◆古馬戦(2010年施行)

2010年12月26日 (日)

有馬記念 in 2010

◆有馬記念の予想

101226nak10d

ブエナビスタの強さはよ~くわかっています。Photoパをみた時は「あれ?」とか思いましたが、調教を見る限りデキ落ちは感じられません。深い踏み込みも健在で、映像に迫力があります。順当ならばこの仔が力の差を見せ付けるシーンが当たり前に想像できます。

しかしこの秋、ずっとブエナ包囲網を敷く予想をしてきた者にしては、ココにきて本命を打つわけにはいきません。目に見えない連戦の疲れがあり、適性の向き不向きや紛れの多いコースという舞台設定で最も期待値が下がるのが今回ですからね。

負けても納得なスタンスで、今年最も思い入れた仔に一票投じようと思います。

◎①ヴィクトワールピサ

昨年の若駒戦からずっと追いかけて、弥生賞、皐月賞、そしてダービーとずっと本命を打ち続けた仔です。走法的に合わない海外遠征を強いられ、立て直し途上のJCではヨレてふらつきながらも3着を死守したのはまさに能力の証明。距離不安がささやかれる今回も、絶好枠を引き当てたことで乗り越えてくれると思っています。中間の調教も一週前では遅れてしまったものの、今週は追われてグンッと加速する素晴らしいものに見えました。ブエナ嬢に子ども扱いされた前走時よりも確実に状態アップしています。

さて、悩ましい展開ですが。。。巷ではスローがささやかれていますが、どうなるんでしょう? 勝つことを前提に考えるとブエナビスタよりも前に行かなければならないわけで、意識は各馬前にあると思います。飛ばせる仔がいないのを加味して、超絶ペースにはならないにしてもスローにはならないというのがボクの見解。んで、適性や走法から現実に前に行けそうなのはヴィクトやネヴァブ、それからダノシャやフラッシュといったところでしょうか?もちろんブエナも前に行けます^^; 残りは、スタート下手だったり、大とびだったりで行きたくても行けないような気がします。

馬券はこのあたりで良い……いや、ブエナの後ろから差し切る可能性と能力を持ち合わせているドリジャも加えなくちゃいけません(笑) 全部は買えないので、故障明け久々のダノシャと底力未知のフラッシュをココで省きます。

ドリジャは言わずと知れた昨年の覇者。実際にブエナを差し切った実績の持ち主ですが、今年はいまいち煮え切らない結果しか残せていません。それでも、坂路中心の追い切りに変えた理由はボクにはよくわかりませんが、映像を見る限りマイナスポイントはなさそうです。

ネヴァブは少し能力的には劣る気がしますが、中山巧者ってのが不気味な存在。過去走を見ると自身の足りないところを、ラチで相殺するのが非常に上手いイメージがあるんですよね。で、今回は願ってもない内枠!妙味含めて是非買いたいですね。

☆買い目☆
単 勝 ①ヴィクトワールピサ
馬 連 ①-⑦
3連複 ①-⑦-②⑫(フォメ:2点)


◆有馬記念の結果

101226nak10s

101226nak10b1 101226nak10b2


レース後のコメント by Nikkei

1着 ヴィクトワールピサ(デムーロ騎手)
「写真判定の結果を待っている間、自分の馬(が1着)であって欲しいとずっと祈っていましたが、本当に長く感じられました。ゴールの瞬間は自分の馬の頭が下がっているように思えたのですが、前に出ているかは分かりませんでした。いい位置につけられましたし、オーナーや先生からもなるべく前の方につけて欲しいという指示だったので、その通りのレースが出来ました。ヴィクトワールピサには本当にありがとうと言いたいですし、この勝利を妻と2人の子供と家族に捧げたいと思います」

2着 ブエナビスタ(松田博資調教師)
「枠の差もありましたからね。よく頑張ってくれました。これも勝負ですから仕方がありません」

3着 トゥザグローリー(ウィリアムズ騎手)
「スタートも上手に出て、ベストなレースが出来ました。4コーナーで外に膨れたのが残念でした」

4着 ペルーサ(藤沢和雄調教師)
「スタートも決まったし、好位につける競馬が出来ましたから、次に繋がる内容だったと思います。この後は一息入れて、1度使ってから春の天皇賞を考えています」

6着 ルーラーシップ(ルメール騎手)
「道中折り合いがついてリズム良く走れましたが、最後のもうひと伸びが足りませんでした」

7着 エイシンフラッシュ(内田博騎手)
「スタートがあまり良くなかったので、無理をせず後ろからの競馬になりました。それなりに最後は伸びているのですが…。ただ、まだ3歳ですし、これから成長していく馬です。今日はいい経験になったと思います」


◆参考資料

○Photoパ比較
Photo01
Photo02
Photo03
Photo04
Photo05
Photo06

○過去のラップ
2009年(35.8-36.4-36.0) 6.8-11.0-11.2-11.3-11.9-12.3-12.6-12.3-12.5-12.1-12.0-11.7-12.3
2008年(36.9-36.5-36.4) 6.9-11.2-11.9-11.2-11.9-13.0-13.2-12.4-11.5-11.9-12.0-11.7-12.7
2007年(36.2-37.7-36.4) 6.9-11.2-11.2-12.1-12.4-13.4-13.2-12.5-11.9-12.4-12.2-11.7-12.5
2006年(37.1-37.1-35.4) 7.1-11.5-11.4-11.3-11.8-12.8-12.9-12.7-12.2-12.8-12.2-11.2-12.0
2005年(37.1-37.0-35.5) 7.0-11.4-11.7-12.1-12.9-13.0-12.2-11.8-12.0-12.3-12.0-11.4-12.1
2004年(37.1-35.9-35.6) 7.0-11.6-11.5-11.7-12.3-12.4-12.0-11.7-11.8-11.9-11.6-11.6-12.4
2003年(36.4-36.6-35.6) 7.0-11.2-11.2-11.2-11.6-12.3-12.9-12.6-12.2-12.7-11.7-11.7-12.2
2002年(37.6-36.9-35.8) 6.8-11.5-12.5-12.9-12.0-12.7-12.8-12.3-11.5-11.8-11.4-11.7-12.7
2001年(37.9-37.5-34.6) 6.9-12.0-12.1-12.1-12.7-13.6-13.2-12.6-11.8-11.5-11.3-11.3-12.0
2000年(38.9-36.5-37.2) 7.2-12.0-12.5-12.2-12.3-13.0-12.7-11.9-11.3-11.8-12.3-12.2-12.7

○中山芝2500m(内)コース図
2500

○前哨戦データ
Photo

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

中日新聞杯 in 2010

◆中日新聞杯の予想

101210d

当初、小倉大得意の⑨ナムラクレセントを本命にしようと思ってましたが、なんとも不満の残る追い切りでやめました。

◎⑦ゲシュタルト

追い切り映像からはこの仔で良いのではないかと……秋の不振は気になりますが、京都内回りで重賞制覇している素質を買って本命にします。

相手は、⑭エアシャトゥーシュ。⑧コスモファントム。何れも調教映像からのピックアップです。実績、能力からは①トゥザグローリー、③バトルバニアン、⑨ナムラクレセントあたりかなぁ?

☆買い目☆
単 勝 ⑦ゲシュタルト
馬 連 ⑦-⑧⑭
3連複 ⑦-⑧⑭-①③⑧⑨⑭(フォメ:7点)


◆中日新聞杯の結果

101210s

101210b_2


レース後のコメント by Nikkei

1着 トゥザグローリー M.デムーロ騎手
「内を進んで、最後はうまく抜けてきてくれました。前走はマイルの競馬でしたが、マイルの方がレースはしやすいと思います」

池江泰郎調教師のコメント
「有馬記念に登録はするつもりです。リズムの悪い競馬をずっとしていましたが、今日はその鬱憤を晴らしてくれましたね。能力あるし、来年が楽しみです」

2着 コスモファントム 太宰啓介騎手
「力は出し切ってくれました。前半は楽でしたし、今日は勝った馬が強かったです」

3着 ゲシュタルト 池添謙一騎手
「いいリズムで走っていたし、馬も体調が戻ってきました。今日は勝った馬が強かったです」


◆参考資料

○小倉芝2000mコース図
2000

○前哨戦データ
Photo
※今年は小倉競馬場での施行なので、参考程度に

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

ジャパンカップダート in 2010

◆ジャパンカップダートの予想

101205jcdd

◎③トランセンド

調教も良かったし、問題はなさそう^^ 人気になっちゃったみたいだけど、それはそれで仕方ない(笑) みんなが証明してくれてるとプラスに考えます♪

☆買い目☆
単 勝 ③トランセンド
馬 連 ③-⑬
3連複 ③⑬-①②⑪⑫⑭(フォメ:5点)


◆ジャパンカップダートの結果


101205jcds

101205jcdb_2 

おおおっ!コレはもしや、Photoパ本命→本番本命の流れでの初勝利っ!

千両賞ではどうかと思ったけど……藤田くん、よくやった! そして、ありがとう^^


レース後のコメント by Nikkei

1着 トランセンド 藤田伸二騎手
「人気に応えることができて嬉しいですね。スピードのある大型馬で、とにかくこの馬のリズムでレースをすることを第一に考えて臨みました。大型馬でストライドの大きな馬なので、思っている以上にスピードが出ています。とにかく前走と同様のメンバーで外国馬がいない中、絶対に勝ちたかったですからね。GIホースになった今後は胸を張って勝ち続けて欲しいですね」

2着 グロリアスノア 小林慎一郎騎手
「1コーナーであのまま行ったら、前まで行ってしまいそうな勢いだったので、あえて下げました。直線では馬群を縫って伸びてくれました。勝負どころの反応が以前に比べてよくなっていて、闘争心が増しているようです」

3着 アドマイヤスバル 中尾秀正調教師
「小牧騎手が真面目に走っていないと言っていました。でも、今回は本当に健闘してくれました。まだまだのびしろがありそうです」

4着 バーディバーディ 池添謙一騎手
「逃げるのはトランセンドだと思っていたので、マークしてレースをしました。直線は外に出して、勝てると思ったのですが……。3歳馬としてはよく頑張っています」

5着 シルクメビウス 田中博康騎手
「1~2コーナーで内に包まれて、外に出すのに手間取ってしまいました。結果、外々を回るレースになり、そこで脚を使ってしまいました。グロリアスノアの後ろにいたので、結果的にはその後ろを進んでいけばよかったかもしれません」

7着 ラヴェリータ 岩田康誠騎手
「ゲートからスッと出て、イメージ通りでしたが、直線は伸びませんでした」

9着 キングスエンブレム 福永祐一騎手
「これまであまり気難しい面を見せませんでしたが、今日初めてそういった面を見せました。その分、勝負どころから伸びませんでした」


◆参考資料

○Photoパ比較
Cdphoto01
Cdphoto02
Cdphoto03
Cdphoto04
Cdphoto05

○過去のラップ
2009年(36.3-36.5-37.1)12.5-11.1-12.7-12.5-11.9-12.1-12.4-11.8-12.9
2008年(36.7-35.9-36.6)12.4-11.2-13.1-11.7-11.8-12.4-12.0-12.1-12.5
※2007年以前は東京ダ2100mにて施行

○阪神ダ1800mコース図
1800_2

○前哨戦データ
Photo_3

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 4日 (土)

鳴尾記念 in 2010

◆鳴尾記念の予想

101204d

◎⑨シルポート

単純明快。逃げ切りに期待します。魅力的な差し馬がズラリと顔を揃えましたが、それだけレースが金縛りにあう危険が大だと思います。そんなのは尻目に一人旅を愉しんでくださいな(笑)

相手は強力3歳勢がそれぞれ不安を抱えるならば③アドマイヤメジャーと⑫アクシオンを上位評価にしてみます。ちなみに3歳の不安点はリルダヴァル=アドメジャに完敗。ヒルノ=外回りが脚質的にビミョー。ルーラー=久々で復調途上。。。です。

☆買い目☆
単 勝 ⑨シルポート
3連複 ⑨-③⑫-②③⑥⑦⑧⑩⑪⑫(フォメ:13点)


◆鳴尾記念の結果

101204s


レース後のコメント by Nikkei

1着 ルーラーシップ(岩田騎手)
「休み明けで、追い出してから少しモタモタするようなところがありましたが、流石ですね。折り合いもついて、どっしりと落ち着いていました。春に比べて成長して来ています」

(角居調教師)
「今のままだと賞金が足りないかもしれないようです。後は有馬記念のファン投票が明日締め切りみたいなので、ファンの皆さんよろしくお願いします。春に比べてひと回り大きくなって、この血統らしくお尻が大きくなりました。かなり芯が入ってきた感じです」

2着 ヒルノダムール(藤田騎手)
「モタれました。目に見えない疲れがあるのでしょうか。何の不利もなく、この頭数なので外を回ってもそんなにロスはなく、勝たなくてはいけないくらいに思っていたのですが…。直線はモタれるのを直すのが精一杯でした。こんなことはなかったのに…」

3着 リルダヴァル(福永騎手)
「リングハミの効果で折り合いもつきました。イメージ通りの競馬が出来ました。それにしても3歳馬は走ります。前2頭は強かったですね」

5着 ショウリュウムーン(浜中騎手)
「内枠でスタートも良く、53キロと斤量も軽く、積極的な競馬をしました。最後は強い牡馬に交わされてしまいました」

11着 リトルアマポーラ(幸騎手)
「距離的なものか、4コーナーでは手応えがありませんでした。やはりもう少し長い方がいいのかもしれません」


◆参考資料

○過去のラップ
2009年(36.6-36.3-33.6)12.8-11.5-12.3-12.4-12.2-11.7-11.1-11.0-11.5
2008年(34.2-35.8-36.0)12.5-10.4-11.3-11.9-12.0-11.9-12.2-11.3-12.5
2007年(35.9-37.4-34.2)12.9-11.6-11.4-12.6-12.5-12.3-11.4-11.1-11.7
2006年(35.9-37.4-33.6)12.5-11.5-11.9-12.8-12.5-12.1-11.3-10.7-11.6
※2005年以前は2000mにて施行

○阪神芝1800m(外)コース図
1800

○前哨戦データ
Photo

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステイーヤーズS in 2010

◆ステイヤーズSの予想

101204sd

今週も簡易的になりますが…

◎⑨ジャミール

AR共和国杯に引き続きこの仔に期待します。前馬場なんだろうけど、誰が逃げるのか不明なメンバー構成。極端に下げすぎなければ差し切り可能と思います。

相手はインスピレーションで選択(笑)

☆買い目☆
単 勝 ⑨ジャミール
3連複 ⑨-①-②④⑤⑦⑪(フォメ:5点)


◆ステイヤーズSの結果

101204ss 

101204sb 

いや~。松岡くんは上手く乗ったなぁ^^


レース後のコメント by Nikkei

1着 コスモヘレノス(松岡騎手)
「2~3番手につけたくてスタートを気をつけました。道中は自分のペースで進め、手応えもずっと楽でした。後はどこに出そうかと考えるだけでした。距離ももちますし、天皇賞などで頑張って欲しいです」

3着 ネヴァブション(後藤騎手)
「1周目でハミを噛んで折り合いを欠いてしまいましたが、それが最後に響いたようです」

4着 モンテクリスエス(内田博騎手)
「行かないイメージがありましたが、今日は行きっぷりが良くなっていました。状態も良かったです。長い距離が合っていて、競馬がしやすいです」

5着 フォゲッタブル(デムーロ騎手)
「スローペースだったので手応えも良く、早めに動いて行きましたが、その後ペースが速くなってしまい、踏ん張りが利きませんでした」


◆参考資料

○過去のラップ
S

○中山芝3600m(内)コース図
3600

○前哨戦データ
S_2

○種牡馬実績(過去10年:良)
S_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

ジャパンカップ in 2010

◆ジャパンカップの予想

101128jcd

◎ジャガーメイル

ブエナが強いのは百も承知!なのでどっちが本命かよくわからんような馬券を構築(笑)

☆買い目☆
馬 連 ⑧-⑯
3連複 ⑧⑯-②⑦⑩⑬


◆ジャパンカップの結果

101128jcs

15:15。。。エノさんよりパドック情報神の声メールが届き、丸乗り(爆)

ふぅぅ~^^; ようやく秋GⅠ初的中! ま、儲かってはいませんがww

101128jcb_2


レース後のコメント by Nikkei

1着 ローズキングダム 武豊騎手
「今日はこれまで2戦と比べても、妙に馬が落ち着いていて、戦前は『これはどうかな?』と感じていました。内枠が欲しかったので、6番枠はよかったですし、1コーナーへの入りはエイシンフラッシュのすぐそばで、いい感じでした。道中は行きっぷりが良すぎるぐらいで、馬をなだめるほどでした。直線も不利はありましたが、そこまでは前も開いて、しっかりと伸びてくれました。GIを勝てたことは嬉しいです。今年は怪我もあり、いい馬に巡りあえないかもしれないと思っていましたが、こういう素晴らしい馬に会えて、勝利をプレゼントできたことが本当によかったです。次は1位入線で1着になりたいと思います」

橋口弘次郎調教師のコメント
「勝ちましたけど、複雑な気持ちです。秋3戦目、関東への輸送でしたから、春のように体も減るのかと思いましたが、菊花賞からマイナス2キロ。確実に馬が成長してくれています。菊花賞は位置取りが後ろすぎましたが、今日は思い通りの位置につけて、しめしめと思って見ていました。直線、不利はありましたが、そこから見せてくれた根性には目を見張るものがありました。最後のひと伸びとあの根性は本当に素晴らしかったです。これだけのメンバー相手にやれましたし、次は有馬記念に正々堂々と向かいます」

2着 ブエナビスタ C.スミヨン騎手
「ゲートを出て他馬に寄られて躓いて、後方寄りのポジションになりましたが、馬を信じて行きました。直線は内から来た馬(ヴィクトワールピサ)が隣の馬(ローズキングダム)に寄って、その隣の馬がこちらに来たので手前を替えてしまい、内にササルような感じになりました。ここは日本なので日本のルールに従います。次に向けて頑張りたい。それでもブエナビスタの力は証明できたと思います」

3着 ヴィクトワールピサ 角居勝彦調教師
「ギリギリまで走って、厳しい競馬でした。レースの後、ジョッキーからは若干距離が長いと言われました。このあとはオーナーと相談になりますが、距離が長いというならドバイを選択肢に入れて考えたいと思います」

4着 ジャガーメイル R.ムーア騎手
「自分のリズムで走るまでに時間がかかりました。ブエナビスタをマークして進みましたが、勝負どころであっという間に離されてしまいました。この馬の力は出せたと思います」

5着 ペルーサ 安藤勝己騎手
「ゲートで待たされている間、だんだんテンションが上がって、ゲートを飛んで出てしまいました。そうなると位置が後ろになって、腹をくくるしかない。直線も馬群をぬいながらあそこまで来るのだから、力はあります。まだ3歳ですし、これからですよ」

6着 メイショウベルーガ 池添謙一騎手
「スタートから積極的に出して行きました。リズムよく勝負どころも我慢してレースができました。直線、外の馬に馬なりで交わされてからもよく頑張ってくれました。力をつけているし、これからが楽しみです」

8着 エイシンフラッシュ 内田博幸騎手
「もう少し馬の後ろにつけたかったのですが……。久々だったし、まだ3歳ですからね」

12着 シンゲン 藤田伸二騎手
「ゲート早すぎるのもなぁ。最悪、こういう展開になるかもと思っていたんです」

14着 ナカヤマフェスタ 蛯名正義騎手
「なんだろう、久しぶりのせいかな。ペースも遅くて、いい感じで思い通りに行きましたが、最後は伸びなかったですね」


◆参考資料

○Photoパ比較
Cphoto01
Cphoto02
Cphoto03
Cphoto04
Cphoto05

○過去のラップ
2009年(35.2-36.1-35.1)12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3
2008年(36.6-37.3-34.4)12.6-11.6-12.4-12.6-12.6-12.8-12.6-12.0-11.9-11.2-11.3-11.9
2007年(35.6-37.4-34.3)12.9-10.7-12.0-12.3-12.2-12.7-12.8-12.6-12.2-11.3-11.1-11.9
2006年(37.0-36.9-34.3)13.1-11.5-12.4-12.1-12.0-12.7-12.7-12.4-11.9-11.5-11.3-11.5
2005年(34.7-35.6-36.3)12.5-10.7-11.5-11.8-11.8-11.9-12.0-11.8-11.8-11.9-12.0-12.4
2004年(35.9-36.7-35.0)12.8-11.2-11.9-11.7-11.8-12.0-12.3-12.8-12.7-11.7-11.4-11.9
2003年(37.7-36.8-37.4)12.9-11.7-13.1-12.4-11.8-12.2-12.2-12.8-12.2-12.0-12.4-13.0
2001年(36.3-35.9-35.7)12.9-11.0-12.4-12.7-12.6-11.5-11.2-11.6-12.2-12.5-11.2-12.0
2000年(38.0-36.3-35.6)13.1-12.0-12.9-12.5-12.5-12.4-12.1-11.6-11.4-11.9-11.7-12.0

※2003年重馬場。2002年中山開催。

○東京芝2400mコース図
2400

○前哨戦データ
Jc

○種牡馬実績(過去10年:良)
Jc_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

京阪杯 in 2010

◆京阪杯の予想

101127d

金~日まで家にも帰れず仕事です。たぶん買えないんじゃないかなぁ(T T)

《追記》
昨日ネットで見た記憶を頼りに。。。

◎ダッシャーゴーゴー

相手はスワンS敗戦組と、京洛S&福島民放杯の勝ち馬、昨年の2着馬を前走封じた上がり馬、それから理由は忘れたけど何故か気になった外枠の高齢馬。出馬表が手元になくて馬番がわからないので、買い目は後ほど追記します。

《追記》
結局、買えずじまいでした^^;


◆京阪杯の結果

101127s_2

ダッシャーゴーゴーは外回しすぎでしたね。古川騎手、コメントでは馬のせいにしていますが。。。もっと技術を磨きましょう!


レース後のコメント by Nikkei

1着 スプリングソング 池添謙一騎手
「1年7ヶ月のブランクを乗り越えて、今日もしっかり勝ってくれました。先頭に立つとソラを使う癖があり、直線両サイドから交わされましたがそこからよく盛り返してくれました」

2着 ケイアイアストン 秋山真一郎騎手
「半馬身かクビくらい1回出たのですが、もう少しでした。道中も流れに乗って折り合いもつきました。控える競馬がようやく結果に結びついてきたようです」

3着 モルトグランデ 田辺裕信騎手
「折り合いも問題なくなってきていますし、充実してきました。もう一歩ですね。終いももう少し粘れればいいのですが」

4着 スカイノダン 国分恭介騎手
「前走は前に行ってダラダラと脚を使ってしまったので、今日は脚を溜めてみようと思ったのです。最後は前が開けば差し切れたかもしれません。今日のレースなら、今後も溜める競馬の方がいいのかもしれません。重賞でもやれる馬です」

7着 トウカイミステリー 武幸四郎騎手
「まだオープンに入って2戦目ですから。でもこれならどこかでチャンスがあるかもしれません」

10着 ダッシャーゴーゴー 古川吉洋騎手
「向正面でゴチャつくところもありましたが、直線では勝てそうな手応えでした。でも一瞬で止まってしまいました。まだ3歳ですし、モロさもあるのでしょう」


◆参考資料

○過去のラップ
2009年(33.1-****-34.5)12.0-10.4-10.7-11.1-11.4-12.0
2008年(34.2-****-33.9)12.5-10.8-10.9-10.8-11.4-11.7
2007年(33.8-****-34.1)12.3-10.6-10.9-11.2-10.9-12.0
2006年(34.2-****-34.1)12.3-10.9-11.0-11.1-11.2-11.8

○京都芝1200m(内)コース図
1200

○前哨戦データ
Photo

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

マイルチャンピオンS in 2010

◆マイルチャンピオンSの予想

101121csd

◎⑧ダノンヨーヨー

更新時間の都合上、超簡易版ですんませんm(_ _)m
相手は買い目各馬です。

☆買い目☆
単 勝 ⑧ダノンヨーヨー
馬 連 ⑧-⑥⑨
3連単 ⑧-④⑤⑥⑨⑩⑰(1着固定:30点)


◆マイルチャンピオンSの結果

101121css


レース後のコメント by Nikkei

1着 エーシンフォワード(岩田騎手)
「気楽にレースに臨めましたし、展開、ペースと恵まれました。直線、内をつきましたが、馬場もそれほど荒れてなくて良かったです。1頭になってからはゴールが遠く感じました。馬がよく凌いでくれました」

2着 ダノンヨーヨー(スミヨン騎手)
「スタートが少し悪く、ポジションが思ったより2~3馬身後ろになってしまいました。直線でも前をカットされましたが、あれだけよく伸びているだけに残念です。レース展開や速いペースの競馬が初体験ということもあったかと思いますが…。負けはしましたけど、この馬の強さは分かっていただいたと思います」

3着 ゴールスキー(福永騎手)
「理想的な位置取りで、道中もいい感じでした。ただ、ハミに頼るところがあったり、まだ手前を替えないところもあります。また来年ですね」

4着 サプレザ(ルメール騎手)
「馬はベストな状態でしたが、外枠が残念でした。でも恥ずかしくない走りが出来たと思います」

5着 ライブコンサート(和田騎手)
「馬の気配が良くて、自信を持って乗りました。道中もスムースで、力は出し切ったと思いますが、この勝ち時計では…、残念です」

13着 キンシャサノキセキ(ムーア騎手)
「内に入れて抜け出そうと思っていましたが、スタートが良すぎて内に入れられず、外、外を回らされてしまいました。馬にかわいそうでした」


◆参考資料

○Photoパ比較
Csphoto01
Csphoto02
Csphoto03
Csphoto04
Csphoto05

○過去のラップ
2009年(34.8-35.9-34.5)12.1-10.9-11.8-12.4-11.5-11.4-11.2-11.9
2008年(34.4-35.3-34.7)12.5-10.6-11.3-11.9-11.6-11.4-11.6-11.7
2007年(34.4-35.4-34.7)12.6-10.6-11.2-12.0-11.6-11.5-11.3-11.9
2006年(34.0-35.3-35.2)12.3-10.6-11.1-12.0-11.5-11.6-11.2-12.4
2005年(34.2-34.4-35.0)12.2-10.6-11.4-11.5-11.4-11.5-11.3-12.2
2004年(34.9-35.3-34.6)12.1-11.2-11.6-11.7-11.8-11.7-11.5-11.4
2003年(34.4-34.8-35.7)12.4-10.7-11.3-11.6-11.6-11.2-12.1-12.4
2002年(34.2-35.4-35.0)12.3-10.6-11.3-11.8-11.8-11.6-11.5-11.9
2001年(35.4-35.1-34.4)12.5-11.0-11.9-11.9-11.5-11.6-11.4-11.4
2000年(34.0-34.4-35.7)12.1-10.6-11.3-11.3-11.6-11.8-12.2-11.7

○京都芝1600m(外)コース図
1600

○前哨戦データ
Cs

○種牡馬実績(過去10年:良)
Cs_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島記念 in 2010

◆福島記念の予想

101120d

今日は府中行きを予定してるので、リプレイは時間がなくてみれません^^; 調教と馬柱からの印象で選ぶと……

◎⑪ディアアレトゥーサ

これでいいんじゃないっすか? なんたってボクの秋華賞の本命馬だよ~(笑) コレで51kgは儲けモノ。ただ貰いじゃないですかね( ̄ー ̄)ニヤリ 

相手もまた適当ピックアップで②トウショウシロッコ、⑧アルコセニョーラ、⑬ミステリアスライト……あと、昨年の覇者⑫サニーサンデーも押さえとこ。①ナムラクレセントはコマキが嫌だ(笑) 

☆買い目☆
馬 単 ⑪→②⑧⑫⑬


◆福島記念の結果

101120s


レース後のコメント by Nikkei

1着 ダンスインザモア 丸田恭介騎手
「重賞を勝てて、率直に嬉しいです。でも、まだ実感がありませんね。この馬はいつも後ろからレースをしているのですが、とにかく馬のリズムを守って走らせることを心がけました。トビが大きく、器用さのない馬なのですが、3コーナーから追い出して直線は本当にいい脚でした。ゴール板をすぎるまで勝っているのかわかりませんでした」

相沢郁調教師のコメント
「次のことはまだ考えていませんが、来月の小倉の中日新聞杯あたりになるかもしれません」

2着 ディアアレトゥーサ 丸山元気騎手
「自分から動いていって勝ちに出たのですから、よく頑張ってくれたと思います。ハンデにも恵まれたとは思いますが、本当によく走ってくれたと思います」

7着 ナムラクレセント 小牧太騎手
「最内枠で外へ出そうにも出せませんでした。もっと流れてバラけてくれたらよかったのですが……。道中は折り合いもついていたのですが、まともに競馬をしたのは最後の200mだけでした」


◆参考資料

○過去のラップ
2009年(34.0-36.2-36.4)11.8-11.1-11.1-11.6-11.9-12.3-12.4-12.4-11.6-12.4
2008年(34.9-36.6-36.4)12.1-11.3-11.5-12.1-12.1-12.3-12.3-12.0-11.6-12.8
2007年(35.7-36.3-36.5)12.3-11.5-11.9-11.9-12.0-12.4-12.1-12.1-11.7-12.7
2006年(35.6-37.7-38.1)12.3-11.2-12.1-12.2-12.6-12.8-12.6-12.4-12.4-13.3※重
2005年(35.5-37.4-35.8)12.0-11.3-12.2-12.7-12.8-12.5-11.9-11.8-11.5-12.5
2004年(36.0-36.5-35.6)12.2-11.4-12.4-12.1-12.2-12.5-11.9-11.4-11.4-12.8
2003年(33.4-36.4-36.7)11.8-10.5-11.1-12.0-12.6-12.0-11.9-12.2-12.0-12.5
2002年(36.3-36.7-36.0)12.4-11.9-12.0-12.3-12.4-12.3-11.9-11.7-11.5-12.8
2001年(34.9-35.9-36.2)12.1-11.1-11.7-11.7-12.0-12.2-12.0-11.9-12.1-12.2
2000年(35.7-37.4-38.5)12.2-11.4-12.1-12.1-12.7-12.6-12.5-12.8-12.8-12.9※稍

○福島芝2000mコース図
2000

○前哨戦データ
Photo

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

エリザベス女王杯 in 2010

◆全然関係ないですが……

最近、ハマりまくりの曲。。。
宇多田ヒカル:Goodbye Happiness




◆エリザベス女王杯の展望意欲(笑)

ホントはガッツリ展望しようと思って、資料とか用意してたんですが……プロヴィナージュの取り消しで一気にトーンダウンしました(涙) や~めた。。。
Photo_5 Photo_6 Photo_7
Photo_8 Photo_10


◆エリザベス女王杯の予想


101114d

強い3歳世代と迎え撃つ古馬牝馬。3歳勢がトップレベルを配しているのに対し古馬勢は目立つところが⑨メイショウベルーガだけですね。プロヴィナージュの回避ですでにホンキで取り組む気はなく、ココは妙味追及で馬券を買いたいと思います。

◎⑦サンテミリオン

前走はゲートにハナを当てて出血し、全く競馬をしていなかった模様。Photoパではいまいちに見えたんですが、調教で見直しました。オークスで⑤アパパネと一歩も譲らない叩き合いを演じた実力はホンモノ!崩れない⑫アニメイトバイオが脚光を浴びていますが、同馬の能力はそれ以上と見積もっています。鞍上もヘッポコ豆モからデムーロに超絶強化。ライバル⑤アパパネも先を見据えたユルイ状態ならば前走の雪辱は十分に果たせると思います。

相手は古馬の筆頭⑨メイショウベルーガ。続いて同世代の⑤アパパネ、⑫アニメイトバイオ。さらにエロく掘り下げて②セラフィックロンプ、③レジネッタ、④テイエムプリキュア、⑩ヒカルアマランサスあたりをピックアップします。あ、久々に登場のテイオー産駒、⑭アースシンボルは遊びで加えときます(笑)

あ、外国馬ですが……日本適性を問われる中で京都は最も厳しい舞台なんじゃないかというイメージで、実績は認めますがまとめて軽視します。走られたらそれでもいいや(笑) ちなみに京都で行われる国際GⅠでは外国馬が3着に2頭ほど名を連ねていますが、裏を返せばそれが精一杯だということだと思います。

☆買い目☆
単 勝 ⑦サンテミリオン
馬 連 ⑦-⑤⑨⑫
3連単 ⑦-⑤⑨⑫-②③④⑤⑨⑩⑫⑭(フォメ:21点)※遊び


◆エリザベス女王杯の結果


101114s

101114b


レース後のコメント by Nikkei

1着 スノーフェアリー R.ムーア騎手
「スタートもよく、道中もスムーズでした。道中は人気のアパパネをマークするようについて行きました。直線はうまく前が開いて、自然と内にコースをとりましたが、最後までしっかりと走ってくれました」

2着 メイショウベルーガ 池添謙一騎手
「スタートがよく、折り合いもつきました。道中はアパパネとアニメイトバイオを見る形で進めて、4コーナーでアパパネについていきました。まさか内から差してくる馬がいるとは……」

3着 アパパネ 蛯名正義騎手
「3冠のレースに向けて馬を作ってきたので、どうしてもテンションが高かったです。体の疲れはとれても、気持ちが入ったままでした。でも、そんな中でこれだけの競馬をしてくれました。来年に向けて楽しみです」

国枝栄調教師のコメント
「少し馬が行きたがっていました。今日はハミをずーっと取ったままだったし、そのあたりが終いに少し影響したのかもしれません。今まで3冠に向けて走ってきましたし、一息入れて年内は休養ですね。来年はヴィクトリアマイルもありますし。マイルの方がレースはしやすいと思います」

4着 リトルアマポーラ 福永祐一騎手
「イメージ通りのレースができました」

8着 ブライティアパルス 藤岡康太騎手
「かなり引っ掛かって走っていました。もう少しリラックスして走らせることができれば、また違ったと思います」

11着 レジネッタ 幸英明騎手
「メイショウベルーガの後ろでジッとしていました。3~4コーナーでノメってしまい、走り辛そうにしていました」

15着 アニメイトバイオ 後藤浩輝騎手
「最高のコンディションで、いい位置取り。ただ、4コーナーで急に余力がなくなってしまいました。原因はまったくわからないです」

17着 テイエムプリキュア 国分恭介騎手
「スタートを変な感じで出てしまいましたが、内が開いていたのでハナに行きました。1000mで1分を切りたくはありませんでした。最後もパッタリ止まってはいませんでした」


◆参考資料

○Photoパ比較
Photo01
Photo02
Photo03
Photo04
Photo05

○過去のラップ
2009年(36.0-36.5-36.8)12.5-11.3-12.2-12.3-12.2-12.2-12.3-11.8-11.7-12.2-12.9
2008年(35.1-37.1-35.2)12.5-10.7-11.9-12.1-12.1-12.4-12.8-12.4-11.5-12.0-11.7
2007年(36.2-37.0-34.1)12.7-11.1-12.4-12.1-12.3-12.6-12.8-11.8-11.1-11.4-11.6
2006年(34.8-36.1-36.5)12.5-10.6-11.7-11.3-11.3-12.2-12.5-12.8-13.0-11.5-12.0
2005年(35.1-37.6-34.7)12.3-10.9-11.9-12.4-12.5-12.5-13.3-12.0-11.5-11.1-12.1
2004年(36.2-37.2-35.4)12.6-11.2-12.4-12.5-12.3-12.6-12.5-12.1-11.6-11.6-12.2
2003年(34.4-36.1-37.3)12.3-10.8-11.3-11.3-11.8-12.2-12.7-12.1-12.1-12.4-12.8
2002年(36.0-38.2-33.6)12.6-11.2-12.2-12.4-12.4-13.0-13.3-12.5-11.6-10.8-11.2
2001年(35.2-35.8-36.3)12.3-10.9-12.0-11.7-11.6-12.0-12.3-12.1-12.3-12.0-12.0
2000年(35.5-38.0-33.9)12.3-11.0-12.2-12.2-12.9-13.5-13.2-11.6-11.4-11.2-11.3

○京都芝2200m(外)コース図
2200_2

○前哨戦データ
Photo

○種牡馬実績(過去10年:良)
Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ