◆若駒戦(2014年世代)

2014年5月31日 (土)

日本ダービー with 目黒記念 in 2014

Classic_logo

◆日本ダービー

140601tok10d

◎レッドリヴェール

140601tok10s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140601tok10z 140601tok10k 140601tok10l 2400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆目黒記念

140601tok12d

140601tok12s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140601tok12z 140601tok12k 140601tok12l 2500 


◆レース後のコメント by Nikkei

【日本ダービー】(東京)~ワンアンドオンリーが皐月賞馬との叩き合いを制してV

1着 ワンアンドオンリー 横山典弘騎手
「嬉しいです。橋口先生にはいつもお世話になっているのでがんばるしかないと思っていました。勝ててよかったです。どのレースでもそうですが、ゴールまでが遠かったですね。スローペースで他の馬も苦労していました。僕の馬も道中は力んでいたので、どこまで伸びてくれるかと思っていました。前回は行き脚がつかなかったのですが、ダービーが目標ということで今回は先生もスタッフもきっちり仕上げてくれていましたので、スタートよく、無理なく好位で進めることができました。お父さんのハーツクライに比べるとまだ緩いところがありますが、それでダービーを勝つのですからすごいですね。これからも順調にいって欲しいです」

橋口弘次郎調教師のコメント
「舞い上がって地に足がついていない状態です。ドバイで勝ったときもこんな気持ちにならなかった。やはりダービーは別格です」

2着 イスラボニータ 栗田博憲調教師
「皐月賞ではこちらが前の馬をマークしましたが、今日は逆に目標にされてしまいました。スタートして少しかかりましたが、蛯名騎手がなだめてうまく乗ってくれたと思います。今後のことはまだまだこれからです」

蛯名正義騎手のコメント
「枠順の差です。勝ち馬と枠順が逆だったら着順も逆だったと思います。内の馬場がいいのはわかっていましたし、向こうは黙っていてもあの位置。こちらは内にポジションをとりにいってあの位置。やれることは精一杯やって力は出し切っていますし、仕方ないです。最後もまた抵抗していますし、秋にリベンジしたいです......」

3着 マイネルフロスト 松岡正海騎手
「引っかかりましたが、思い描いていたレースはできました。いい位置はとれましたが、ペースが落ちた2コーナーで折り合えていればよかったです。最後は内側がうまくあいてくれました」

5着 トゥザワールド 川田将雅騎手
「ゲートはいつも通り出てくれました。前に行こうとしたのですが、進んでくれず、下げる形になりました。最後は盛り返しましたが、予定していたものとは違う競馬になってしまいました」

6着 ショウナンラグーン 吉田豊騎手
「残念です。もう少しもぐりこめていればと思ったのですが、誰も動かず、この展開で上位争いをするには厳しかったです。他力本願ですが、折り合いは上手ですし、秋はよくなりそうな雰囲気があります」

7着 アドマイヤデウス 岩田康誠騎手
「インコースで脚をためていました。直線で進路はあいたのですが、反応が鈍かったです。まだ子どもっぽいところがありますし、これからよくなるでしょう」

8着 ベルキャニオン 戸崎圭太騎手
「前走よりも調子はよさそうでした。この短期間でよくなっていますし、素質を感じます。それにしても今日はタイトなレースでした。これから巻き返したいです」

9着 スズカデヴィアス 酒井学騎手
「スタートは今日もしっかりと出てくれました。ペースが遅くなりそうだったので、前めにつけるイメージを持っていました。押さずにスーッと行ってくれて、ポジションをキープできました。しかし、1コーナーで馬群がギュッと狭くなり、下がってしまいました。道中はフワフワしていましたが、うながしたら走ってくれました。バテずに最後も脚を使っています。まだ成長途上ですし、もっとよくなりそうな雰囲気は感じました」

10着 ワールドインパクト 内田博幸騎手
「行きすぎず下げすぎず良い位置につけられて、4コーナーまで手応えはよかったのですが、交わしに行くときに伸び切れませんでした。まだまだこれからの馬です」

11着 サウンズオブアース 浜中俊騎手
「いい枠だったのでいいポジションにつけられて、スムーズに競馬ができました。これから心身ともに成長してくれればいいと思います」

12着 レッドリヴェール 福永祐一騎手
「馬の雰囲気がよかったので、楽しみにしていました。いいスタートを切ってくれました。外枠だったのでなるべく外を回したくないと思っていました。イスラボニータの後ろにつけようとしたのですが、前へ押してくる馬がいて、その位置をとれませんでした。直線でも伸びきれず、最後は失速してしまいました。マイルのときのような切れ味を使えなかったのは確かです。敗因が距離かどうかはわかりませんが、いいチャンスをもらって結果を出せなかったのは残念ですし、申し訳なく思っています」

13着 ハギノハイブリッド C.ウィリアムズ騎手
「自分が想像していた馬と違っていて、最後はガス欠でした。2~3番手が欲しかったですが、外から来られて前に行けませんでした。残り300mぐらいで止まってしまいました。みなさんはワンペースに近いイメージをもたれているかもしれませんが、最後にビュッとくるイメージでした」

14着 サトノルパン 小牧太騎手
「まだ荒削りなところがあります。何とか我慢させてうまいこと乗ることができましたが、最後は苦しがっていました」

15着 アズマシャトル 松山弘平騎手
「前半から押して押して行きましたが、なかなか進んでくれませんでした。本調子ではないのでしょうか。前走よりも追い切りからよくなっていたのですが......」

16着 トーセンスターダム 武豊騎手
「びっくりしました。直線で左手前に替わった後、内柵の継ぎ目に反応して触れてしまいました。こういう面を見せる馬ではないのですが、若さが出てしまいました。直線までいい形になっていて、叩き合いに持ち込めそうでしたが、まさかこんなことになるとは......。悔しいです」

【目黒記念】(東京)~マイネルメダリストが外からまとめて差し切る

1着 マイネルメダリスト 蛯名正義騎手
「馬はよくここまできました。大したものです。追い切りもよかったですし、ハンデも軽かったです。うまくいきました」

田中清隆調教師のコメント
「このあとは馬の様子を見て、何も問題なければ宝塚記念に登録します」

2着 ラブイズブーシェ 古川吉洋騎手
「内にこだわって、外には出さないようにしました。いい位置はとれましたし、最後も伸びているのですが、56キロのハンデが影響したのかもしれません」

3着 プロモントーリオ 三浦皇成騎手
「枠通りの競馬はできました。反応が遅い分、どこに出そうかと思いましたが、スムーズに出すことができました。この馬の持っているものは出し切れたと思います」

5着 ラブリーデイ 川田将雅騎手
「スムーズに運べましたし、直線は待って追い出しましたが、内から外から伸びてこられて、最後に交わされてしまいました。57キロが響きました」

6着 ムスカテール 内田博幸騎手
「4コーナーを回って『ヨシッ!』と思いましたが、この高速馬場ですから、斤量の軽い馬にはかないません。最後まで食い下がっていますが、斤量差ですかね」

8着 タマモベストプレイ C.ウィリアムズ騎手
「3、4番手ぐらいに行きたかったのですが、行けませんでした。押して行かなくても大丈夫だと思っていましたが、結果的に押して行けばよかったかもしれません。ワンペースでスパッと切れない馬ですが、スタミナはあるので惜しいことをしました。今後は前々で競馬をして欲しいです」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

オークス with 平安S in 2014

Classic_logo

◆オークス

140525tok11d

◎ハープスター

140525tok11b1 140525tok11b2

届かない可能性から馬単裏を買いますたww(表は買ってない(^-^)v←

140525tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140525tok11z 140525tok11k 140525tok11l 2400 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06


◆平安S

140524kyo11d

140524kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140524kyo11z 140524kyo11k 140524kyo11l 1900 


◆レース後のコメント by Nikkei

【オークス(GI)】(東京)~ヌーヴォレコルトがGI初制覇、ハープスターはクビ差及ばず

1着 ヌーヴォレコルト(岩田騎手)
「距離も2400mありますし、左回りも得意なので、正攻法のレースが出来ました。道中もうまく折り合って我慢が出来ました。直線では、前が空くのを待って追い出しました。(外からハープスターが来ていたが)必死にゴールまで追いました。この馬は落ち着いていることがいい点です。3週間前に、後藤騎手の落馬で、自分の不甲斐なさを感じて反省しています。1日でも早く復帰をしてもらいたいです」

(斎藤誠調教師)
「重賞を使う時、いつもはドキドキするのですが、今日は不思議と平常心で臨めました。ここまで順調にやって来られましたし、全部がうまく行ったので、安心していました。母の父がスピニングワールドですから、この点を見るとマイルまでかと思いますが、やはりハーツクライですね。一戦毎に強くなっています。岩田騎手とは特に何も話をせず今日を迎えましたが、パドックで"勝てるレースを"とだけ話しました。レースは中団につけ、ペースがガクンと落ちたところでどうかと思いましたが、直線、さすがにGIは厳しく、行き場がなくなる場面もありましたが、あそこで一息入れられたのだと思います。そして、この馬は本当に精神力がすごいと思います。2度負けている強い馬がいましたから、この一戦のことだけを考えていました。ですから、今後のことはまだ考えていません。この後、どこまで成長してくれるのか楽しみです」

2着 ハープスター(川田騎手)
「ゲートはいつも通り出て、二の脚もいつも通りつきました。しかし、2コーナー過ぎで、前にいる馬が外へ広がって、また元に戻った際に接触しかけて多少力んでしまいました。それ以外は道中はリズム良く行けて、直線での雰囲気もいつも通りでした。外へ出したのですが、内にササりながらで、前に進みづらくなってしまいました。結局、進みきれないままゴールしました。結果的には弾け切らなかった感じです。支持をいただきながら結果を出せなかったことは申し訳ないです」

(松田博資調教師)
「反応はもう一つだったでしょうか。よく走った方だと思います。一番強いことは間違いないですから。距離は関係ないと思います」

3着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
「仕上がりは良かったです。うまくスタートを切って、いい競馬は出来ました」

4着 ニシノアカツキ(勝浦騎手)
「一瞬、夢を見ました。状態は前走時よりも良かったです。道中はリズムを崩さず乗り、終いはいい伸びでした。負けたことは悔しいですが、GIでもやれるところは見せてくれましたし、頑張ってくれました」

5着 ブランネージュ(秋山騎手)
「頑張っていますが...。プラン通り行けましたが、最後は止まってしまいました。少し長かったのかもしれません。秋はもっと条件が良くなると思いますし、楽しみです。今日はスタッフがよく仕上げてくれていました」

6着 マーブルカテドラル(田辺騎手)
「流れに乗れましたが、後ろの馬とツメが当たってしまい、気にしていました。スムースに何もなく通過出来ていれば...。初の2400mで、余力なくなってフラフラしていました」

7着 サングレアル(戸崎騎手)
「道中はリズム良く運べましたが、少し我慢したかったのですが、早めに動く形になりました。馬体減はあまり感じませんでした。力のあるところは感じられました」

8着 マイネオーラム(松岡騎手)
「引っ掛かってしまいました。歓声でエキサイトしてしまいました」

10着 ベッラレジーナ(藤岡康騎手)
「ワンテンポ、スタートが遅れました。脚は使っていますが...。揉まれて成長していけば...」

11着 フォーエバーモア(蛯名騎手)
「うまい形で運べて、行きたがってはいましたが、許容範囲でした。直線でもビュッと反応して、頑張れそうだと思いましたが、パタッと止まってしまいました。それが2000mくらいのところでしょうか。距離が長かったです。馬の感じが良くて、スムースに走ったのですから、仕方がありません」

12着 クリスマス(三浦騎手)
「マイル~1800mくらいの距離が合っていると思います」

14着 シャイニーガール(田中勝騎手)
「思っていたようには乗れませんでした。少し力んでしまいました」

15着 ディルガ(浜中騎手)
「具合が良く、仕上がっていました。スタートは良かったのですが、トビが大きくて二の脚が使えませんから、前につけられませんでした。ペースが上がってから、周りが強くて置かれてしまいました。これから先の馬だと思います」

17着 ペイシャフェリス(内田博騎手)
「少し速かったかもしれませんが、うまく運べました」

18着 エリーザベスト(川島騎手)
「自分のレースは出来ましたが...」

【平安S】(京都)~クリノスターオーが2番手から抜け出して重賞V

1着 クリノスターオー 幸英明騎手
「4コーナーでの手応えもよく、最後も遊んでいたくらいですから、まだまだのびしろがありそうです。ハナか2番手と考えていましたが、スッと2番手につけられました。これからどんどんよくなると思いますし、大きいところを狙えると思います」

2着 ソロル 松山弘平騎手
「いい位置で脚がたまりましたし、4コーナーで外に出して、しっかりと脚を使っています。もう少しでしたね。でも、これから楽しみです」

3着 ワイルドフラッパー 福永祐一騎手
「直線で併せ馬の形になると横の馬を見ていました。こんなクセがあったとは......。ただ、能力的には十分に通用します」

5着 ナムラビクター 小牧太騎手
「1コーナーで外へ出せた時点でうまくいったと思いましたが、4コーナー手前では手応えがありませんでした。どうもイヤイヤ走っている感じで、そこが今後の課題でしょう。力はある馬ですから、本物になってくれればと思います」

7着 グランプリブラッド 松田大作騎手
「1900mは少し長かったかもしれませんが、昇級してすぐの重賞でよくがんばってくれました。今後につながる競馬だったと思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

NHKマイルC / 京都新聞杯 with 新潟大賞典 in 2014

Classic_logo

◆NHKマイルC

140511tok11d

140511tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140511tok11z 140511tok11k 140511tok11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Nhkcphoto01 Nhkcphoto02
Nhkcphoto03 Nhkcphoto04
Nhkcphoto05 Nhkcphoto06


◆京都新聞杯

140510kyo11d

140510kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140510kyo11z 140510kyo11k 140510kyo11l 2200 


◆新潟大賞典

140511nii11d

140511nii11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140511nii11z 140511nii11k 140511nii11l 2000 


◆レース後のコメント by Nikkei

【NHKマイルC(GI)】(東京)~ミッキーアイルが逃げ切ってGI初制覇

1着 ミッキーアイル(浜中騎手)
「多くの支持をいただいて、結果を出すことが出来てホッとしています。直線は迫られて、残ってくれと祈るような気持ちで追いました。いつもゲートでイレ込む癖があるので、今後そのあたりが落ち着いてくれるといいと思います。今日は珍しく落ち着きがなく、この馬にしてはあまりいいスタートではありませんでしたが、二の脚は他馬より速かったです。ペースは気にせず、馬の走りたいように走らせました。直線は本当に長かったです。馬に頑張ってくれと思いながら乗っていました。本当に長かったです。ズバ抜けたスピードのある、個性的な馬なので、これから無事に行って欲しいと思います」

2着 タガノブルグ(三浦騎手)
「乗りやすい馬ですし、3~4コーナーにかけて上がって行くことも出来ましたので、競馬としては良かったです。あと少しでした」

3着 キングズオブザサン(蛯名騎手)
「寄られる不利がなければ勝っていたかも...残念です。ちょっとずつ伸びるタイプで、不利は痛かったです。ゴールを過ぎたら勝っていました。もったいなかったです。1600mも合っていますし、東京もいいタイプです。とにかく残念です」

4着 ロサギガンティア(柴田善騎手)
「いいですね。走る馬です。まだまだ成長の余地もあります」

5着 ホウライアキコ(和田騎手)
「左回りは初めてで、コーナリングはぎこちなかったのですが、ペースは思ったより楽でした。直線では夢を見ましたが...」

6着 ショウナンアチーヴ(戸崎騎手)
「ゲートの出が上手で、調子の良さを感じました。直線では内が空いていましたし、伸びても良かったのですが...。流れに乗って上手に走りすぎましたでしょうか。1600mだと少し長いかもしれません」

9着 サトノルパン(武豊騎手)
「引っ掛かってしまいました。あの位置で折り合えれば良かったのですが...。まったくいいレースが出来ませんでした。残念です。もったいなかったです」

10着 ショウナンワダチ(北村宏騎手)
「馬群が凝縮していて、前が空くまで待たされました。ペースがもっと流れてくれれば良かったです。直線であそこから追い出して、それほど差なく来ていたのですが...」

11着 ウインフェニックス(石橋脩騎手)
「脚をためたかったので、ポジション的にはいいと思っていました。しかし、前がもっと動いてくれれば良かったです。残り500~600mくらいから加速出来れば良かったのですが、動けませんでした。残り300mあたりから脚を使えたのですが、長く脚を使えるタイプなだけに、切れる馬にやられてしまいました。早めに行って、直線でもうまく捌ければ良かったです」

12着 ベルルミエール(川島騎手)
「自分の競馬をして、自分の形でレースをしました。前の馬も強かったし、坂を上がって一気に被されてしまいました。また立て直して、秋、頑張って欲しいと思います。力のあるところは示せたと思います」

13着 エイシンブルズアイ(福永騎手)
「一瞬、グッと来るところはあったのですが、外枠が堪えました。あと1ハロンで止まってしまいました」

14着 アドマイヤビジン(四位騎手)
「ペースは落ち着いていました。馬が大人しすぎて元気がない感じでした。この後、ひと息入れて良くなってくれればと思います」

17着 アルマエルナト(吉田豊騎手)
「返し馬まではうまく行ったのですが、引っ掛かってしまい、力を消耗していました」

【京都新聞杯】(京都)~ハギノハイブリッドがゴール前で抜け出す

1着 ハギノハイブリッド 秋山真一郎騎手
「4コーナーでは手応えがよく、どこへ行こうかと進路を探すだけでした。前が残る馬場ですが、馬のリズムを大切にして乗りました。左回りでもいいレースをしている馬ですから、ダービーでも楽しみはあると思います」

2着 サウンズオブアース 浜中俊騎手
「道中はいい感じで走れていましたが、まだ背中や腰が緩くて外へ張ってしまい、そこで脚を使ってしまいました。それでも賞金を加算できてよかったです」

3着 ガリバルディ 福永祐一騎手
「出遅れがこたえました。位置が後ろになったせいで馬が行きたがって、ずっとハミをかんでいました。それでもよく伸びてきましたし、力のある馬です」

4着 シャドウダンサー 武豊騎手
「返し馬からコズミ気味で、レースでもストライドが伸びませんでした。それでも最後はよく来ていますし、能力は高い馬ですが、どうも走りが硬い感じでした」

5着 ミヤビジャスパー 池添謙一騎手
「道中行きたがるのは想定内でした。プラス体重は前回減った分が戻ったものですが、仕掛けてからの伸びがいまひとつだったのは久々の分でしょう。秋になればもっとよくなってくる馬だと思います」

7着 モーリス 川田将雅騎手
「ゲート内で座るような仕草だったのでスタートは出ていかないと思いました。やはりスタートで遅れたので1コーナーまである程度行かせて、あとはリズムよく走らせましたが、この馬にはもう少し短い距離の方が合っていると思います」

8着 ストロベリーキング 義英真騎手
「(重賞初騎乗でも)緊張はしませんでした。中団からと考えていましたが、ゲートの出がよくなかったので後方からになりました。前が止まってくれないこの馬場では厳しかったです」

13着 アズマシャトル 松山弘平騎手
「勝った馬と同じような位置にいましたが、4コーナーで一杯になってしまいました」

15着 ステイインシアトル C.ウィリアムズ騎手
「調教に乗って雰囲気のある馬と感じていましたし、期待していました。ただ、レースではずっと右にモタれていて、キャリアの浅さが出てしまいました。それにキャリア2戦目で今日のようなかたい馬場はちょっとかわいそうでした」

【新潟大賞典(GIII)】(新潟)~ユールシンギングが重賞2勝目

1着 ユールシンギング(吉田隼騎手)
「力のある馬で、楽しみにしていました。いい脚を使うのは分かっていましたが、この馬の決め手を生かせました。これからも楽しみです」

2着 マジェスティハーツ(森騎手)
「最近では一番折り合いがつきましたし、じっくり待って追い出したつもりでしたが...。苦しくなって右にモタれながらもよく頑張っています」

3着 レッドレイヴン(柴山騎手)
「隣の馬が暴れて、その影響でテンションが上がってしまいました。そのためスタートが遅れ、リズム良く進めませんでした。4コーナーからはリズムも戻り、終いも来ているだけに悔しいです」

4着 カルドブレッサ(藤岡佑騎手)
「いつもよりいい位置で、少し待ちながら追い出したのですが、2着馬より先に抜け出したかったです。展開一つでチャンスはあると思います」

5着 ダノンヨーヨー(池添騎手)
「いつも通り終いを生かす競馬で、直線よく伸びていますが、前と同じ脚色になってしまいました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

天皇賞(春) / 青葉賞 in 2014

Classic_logo

◆天皇賞(春)

140504kyo11d

◎ウインバリアシオン

140504kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140504kyo11z 140504kyo11k 140504kyo11l 3200 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01
Photo02
Photo03 Photo04
Photo05 Photo06



◆青葉賞

140503tok11d

140503tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140503tok11z 140503tok11k 140503tok11l 2400 


◆レース後のコメント by Nikkei

【天皇賞】(京都)~フェノーメノが連覇達成

1着 フェノーメノ 蛯名正義騎手
「厩舎と牧場のスタッフががんばって馬を戻してくれたので、結果を出すことができてよかったです。レースは3コーナーの下りで力んでどうかと思いましたが、正面で息が入ったのでこれならいけるのではと思いました。他の馬は気にせず、自分のレースをすることだけを考えていました。最後はとにかくしのいでくれという気持ちでした」

2着 ウインバリアシオン 武幸四郎騎手
「勝てそうな勢いで、やったかと思いましたが、あと100mくらいで止まってしまいました」

3着 ホッコーブレーヴ 田辺裕信騎手
「人気がなかったので一発狙っていました。イメージ通りに運べましたし、馬群を割って伸びてくるのは力がなければできません。最後もよく伸びていますが、前も止まりませんでした」

4着 キズナ 武豊騎手
「レースそのものはいい形で運べましたが、もうひとつある上のギアに入りませんでした。状態はよかったのですが......。次は何とか巻き返したいですね」

5着 タニノエポレット 和田竜二騎手
「スタートは出てくれましたが、行き脚がつかず、道中は内々でジッとしていました。4コーナーでは手応えもよく、うまくさばけました。具合も本当によく、がんばってくれました」

7着 ゴールドシップ C.ウィリアムズ騎手
「調教から返し馬までリラックスして落ち着いていたのですが、ゲートの中で待っているうちに徐々にテンションが上がってしまい、出遅れてしまいました。下り坂でスパートして前にせまってくれましたが、結果的に出遅れが響きました。(レース後、下馬したことについて)左前脚を気にする素振りを見せていたので下馬しました。何もなければいいのですが......」

【青葉賞(GII)】(東京)~ショウナンラグーンが重賞初制覇

1着 ショウナンラグーン(吉田豊騎手)
「先生(大久保洋吉調教師)が最後のダービーなので、権利を取れて良かったです。終いはいい脚を使うのは分かっていたので、初めての2400mですし、折り合いに気をつけました。直線はうまく空いて、この馬らしい脚で伸びてくれました。先生とは最後になりますし、ダービーで悔いの残らないレースをしたいです」

2着 ワールドインパクト(シュタルケ騎手)
「ペースがスローだったので、もう少し速いペースが良かったです。直線は、あそこで出るしかありませんでした。もっとタメると切れる脚があるのですが、あそこで出ないと進路が閉ざされてしまうので、仕方ありませんでした。課題は道中でフワッとするところです。徐々に成長してくれると思います」

3着 ヤマノウィザード(戸崎騎手)
「スタートで他の馬とぶつかって、気合い乗りが良くなりすぎてしまいました。道中は我慢したのですが、直線では追い出してからフワッとして遊び始めました。もったいなかったです。力のある馬ですし、さらに良くなるでしょう」

4着 ゴールドアクター(石橋脩騎手)
「権利を取りたかったのですが...。馬は良くなっていましたし、力をつけています」

5着 ピオネロ(蛯名騎手)
「直線で前の馬が下がって来て、無理に外に出さざるを得ませんでした。そのせいか、終いの踏ん張りが利きませんでした。距離もギリギリかもしれません」

6着 マイネルフロスト(柴田大騎手)
「もう少しガツンと来ると思いましたが、思ったよりも反応がイマイチでした。本番に向けていい競馬は出来ましたが、距離でしょうか...」

7着 エイシンエルヴィン(秋山騎手)
「もっと能力のある馬です。気持ちや体の面だったりと、力を出せないことがもどかしいです」

8着 ウインマーレライ(松岡騎手)
「いい感じで、これなら権利を取れると思ったのですが、止まってしまいました。距離が少し長いのかもしれません。ただ、こういう競馬を続けていけば、チャンスが来ると思います」

10着 ファーガソン(武士沢騎手)
「スタートして、思ったほど前に行けず、後ろからになりました。それでも能力は感じます」

11着 ラングレー(北村宏騎手)
「ゲートがすべてです。気合いが入っていたので気をつけていたのですが...。内の馬がガチャガチャしていて、ゲートが開いた瞬間、上に向いてしまいました。この後は、何かとその分をと思い、捌きながら直線に入りました。よく伸びていますが、あのポジションではね...」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

フローラS with マイラーズC / 福島牝馬S in 2014

Classic_logo

◆フローラS

140427tok11d

◎ハピネスダンサー

140427tok11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140427tok11z 140427tok11k 140427tok11l 2000 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02
Sphoto03


◆マイラーズC

140427kyo11d

140427kyo11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140427kyo11z 140427kyo11k 140427kyo11l 1600 

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Cphoto01 Cphoto02
Cphoto03


◆福島牝馬S

140426fuk11d

140426fuk11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140426fuk11z 140426fuk11k 140426fuk11l 1800 


◆レース後のコメント by Nikkei

【フローラS(GII)】(東京)~良血サングレアルが重賞初制覇

1着 サングレアル(岩田騎手)
「最初のコーナーで前がゴチャついていましたが、後ろで待機していたので大丈夫でした。乗りやすい馬で、左回りもスムースですし、いい瞬発力があります。早めに抜け出すとソラを使うので、そこに気をつけていました。ゴール前でキッチリと交わすことを求められていたので、交わせて良かったです。速い脚はありますが、抜け出してからまだ子供っぽさがあります。もっと成長すれば、すごい脚を使えると思います。距離が延びてもこなしてくれるでしょうから、楽しみな1頭です」

(松田博資調教師)
「理想的な競馬で、あれでダメならあきらめるしかないくらいでした。攻め馬ではモタれるところがあり、気の悪いところがあります。今のままでは、体が小さいですし、もっと鍛えないといけません。しかし、これ以上体は減らないでしょうし、少しずつ良くなっていくでしょう。上積みはいくらでもあります」

2着 ブランネージュ(秋山騎手)
「イメージ通りのレースが出来ました。勝った馬は強かったです。いい内容ですし、この調子がキープ出来れば本番も楽しみです」

(藤岡健一調教師)
「うまい具合に抜け出しすぎましたでしょうか。しかし、走るたびに強くなって、レースぶりも良くなり、センスもあります。器用な馬です。その点を生かせば次もチャンスはあるでしょう」

3着 マイネオーラム(松岡騎手)
「まだフラフラして走っています。距離が延びても楽しみです」

4着 マローブルー(戸崎騎手)
「折り合いはつきました。きれいな馬場の方が向いています。センスを感じました」

5着 ニシノアカツキ(勝浦騎手)
「タメるよりも折り合いを重視して行きました。この馬のリズムでは走れています」

6着 マジックタイム(杉原騎手)
「道中は折り合いもつき、リズムも良く、坂を登るまでは手応えは楽だったのですが、直線半ばで一杯になってしまいました。距離はもう少し欲しいです。今日は久々もあったかもしれませんが、仕上がりは悪くありませんでした」

7着 イサベル(浜中騎手)
「スタートから馬が進んで行きませんでした。キャリアが浅く、馬体もまだ緩いのですが、センスは感じますし、成長すれば楽しみです」

8着 マイネグレヴィル(柴田大騎手)
「残り600mから出して行きましたが、この馬にとっては馬場状態が良すぎました」

9着 デルフィーノ(横山典騎手)
「センスが良く、走りもいいですが、現状は体力がつききっていません」

10着 ハピネスダンサー(藤岡康騎手)
「一瞬伸びかけましたが、まだ若く、テンションが高かったので、最後は伸び切れませんでした。今後に繋がるといいと思います」

11着 ヤマニンアリエッタ(横山和騎手)
「折り合いはつきましたし、勝った馬の前でレースが出来ました。この馬なりには頑張っています」

【マイラーズC(GII)】(京都)~ワールドエースがレコードで復活V

1着 ワールドエース(シュタルケ騎手)
「状態がいいことは分かっていましたが、マイルがどうなのかという気持ちはありました。しかし、今日は好スタートからいいレースが出来ました。最後は後ろから他馬が来ているのは分かっていましたが、この馬も止まっていませんから、大丈夫だと思っていました。ドイツ血統の馬で勝てたことは嬉しいですね」

(池江泰寿調教師)
「コーナー2回のコースが合っているので、マイルは使ってみたかったのですが、いい結果が出ました。現時点では7分くらいで、この状態で勝てたことが大きいですね。ここを使って次はグンと良くなって来そうです。ノーザンファームが屈腱炎をしっかり治してくれました。あとはレコードの反動がないようにケアをしていきたいと思います」

2着 フィエロ(武豊騎手)
「残念です。前半はいい感じで、いいポジションでレースが進められたのですが、坂の下りに入って若干力んで走ってしまいました。スムースに行けていればラストの伸びはまた違ったかもしれません。しかし、やはりトップレベルでやれる馬です」

3着 エキストラエンド(川田騎手)
「スムースにレースが出来、直線もしっかり進んでいます。でも今日は時計が速すぎましたね」

4着 レッドアリオン(川須騎手)
「今日は出てくれましたが、ゲートの中はうるさかったですね。内枠なら前に壁を作りたかったのですが、外枠だったので押し出される形でハナに立ちました。やはり目標となる馬が欲しかったですね。ただ、自分の形でなくても4着と頑張ってくれたことは力の証明だと思います」

11着 エールブリーズ(酒井騎手)
「スタートで出遅れてしまいました。行く馬があまりいないので、3、4番手を考えていたのです。道中、何とか我慢して折り合いもついたのですが、それだけに出遅れが痛かったです」

14着 ラトルスネーク(幸騎手)
「結構流れが速く、折り合いはつきました。しかし、前が止まりません。今の馬場に泣かされた格好です」

【福島牝馬S(GIII)】(福島)~ケイアイエレガントが重賞初制覇

1着 ケイアイエレガント(吉田豊騎手)
「2~3番手でもいいかと思っていましたが、うまくハナを切れましたし、いいペースで行けました。着差は僅かですが、つつかれる方がいいタイプで、交わされることはないと思っていました」

2着 キャトルフィーユ(後藤騎手)
「手応えの割りに3~4コーナーで置かれるところがあります」

3着 フィロパトール(津村騎手)
「一瞬、夢を見ましたが、相手の方が自力が上でした。自己条件なら十分勝ち負けになるでしょう」

4着 ウインプリメーラ(和田騎手)
「直線も詰まらずにいいレースが出来ましたが、ペースが速くならなかったのが誤算でした。復調の兆しがあります」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

皐月賞 with アンタレスS in 2014

Classic_logo

◆皐月賞

140420nak11d

◎イスラボニータ

共同通信杯でググッとフォームに拡がりが出てきましたね♪

140420nak11b1 140420nak11b2

140420nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140420nak11z 140420nak11k 140420nak11l 2000

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03 Photo04
Photo05


◆アンタレスS

140419han11d

140419han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140419han11z 140419han11k 140419han11l 1800


◆レース後のコメント by Nikkei

【皐月賞(GI)】(中山)~イスラボニータが4連勝で戴冠

1着 イスラボニータ(蛯名騎手)
「右回りがどうとか、対戦相手がどうとか言われていましたが、今日は馬の力を信じて乗りました。1コーナーまでで折り合いをつけて、外めへ出して行こうと思いました。今日は新馬を除いて、今までで一番折り合いもついて、手応え良く前で競馬が出来ました。この手応えなら絶対に弾けてくれると思って、早めに出て行っても凌いでくれると思い、早めに一気の脚で出て行きました。最後、フワフワするところもありましたが、並んでいたのでそのまま凌ぐことが出来ました。折り合いがついてスムースな競馬が出来ますし、東京コースの方がいいと思います」

2着 トゥザワールド(川田騎手)
「外枠でしたが、スムースにレースが出来ました。少し力んでいましたが、リズムよく運べました。直線もしっかりと動いてくれましたが、勝った馬が強かったです。力をつけているので、次に向けても楽しみです」

(池江泰寿調教師)
「思い通りのレースが出来ましたが、勝った馬が一枚上でした。2コーナーでイスラボニータをうまく内に閉じ込められたと思ったのですが、そこからの蛯名騎手の出し方、技ありでした。2400mは大歓迎です。この血統でどこまで追いつけるか、ですね」

3着 ウインフルブルーム(柴田大騎手)
「この馬の持ち味、力は出し切りました。他の馬が来る前に仕掛けてリードを取りたかったのですが...。しかし、バテずに最後まで伸びてくれました」

(宮本博調教師)
「この馬自身は最高のレースをしてくれました。皐月賞から先のことは、まったく馬主さんと話し合っていませんので、未定です。馬の無事を確かめて、それから考えます」

4着 ワンアンドオンリー(横山典騎手)
「勝った馬の後ろで競馬が出来れば良かったです。スタートでダッシュがつかず、後方からになりました。それでも最後まで長くいい脚を使って頑張っています。馬も落ち着いていましたし、ダービーに向けていい収穫がありました」

5着 ステファノス(後藤騎手)
「勝ち馬を見る形で、いいポジションにつけられ、イメージ通りの競馬が出来ました。最高のパターンだと思いました。最後は力の差が出ましたが、次につながる競馬が出来ました」

6着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「前々につけて、3~4コーナーでもスッと動いていい感じでしたが、最後はふがいなかったです。馬場は昨日の方がいいと思います。馬場が乾いて速くなっていました。早めに勝負をかけて行ったのですが...」

7着 ベルキャニオン(福永騎手)
「もう少し前で競馬が出来たら良かったです。スタートは良かったのですが、前回で外に逃げていましたし、前のポジションを取りに攻め切れませんでした。力は足りていると思いますし、最後もよく伸びてくれました。今日はハミを替えて、口向きも良くなっていました。東京ならもっと持ち味を出せると思います」

8着 クラリティシチー(内田博騎手)
「前に行きたかったのですが、馬群がゴチャついてスムースに進められませんでした。思っていたような位置につけられませんでした」

9着 アドマイヤデウス(岩田騎手)
「ここまでバランスを崩さず走っている馬で、今日はレースとしてはスムースだったのですが...。中山も問題ないですし、また良くなってくるでしょう」

10着 ロサギガンティア(柴田善騎手)
「いい感じで回ってくれましたが...。距離なのでしょうか」

11着同着 トーセンスターダム(武豊騎手)
「スタートが良く、思ったよりいいポジションにつけられました。トゥザワールドの真後ろにいて、絶好の展開だと思いました。しかし、3コーナーから一気に行きっぷりが悪くなり、ビックリしたような走りになってしまいました。残念です。これがいい経験になればと思います。また巻き返したいです」

(池江泰寿調教師)
「今日は馬場が向きませんでした。3コーナーで失速して、馬も何が起きているのか分かっていない感じでした。府中の馬場ならもっとやれると思います」

11着同着 バウンスシャッセ(北村宏騎手)
「ゲートを上手に出てくれました。折り合いもつきましたし、ポジションを取りに行く競馬で、あまり他の馬のプレッシャーが掛からないところにいようと思いました。しかし、3~4コーナーの馬場が掘れていて力を奪われてしまいました。それでも最後は食い下がって頑張っていました」

13着 コウエイワンマン(松岡騎手)
「頑張りました。厳しい競馬が出来て、今後に生きるのではないでしょうか」

16着 アデイインザライフ(田辺騎手)
「結構負けてしまいましたね。ゲートを出る際、躓いてしまい、軌道に乗れませんでした。雨が降った方が良かったかもしれません」

17着 タガノグランパ(石橋脩騎手)
「前半は、馬の後ろに入れたかったのですが、それが出来ずにハミを噛んでしまいました。2000mを意識した競馬を心がけましたが、それも出来ませんでした」

18着 クリノカンパニー(江田照騎手)
「もう少し力をつけて欲しいです。自分の形で競馬をしましたが、相手が強かったです」

【アンタレスS(GIII)】(阪神)~ナムラビクターが重賞初制覇

1着 ナムラビクター(小牧騎手)
「ニホンピロアワーズに早めに併せる形で行きました。手応えが抜群ですんなりと先頭に立ちましたが、ゴール前でソラを使って遊ぶようなところがありました。今後はそのあたりに気をつけて乗っていきたいと思いますが、それで勝つのですから力があります。これから楽しみです」

2着 トウショウフリーク(武豊騎手)
「ハナに立てず、行きたがる面がありました。それでも終いは伸びています。いいレースが出来ました。具合がいいのでしょうね」

3着 ニホンピロアワーズ(酒井騎手)
「スタート、道中も思い通りでした。ナムラビクターが動いた時もスムースに動けました。直線でもナムラビクターの追い出しを待つくらいでしたが、追い出してからいつもの沈むような感じが薄かったです」

4着 グレイスフルリープ(太宰騎手)
「2番手でもと思っていましたが、速かったので自分で行く形になりました。小牧騎手からは1800mでも問題ないと聞いていましたが、その通りでした。これから楽しみですね」

5着 グランドシチー(岩田騎手)
「よく伸びています。でも、展開や枠に左右される面がありますからね。でも終いは確実に脚を使ってくれます。今日は前も止まらない流れでした」

6着 エアハリファ(福永騎手)
「状態は良かったのですが、追っていま一つでした。現状では1400m~1600mがいいのかもしれません」

7着 クリソライト(シュタルケ騎手)
「他馬の影響を受け、脚を余してしまいました。それがなければ勝ち負けだったと思います」

10着 ゴールスキー(浜中騎手)
「右回りだと外に張ってしまいます。ベストは左回りのマイルくらいまでだと思います」

12着 ソロル(ペドロサ騎手)
「気合が乗って良かったのですが、3コーナー過ぎから押さないと行けなくなってしまいました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月12日 (土)

桜花賞 / ニュージーランドT with 阪神牝馬S in 2014

Classic_logo

◆桜花賞

140413han11d

140413han11b 1~6着まで☆が並ぶ気持ち良い結果ww

140413han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140413han11z 140413han11k 140413han11l 1600

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03_2 Photo04
Photo05 Photo06


◆ニュージーランドT

140412nak11d

140412nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140412nak11z 140412nak11k 140412nak11l 1600_2


◆阪神牝馬S

140412han11d

140412han11b1 140412han11b2

140412han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140412han11z 140412han11k 140412han11l 1400


◆レース後のコメント by Nikkei

【桜花賞】(阪神)~ハープスターが直線ゴボウ抜きで桜の女王に輝く

1着 ハープスター 川田将雅騎手
「ホッとしました。いつも通りの位置で、リズムよく運ぶことを考えていましたし、道中は心配していませんでした。道中のリズムもよかったですし、あとは追い出すタイミングだけ注意していました。馬もGIということを理解しているかのように一生懸命走ってくれました。新馬戦からいろいろな経験をさせていただいている馬で、無事に勝ててよかったです」

松田博資調教師のコメント
「ホッとしています。ベガの血をひく馬で桜花賞を勝てたというのはやはり感慨深いですね。馬の様子もいつもと変わりなかったですし、ゴールしたときはよかったという気持ちでした。今後のことはオーナーと相談になりますが、応援していただいたファンの皆様、本当にありがとうございました」

2着 レッドリヴェール 戸崎圭太騎手
「休み明けという感じはありませんでした。スタートで少し遅れたのは休み明けの分かもしれませんが、道中はしっかり走っていましたし、抜け出すときは勝ったと思ったのですが......」

3着 ヌーヴォレコルト 斎藤誠調教師
「ジョッキーはそれほど影響はなかったと言っていましたが、直線で狭くなったのが残念です。もう少し前の位置でレースができて、スムーズに直線抜けられたらそれほど差はなかったと思います。中間は強めの調教をして、輸送もクリアしてくれましたし、ジョッキーもオークスで巻き返したいと言っていました。距離も大丈夫ですから、次に期待したいと思います」

4着 ホウライアキコ 和田竜二騎手
「スタートから我慢がきいて、道中はいい感じでした。追い出しのタイミングもよかったと思いますが、上位の馬とは切れ味の差が出た形です」

7着 マーブルカテドラル 田辺裕信騎手
「道中はいい感じで運べましたし、追ってからも反応してくれました。本当にいいときの感じからはもうひと息という感じで、ゴール前は止まってしまいましたが、レースセンスを感じる馬でこれから楽しみだと思います」

8着 フォーエバーモア 蛯名正義騎手
「最初から力んで走っていました。そのぶん伸びがありませんでした」

【ニュージーランドT(GII)】(中山)~ショウナンアチーヴが接戦制して重賞初制覇

1着 ショウナンアチーヴ(後藤騎手)
「(出遅れについて)スタートもこの馬のいつも通りの形。他の馬がペースを作ってくれてうまく流れてくれました。前走はうまく乗ることが出来なかったので、勝ちたいという気持ちが強かったです。目標は北村宏騎手のショウナンワダチだと思っていましたし、北村宏騎手が完璧に乗っていたので、自分としてもレースはしやすかったです。いい形で次へ臨むことが出来ます」

(国枝栄調教師)
「思ったよりも出遅れてしまいましたが、外枠だったし、ペースもうまく流れてくれました。今日は馬が仕上がり過ぎて、気合も入り過ぎていました。本番までは体のハリだけ保つようにして調整していきたいです」

2着 ショウナンワダチ(北村宏騎手)
「ゲート練習や、流れをつかみやすいように練習したりと、厩舎がいろいろとやってくれました。それを馬もこなしてくれました。待ってから追い出したのですが、先に行っていた分、いい目標になってしまいました。しかし、内容は良かったです」

3着 ベルルミエール(川島騎手)
「大外枠だった分、脚を使ってしまいました。力のある馬にやられてしまいました。それでも最後は脚が上がっておらず、我慢出来ました。収穫があったと思います」

4着 アルマエルナト(藤岡佑騎手)
「最後はいい脚を使ってくれました。しかし、4コーナーで内に取りつけていれば良かったです。まだ荒削りな部分がありますし、マイルではあれ以上前にポジションを取りに行けません。勝ち馬と同じ位置だったら突き抜けているのですが...」

5着 ウインフェニックス(石橋脩騎手)
「直線では、やったと思ったのですが...。馬は良くなっているので、今後も楽しみです」

6着 イタリアンネオ(田中勝騎手)
「道中はついて行けませんでしたが、終いは伸びてくれました。流れが悪かったと思います」

8着 カラダレジェンド(田辺騎手)
「前走は、勝ちを意識して行きました。今回は、速いペースに巻き込まれ、忙しいリズムになってしまいました。道中もジッとしていて、いい感じのポジションでした。勝ち馬と並んで、前も流れて、いい位置を取れました。脚を使っている感じですが、直線では伸び切れませんでした。緩いペースの中で勝ってきて、速い時計に対応出来ていません」

10着 イダス(戸崎騎手)
「ゲートの裏でもずーっとテンションが高く、一生懸命走っていました。気が入っていて、頑張りきれませんでした」

【阪神牝馬S(GII)】(阪神)~スマートレイアーが最後方一気で人気に応える

1着 スマートレイアー(武豊騎手)
「ああなって(出遅れて)しまったら仕方ありません。それなりのレースをするしかありませんからね。終わってみれば1400mは合っています。この後、本番のマイルももちろんいいですね。ただ、スタートは今後も課題になります。相手も強くなりますからね。この馬にとっては初重賞、いいレースが出来ましたから、次が楽しみになりました」

2着 ウリウリ(福永騎手)
「手応えも良かったですし、スルスルとうまく行ったと思ったのですが、外に1頭いましたね。それでも、1400mでもきちっと脚を使ってくれました。本番は次、距離は1600mに延びた方がいい馬です」

3着 ローブティサージュ(シュタルケ騎手)
「スムースないいレースが出来ました。強いて言うなら、以前は長いところを使っていましたから、その影響があったのかもしれません」

4着 エピセアローム(松山騎手)
「スタートよく、いいポジションが取れました。1400mの分、最後は甘くなってしまいましたが、それでも踏ん張ってくれました」

6着 サマールナ(古川騎手)
「内からスッと理想的なレースが出来ました。いいところを見せてくれましたが、坂で少し甘くなりました。直線が平坦なコースがベストかもしれません」

8着 クロフネサプライズ(柴山騎手)
「外を回るよりはと思い、自分のペースで行きました。ローブティサージュが来た時、一瞬反応しましたが、その後は休み明けの分だと思います。ここを使って変わってくると思います」

9着 ウイングザムーン(秋山騎手)
「スタートが良くなかったので、流れに乗せに行った時に脚を使ってしまいました。ジッとしていた方が良かったかもしれません」

10着 トーホウアマポーラ(岩田騎手)
「消化不良ですね。もう少し前の位置で運びたかったです。決して力負けではないと思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

毎日杯 with 日経賞 in 2014

Classic_logo

◆毎日杯

140329han11d

◎ステファノス

140329han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140329han11z 140329han11k 140329han11l 1800


◆日経賞

140329nak11d

◎フェノーメノ

140329nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140329nak11z 140329nak11k 140329nak11l 2500


◆レース後のコメント by Nikkei

【毎日杯(GIII)】(阪神)~マイネルフロストがゴール寸前捉えて重賞初制覇

1着 マイネルフロスト(柴田大騎手)
「道中は折り合いに専念しました。直線、前が塞がってどうかと思いましたが、キッチリと差し切ることが出来ました。今日の感じなら2400mも大丈夫だと思います」

2着 エイシンブルズアイ(秋山騎手)
「調教の動きが良くて、これはチャンスだと思っていましたが、タッチの差でした。走る馬ですよ」

3着 ステファノス(シュタルケ騎手)
「4コーナーまではスムースでしたが、他馬に来られて2、3秒早く仕掛けることになりました。いいレースは出来ていますが、今日は外枠が響きました」

4着 ラングレー(北村宏騎手)
「前の馬がフラフラしていて、4コーナーでその馬を避けるために振られてしまいました。そこでタメきれなかった分、最後に脚色が一緒になってしまいました」

5着 アズマシャトル(松山騎手)
「いい位置で流れに乗ってレースが出来ましたが、終いは思ったほど切れませんでした」

6着 パドルウィール(四位騎手)
「ゲートはあまり良くありませんでしたが、元々後ろからのレースを考えていました。馬込みに入れるとフワフワするので、4コーナーで外から前に出して行きました。素質がある馬です」

9着 シンガン(川島騎手)
「スムースにレースを運べたので直線伸びるかと思いましたが、伸び切れませんでした。敗因がはっきりしません」

【日経賞(GII)】(中山)~ウインバリアシオンが復活の重賞V

1着 ウインバリアシオン(岩田騎手)
「出たなりで競馬をしようと考えていました。スタートして、思った以上にみんなが牽制しあってスローになり、行きたがりましたが、我慢してくれました。動き出す時はいい反応をしてくれて、最後は本当にいい脚を使ってくれました。無事に行ってくれたら大きなところを狙える馬です。そして次はその大きなところ、本番になりますが、今日よりももっと走れると思っています」

2着 ホッコーブレーヴ(田辺騎手)
「この馬に向かないペースでよく頑張ってくれました。4コーナーでペースが速くなってヨーイドンの形になった時にモタモタしてしまいました。しかしその分、外へ出す余裕が出来ました。それでも先頭をつかまえるのは難しかったです。右回りの実績がなかったのですが、馬は大分しっかりしてきました」

4着 サトノアポロ(三浦騎手)
「位置取りは気にしていませんでした。ゲートをうまく出たのであの位置になりました。落ち着いて楽な流れでした。休み明けでしたが、しっかり走ってくれました」

5着 フェノーメノ(蛯名騎手)
「調教の時から物足りない感じで、やっと間に合ったかというくらいでした。今回は長期にわたって休んでいただけに今までの休み明けとは違います。道中は、前に馬がいなくて壁のない状態で、気負って走っていました。馬もしぼんでいる感じで、筋肉も落ちていました。これから調教や競馬をすることで、体も張って変わってくると思います」

8着 アスカクリチャン(戸崎騎手)
「ペースが速くなった時について行けなくなりました。道中も前に乗っかり気味の走りでした。馬の感じは悪くなかったのですが...」

9着 ジャガーメイル(石橋脩騎手)
「はまってくる感じがありませんでした。急かして行ってもシュッと来るものがありませんでした」

10着 オーシャンブルー(M・デムーロ騎手)
「馬群の中でレースをするイメージで乗りました。外に馬を置いて内を進んでいたのですが、内側の馬場が荒れていて、それを気にしていました。3~4コーナーにかけてズブくなってノメるような走りになってしまいました」

11着 サクラアルディート(吉田豊騎手)
「乗りやすく、いい感じでした。勝負どころで窮屈になってしまい、外に出せれば良かったです。かわいそうでした」

12着 アドマイヤフライト(内田博騎手)
「前に行くつもりはなく、流れが落ち着いてあの位置になりました。引っ掛かっている訳でもなく、4コーナーでそろそろ人気馬が来るだろうと思って併せ馬に持ち込もうと思ったら、封じ込められてしまいました。何ででしょうか...」

14着 マイネルジェイド(松岡騎手)
「ウインバリアシオンについて行ったのですが...。上積みはあると思います。休み明けで走るタイプではありませんし、これがいい経験になると思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

スプリングS with 阪神大賞典 in 2014

Classic_logo

◆スプリングS

140323nak11d

◎モーリス

重ための中山…
アジアエクスプレス向きじゃん…と言えばそうなんだけど(笑)
この仔は元々気性さえ何とかなれば距離延長で見てみたかった素材
新馬戦で見せた推進力は並じゃなかったんで、、、

140323nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140323nak11z 140323nak11k 140323nak11l  1800

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Sphoto01 Sphoto02
Sphoto03


◆阪神大賞典

140323han11d

140323han11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140323han11z 140323han11k 140323han11l 3000

Photoパ比較(競馬ブックPHOTOパドックより)
Photo01 Photo02
Photo03


◆レース後のコメント by Nikkei

【スプリングS(GII)】(中山)~ロサギガンティアが重賞初制覇

1着 ロサギガンティア(M・デムーロ騎手)
「すごくいい馬です。スタートはあまり良くありませんでした。馬がまだ若く、幼いところを見せていました。初めての中山で何をどうしたらいいか分からない感じでした。道中の手応えはずっと良かったです。いいポジションで競馬が出来ました。パドックでは美しく力強い馬だと思いました。私は免許が切れるので次のレースは乗れませんが、出来れば乗りたいです。頑張って欲しいです」

2着 アジアエクスプレス(戸崎騎手)
「攻め馬の時よりも感じが良かったです。テンションは高かったのですが、休み明けの分だと思います。ハミの取り方も良くなって、終いも伸びています。距離は大丈夫でした」

(手塚貴久調教師)
「今日は装鞍所から馬がイレ込んでいました。3、4コーナーでズブさを見せるのは今までと同じですが、勝った馬に先に抜けられてしまいました。芝は大丈夫そうですね。距離のこともありますが、自分としては皐月賞に行きたい気持ちはあります」

3着 クラリティシチー(内田博騎手)
「権利が取れて良かったです。枠順のこともありますが、距離も関係しているのでしょうか、抑えながら行けばもちます。中3週で大したものです」

(上原博之調教師)
「外々を回ってロスがあった中、力のあるところを見せてくれました。早めにスパートして、いい脚を使ってくれました。権利が取れてホッとしています。ダイワメジャーもスプリングステークス3着から本番を勝っていますし、悲観はしていません」

5着 リーゼントロック(松岡騎手)
「3着もあるかと思ったくらいです。初めての芝もこなしてくれました。折り合いもついて、悔いのない競馬が出来ました」

6着 ベルキャニオン(福永騎手)
「練習の成果もあって、ゲートはうまく出てくれました。アジアエクスプレスの後ろにつけて一旦おさまりかけたのですが、1コーナーから外へ逃げる感じになりました。道中はその修正をしていたのですが、時間が掛かりました。3コーナーまで左に逃げっぱなしで、その点が大きかったです。脚をためられませんでした。能力のある馬ですし、大きく負けてはいません。動ける体になっているのですが、難しいところがあります」

8着 ウインマーレライ(石橋脩騎手)
「追い切りに乗っていたのですが、時計が出ていました。芝に入れてから返し馬の感じは良かったです。道中はリズムを大事にして乗りました。外差しの有利な馬場だったら来たかもしれません」

9着 マイネルアウラート(柴田大騎手)
「頑張っています。非力な面がありますが、これからさらに良くなるでしょう。しかし、相手は強かったです」

10着 ネオヴァロン(三浦騎手)
「馬は良くなっています。3コーナーから動いた分、最後は甘くなりました。まだ良くなると思います」

【阪神大賞典(GII)】(阪神)~ゴールドシップが連覇

1着 ゴールドシップ(岩田騎手)
「位置取りはどこでもいいと思っていました。ただ、単騎逃げの縦長の展開にならないように注意していました。やや掛かり気味でしたが、追走も楽でしたし、大トビのパワーのある走りでした。最後まで止まる気配もなく、さすがGI馬です。勝ててとにかくホッとしています」

(須貝尚介調教師)
「精神的にもいいコンディションでしたし、岩田騎手も落ち着いて誘導してくれました。プラス10キロも想定通り、ちょうどいい体になっていました。馬もスタッフもよく頑張ってくれました。グランプリホースとしてここでは負けられない気持ちでしたし、良かったです。この後は天皇賞を目標に調整します」

2着 アドマイヤラクティ(四位騎手)
「ゴールドシップにあの競馬をされてはつかまえ切れません。自分の馬のパフォーマンスは出来たと思いますし、初めて乗せてもらいましたが、とても乗りやすい馬でした」

3着 バンデ(松田騎手)
「物見をしていました。若さがかなり残っています。まだまだ伸びしろはあると思いますが...残念でした」

4着 サトノノブレス(浜中騎手)
「ウォームアップの時からテンションが高かったです。ゲート内でも待たされて馬が我慢出来ず、少し立ち上がった時にゲートが開いて、タイミングが合いませんでした。本当はもう少し前の位置でレースがしたかったんですが...」

6着 エーシンミラージュ(バルジュー騎手)
「頑張って走っています。最後のコーナーまではスムースでしたが、直線で思うような脚が使えませんでした」

9着 エーシンスピーダー(太宰騎手)
「芝でも上手に走っていました。芝も問題ないと思います」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月21日 (金)

フラワーC / ファルコンS in 2014

Classic_logo

◆フラワーC

140321nak11d

◎ベストリーダー

前肢の上りが甘いので中山の坂が鬼門かもだが…!?
あまりにも人気ないのでツマミたくなっちゃったの巻ww

140321nak11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140321nak11z 140321nak11k 140321nak11l 1800


◆ファルコンS

140322chu11d

140322chu11s

前哨戦データ / 種牡馬実績 / 過去のラップ / コース図
140322chu11z 140322chu11k 140322chu11l  1400


◆レース後のコメント by Nikkei

【フラワーC】(中山)~バウンスシャッセが2馬身差でV

1着 バウンスシャッセ 北村宏司騎手
「直線抜け出すとフワッとしましたが、余力がありました。折り合いのつく馬ですし、1800mですからある程度の位置につけていきました。3~4コーナーの馬場の悪いところもうまくこなしてくれましたし、直線は進路があれば伸びそうな感じでした。アルテミスSで乗ったときは距離が忙しかったのかと思います。今日は十分いい手応えでした。距離は延びても大丈夫だと思いますし、まだまだ伸びしろのある馬なので楽しみです」

藤沢和雄調教師のコメント
「前回の競馬が強かったですし、調教もいい内容でした。スタートもよくなり、上手な競馬をしていました。体が大きくなり、たくましくなりましたね。距離は長いほうがいいタイプで、桜花賞向きではありません。まだオークスまで時間がありますから、間に皐月賞を挟むかどうか検討します」

2着(同着) マイネグレヴィル 柴田大知騎手
「このような持続力を生かせるレースのほうが持ち味が出ます。うまくいったのですが、勝った馬の力が違いました。雨が降って、もっと馬場が渋るといいのですが、馬場が乾いてしまいました。馬はがんばってくれたと思います」

2着(同着) パシフィックギャル A.シュタルケ騎手
「すごくいいレースだったと思います。いいポジションにつけられましたし、直線で二の脚を使ったことで、2着に来られました。4コーナーを回って、ここぞと思って追ったときに右によれていました。そのあたりが課題ですが、いい根性がありますね」

4着 マローブルー 石橋脩騎手
「上手にスタートを切ってくれました。あまり後ろにいても今日の馬場はきついと思いましたし、押して行ってもダメだと思いましたが、うまく行ってくれて、いいポジションにつけることができました。タイミングよく追い出しましたが、馬場の影響で右に左にブレていました。パンパンの良馬場だったら、また違ったと思います。まだ緩いですし、良化の余地はあると思います」

5着 ショウナンパンドラ 浜中俊騎手
「輸送でも馬体を維持して、いい感じでした。しかし、今日の強い風でフラフラになり、持ちこたえられませんでした。体の小さな馬で厳しかったです」

7着 クリスマス 田辺裕信騎手
「距離なのでしょうか。道中は動きたいところで進出できましたが、最後は止まりました。今日は初めての1800mでしたし、これが今後に生きてくればと思います」

斎藤誠調教師のコメント
「馬場が悪いので、きれいなところを通ろうとした分、距離をロスしました。距離が長いかもしれません。実績上位で、勝ちにいく競馬をしましたが、あそこで止まったので、今後についてはオーナーと相談して考えたいと思います」

8着 チョコレートバイン 武豊騎手
「馬の状態は悪くありませんでした。道中は行きたがっていましたが、伸びそうな雰囲気はありました。しかし、距離が長いのでしょうか。短いほうがいいかもしれません」

【ファルコンS(GIII)】(中京)~タガノグランパが重賞初制覇

1着 タガノグランパ(福永騎手)
「折り合いもつきましたし、長く脚を使えてイメージした通りのレースが出来ました。抜け出してから遊ぶようなところもありましたし、伸びしろもあるのではないでしょうか。今日の感じならマイルでも大丈夫でしょう。楽しみです」

3着 アルマエルナト(藤岡佑騎手)
「コントロールのしやすい馬です。直線で待たされるところがありましたが、よく伸びてくれました。上位馬は強かったですが、今日の内容なら先々楽しみです」

4着 ベルルミエール(川島騎手)
「競馬が上手です。スタートが上手でいいポジションを取れますし、スムースでした。最後も止まっていないのですが、上位の馬の決め手にやられてしまいました」

6着 ショウナンアチーヴ(国枝栄調教師)
「流れは良かったのですが、直線でゴチャついてしまいました。57キロも厳しかったですね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 センブラフェ14(シルク) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ