2015年2月27日 (金)

【エレイン】奇跡の仔

Aibahou_logo


シルクで初出資したエレイン
しかし2度の骨折でデビューすらできなかったエレイン

彼女に見た夢は大きかった、、、
だから、引退エントリでこう締めくくった、、、

母のポテンシャルは仔が証明してくれるはず。。。
クラブに産駒が回ってくる保証はないが、
エレインに見た夢を、次世代に託したいと思います

その夢の続きが、まさかの展開www

ステイ最後の子受胎 18年デビューへ by 日刊スポーツ

 今月5日に21歳で急死した名種牡馬ステイゴールドの、今年最初で最後の交配相手となった唯一の繁殖牝馬が、無事に受胎していることが25日、分かった。希少なラストクロップを授かった繁殖牝馬はエレイン(牝4)で、北海道白老町の社台コーポレーション白老ファームで元気に過ごしている。

 父は現在リーディングサイアー1位のキングカメハメハ。12年のマイルCSを制したサダムパテックの半妹にあたる良血だ。中央登録されていたが、故障のためデビューできず、未出走で繁殖入り。花嫁として最初のお相手がステイゴールドだった。

 ステイゴールドはブリーダーズ・スタリオン・ステーション(北海道日高町)で、今年最初の種付けとして5日午後にエレインと交配。何事もなく馬房に戻ったが、体調が急変。懸命の治療もむなしく息を引き取った。解剖の結果、死因は大動脈破裂と発表された。

 名種牡馬サンデーサイレンスを父に持ち、競走馬時代は香港ヴァーズ、ドバイシーマクラシックを制した。02年種牡馬入り後は3冠馬オルフェーヴルやG1・5勝のゴールドシップなどを輩出。ブルードメアサイアーとしてもクリスマスが13年函館2歳Sを勝つなど、馬名由来通り、その血は輝き続けている。

 全世界的な注目を浴びそうな奇跡の産駒は、来年誕生し、早ければ2歳の18年にターフに登場する。

何ともドラマチックな話じゃないかwww

オルフェーヴルやゴールドシップ、そしてドリームジャーニー、ナカヤマフェスタ、フェノーメノ、レッドリヴェールなど豪華絢爛な産駒を輩出したステイゴールド

惜しまれつつ急逝した偉大な種牡馬の唯一無二のラストクロップが
まさかの出資牝馬に宿されたとあっちゃ、興奮を隠し切れないwww


いやあ、、、持ってるね、オレ(笑)


まあ、その仔がシルクで募集なんざ夢のまた夢なんだろうけど
産まれくる仔の活躍を願う気持ちは確立されたww


つうか一口って深いよなあ(笑)


Photo

|

'11 エレイン(シルク)」カテゴリの記事

一口馬主LIFE★彡^・∋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534343/61202183

この記事へのトラックバック一覧です: 【エレイン】奇跡の仔: