り合いに気をつけましたが、ペースが落ち着いたときに行きたがってしまい、コントロールがきかなくなってしまいました」

17着 トーセンラーク 四位洋文騎手
「デキはよさそうでした。しかし、不利がこたえました。GIなので激しくなるのは仕方ありません」

【チャレンジC(GIII)】(阪神)~トーセンスターダムが復活の重賞2勝目

1着 トーセンスターダム(武豊騎手)
「道中はいい感じで走らせることが出来ましたし、直線もいい感じで外に出せて、ようやくこの馬らしい走りが出来ました。元々能力の高い馬ですし、これをキッカケに来年は活躍して欲しいですね」

2着同着 デウスウルト(川田騎手)
「いい内容の走りで、直線もいい伸びでした。よく頑張って走っています」

2着同着 フルーキー(浜中騎手)
「スタートは上手で、道中もスムースに運べました。これから先も期待の馬、本当にしっかり走ってくれました」

4着 アズマシャトル(和田騎手)
「思ったより前へ行けましたし、絶好の流れと思ったのですが、スローペースだったここ2戦ほど弾けませんでした。内容としては悪くはありません。スローペースで今日のような位置でレースが出来るなら楽しみだと思います」

5着 ダイワマッジョーレ(ビュイック騎手)
「ゲートで体重が後ろにいった時にスタートが切られて出負けする形になりました。馬の状態が良くなっていたようで、後方の位置でもこの馬の走りは出来ました。直線もしぶとく伸びました。出遅れがなければ上位とはもう少し際どかったと思います」

6着 スマートレイアー(池添騎手)
「4コーナーで進路を迷って、勝ち馬の外に行きました。力みながらも道中我慢して走ってくれましたが、結局5着馬に差し返されました。もう少しスムースに走っていれば際どいレースが出来たのですが...」

7着 マコトブリジャール(秋山騎手)
「阪神の1800mは本当にスムースに手応え良く走ります。前に行った馬の中では一番頑張っていますからね」

8着 ウインフルブルーム(国分恭騎手)
「直線でまったく伸びがありませんでした。初めて乗ったのでよく分かりませんが、今日は走りに集中出来ていない感じでした」

9着 エイシンヒカリ(岩田騎手)
「まったくムキにはなっていませんでした。この馬のペースでレースをしましたが、4コーナーで脚色が悪くなりました」

【カペラS】(中山)~ダノンレジェンドが逃げて5馬身差V

1着 ダノンレジェンド 丸田恭介騎手
「終始、後続の影を踏ませない形で、本当に強かったです。毎回スタートが遅れ気味なので、スタートには細心の注意を払いました。前半の流れが速いのはわかっていましたし、ゴールするまでしっかりと追いました。重賞はいくつか勝たせてもらっていますが、勝ち星は伸びていないので、そこが自分の課題です。来年は今年の倍は勝ちたいです」

2着 サトノタイガー 御神本訓史騎手
「中央のレースでは尾を持ってもらってのスタートができず、少し遅れる形になりました。それでも自分の形はできました。スプリンターではないので、1400mくらいの方がいいかもしれません」

3着 メイショウノーベル 津村明秀騎手
「勝った馬が強かったですが、この馬自身よくがんばっています」

5着 タールタン 後藤浩輝騎手
「逃げ馬の後ろを取り切るべきでしたが、主張しきれませんでした。ポジションがひとつ前なら、2着まであったと思うのですが......」

6着 ダッシャーワン 北村宏司騎手
「上ずった駐立から、一歩目で遅れました。そこから最後までリズムを取り戻せませんでした」

7着 タイセイファントム 内田博幸騎手
「流れが速く、脚を使わされました。いいところを通ってはいるのですが......」

10着 サトノプリンシパル 川須栄彦騎手
「スタートよく、いい位置がとれましたが、4コーナー手前から反応が悪くなり、前に離されました」

12着 ノーザンリバー 三浦皇成騎手
「前が速く、58キロでこの流れでは最初から手応えがありませんでした。馬に嫌気が差したようでした」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ