2014年12月10日 (水)

【ステラストリーム】芯を造るという課題

Aibahou_logo


うーん。。。
連続の大敗ですか。。。

戦前は福島で突き抜けて欲しくないなー←
とか、勝つなら勝っても良いけど的に悠長に思ってましたが……
ココまでの惨敗を喫したとなると、現状全然の力不足なんでしょうね( ;∀;)

見せ場くらいは作って欲しかったけど(笑)


141116p
        ※画像クリックでRACING  VIEWER映像が見れます(ブワー会員のみw)


パドックからなんだか異界感がががw
なんつーか、、、見慣れない馬体がズラズラって感じ…

求められる適性も、求められる血統も、
まるで良くわからないww
……そんな感じの個性が集結した的なww

まだまだ緩いし、モワンとした印象のステラですが
ハッキリ言ってこの中じゃ一番カッコいいです(^▽^;)
でも、、、アカ抜けちゃイカンのだな、この条件(えw





出負けして二の脚も上がらず最後方から
コーナーで鞍上の手が大きく動き、捲りを試みたようですが
ほとんど位置取りは変わらず、追走一杯な感じで不発w
直線ではほぼカメラの枠外となる内容(´・ω・`)

走り云々はよくわかりませんでしたww

勝負どころのフォームが見れなかったからねー
コメントしようがないです←←

11月16日(日)レース後コメント(萩原厩舎)
16日の福島競馬ではスタートで立ち遅れてしまい、道中は最後方を追走。3コーナーあたりから鞍上が手綱を押し始めるも反応は鈍く、直線でも伸びは見られず12着。「ゲートで少し待たされたせいか、スタートで遅れてしまいました。背中も良くて、いい乗り味なのですが、道中の走りなんかを見ていてもまだ全体的に緩さがありますね。もう少し馬体に芯が入ってくればもっとやれると思います。まだまだこれからの馬ですよ」(津村騎手)ゲートで立ち上がるような仕草を見せて出遅れてしまい、今日はスムーズに流れに乗ることができませんでした。ジョッキーが言うようにまだ馬体に緩いところがあるので、そのあたりが成長すればもっと走ってくれるでしょう。この後はトレセンに戻り、一度放牧へ出すことも含めて検討していきます。

(萩原厩舎→ノーザンファーム天栄)2014.11.19
18日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は思うような競馬にならず申し訳ありませんでした。津村も口にしていたようなのですが、どうも背中、トモの芯のあるような強さが足りなくて、力がしっかりと前へ推進していかないような走りになってしまっているんです。北海道でいい競馬ができていただけに、あの時を考えるとなぜここ最近はこれだけ苦しいのか悩んでしまうほどなのですが、このままレースへ向かっていっても体のダメージを与えてしまうことになりますから、間を取りつつ成長を促していくことを考えないといけないのかと思います。能力的には良いものを持っているはずですから、我々も感じているように皆さんにも歯がゆい思いをさせてしまって申し訳ありません。火曜日に一度放牧に出させていただいていますし、今後もスタッフとコンタクトを取りながら考えていければと思っています」(萩原師)

(ノーザンファーム天栄)2014.11.26
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週頭に帰ってきました。体調自体は良さそうに思うのですが、どうしても良さが競馬につながりにくいです。調教師もジョッキーも言うようにしっかりしてくるのに時間がかかってしまうタイプなのでしょうが、今のままではツラくなってきますし、何とか少しずつでもいい方向へと成長させていけるようにしていきたいですね。背腰を中心に馬体のケアを入念に行いつつ、この中間より乗り出しています。まだ軽めのところですし、少しずつ動かしながら良くしていければと考えています」(天栄担当者)

(ノーザンファーム天栄)2014.12.03
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「月曜日に萩原調教師が来場されて一緒に馬体チェックをしたのですが、腰の張りが強くなっているという指摘を受けました。やはりそこがこの馬のポイントとなってくると思っていますし、十分にケアを行い、少しでも芯をしっかりとしたものにしていきたいと思います。調教師からは時間をかけてでもいいのでこの馬の良さを何とか引き出していけるようにしたいということでしたし、馬の状態に合わせてそれなりのところを重ねていき、しっかりと乗り込んでいきたいと考えています」(天栄担当者)

(ノーザンファーム天栄)2014.12.09
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「ウィークポイントとなっている背腰の状態を如何にいいものにしていけるかがカギとなっていくと思いますし、ただソフトに接するだけでなく、しっかりと動かしながら強いコンディションに持っていけるように取り組んでみています。坂路も併用しつつ、日によっては15-15前後のペースでコンスタントに乗り込んでいって少しでも芯の強さを備えていければと考えています。馬体重は480kgです」(天栄担当者)

相当時間がかかりそうですね(^▽^;)
三浦くんが最初に跨った時に言ってた「グニャグニャ」が
ほんの少しだけ強くなった段階なんでしょうか!?

幸い未勝利は通過したのでじっくりとその「背中、トモの芯」を鍛えてもらおか♪
この仔の成長曲線とハギーセンセはベストマッチな気がするしw
なんとか能力全開できるよう頼みますよ~ヽ(^o^)丿

次走は夏の北海道くらいの気持ちで気長に待ちますか(笑)


○11/16福島[8R] 3歳上500万下 結果

141116fuk08s

141116fuk08b1 141116fuk08b2

|

'11 ステラストリーム(キャロ)」カテゴリの記事

一口馬主LIFE★彡^・∋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534343/60714950

この記事へのトラックバック一覧です: 【ステラストリーム】芯を造るという課題: