りゅう's Private

2015年1月 2日 (金)

2015年のご挨拶

150102


あけましておめでとうございます!


例年通り一年の計を元旦に行わないマイペースなブログの管理人りゅうですw
本年もゆるりとお付き合いくだされ←

新年一発目のエントリでテケトな能書きばっか垂れてるこのコーナー(笑)
意外や意外、2014年もダービー馬と桜花賞馬を無事指名しております( ̄▽ ̄)
今年も大丈夫か!?と問われると、全く保証はできませんが←
相も変らず好き勝手に書いておきます


【一口】

2013年成績は(2-2-0-1-2-3/10)、勝率20.0%、連対率40.0%
で、2014年は(8-3-2-3-0-12/28)、勝率28.6%、連対率39.3%

こりゃ当然ですが、二世代目で頭数も増えて年間出走数が3倍くらいにUP
それでもって、勝ち切る仔が増えてきたのが嬉しいですね♪

功労馬は文句なしにレッドアルヴィス(*'ω'*)
一口ライフ初の重賞勝利をプレゼントしてくれた偉いヤツですw
今年は根岸S圧勝からの、フェブラリーS勝ち
んでもって、ドバイ遠征という夢を与えてくれるでしょう(吹きまくりww

そして、重賞2着2回のアヴニールマルシェも素晴らしい♪
勝ってくれてりゃなお良かったんだが、そいつは相手あってのもの(笑)
一口的には充分すぎる結果だと思っています
まあ、期待が大きい分だけ物足りないっちゃ、物足りないけど
ココから共同通信杯⇒皐月賞⇒ダービーと鬱憤を晴らしてくれるでしょうww

んで、条件戦チャレンジの仔たちも、しっかり結果を出せるはずだと思える仔ばっかなので2015年の飛躍を期待しておりますヽ(^o^)丿

とは言っても、順調な過程を踏んでこそというのを実感しまくってるので
まずは無病息災、、、全馬ケガなどしないことを祈っています♪


……てことで、今年のクラシック戦線。。。
ま、リプレイ全部見てないからテケトなのはご愛嬌www


【牡馬】

ココは一番手に愛馬アヴニールマルシェww 別に贔屓してないから(笑) 冷静に見つめても、不動だと思ってるよ♪ で、サンマルティンが相手筆頭……共同通信杯で早くもぶち当たったりしちゃう!? ポルトドートウィユとかもココで当たるかもしれないよね そして、次走結果はまるでダメだったけどサトノフラムの素質かな(^▽^;) あとは、ホープフルS勝ちのシャイニングレイのバネ感が脅威ってトコ アッシュゴールドとかの成長力も見ものだけど、それを言うならこれまた愛馬のロードユアソングにも期待が掛かるwww


【牝馬】

ロカの素質が一番と思ってましたが、阪神JF馬のショウナンアデラも評価できる走りをしておりました♪ それから連勝した時の変化が顕著だったルージュバックですかね(*'ω'*) 層的にはそこまで厚くないイメージですが、この3頭は抜けています(見た中ではww なので、もし負荷少なめで愛馬レッドマジュールが順当に駒を進めることができれば充分勝負になると思ってますが、さていかに(笑)


以上、能書き清聴あざす(*‘∀‘)
テケトに語っておいたので、テケトに受け止めてくれればと思いますwww


今年もよろしくお願いしますm(_ _)m



2015年元旦(+α) by りゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

やっつけ挨拶2014(笑)

Gantan


あけましておめでとうございます!


テケトなブログ「CLASSIC REPORT」の管理人、りゅうです♪
ごきげんようヽ(^o^)丿

今年も抱負はなくて、能書きだけだぜww
まずは最大の関心事、一口馬主の話から♪


【一口】

昨年は2歳馬6頭出資に対して4頭デビュー
成績は(2-2-0-1-2-3/10)でした♪
勝率20%、連対率40%ですねー( *´艸`)

率だけ見るとかなりな成績ですが
まだまだ分母が少ないから何とも言えません(^▽^;)
……てか、アルヴィスとロンメルの頑張りに集約されてますww

目標は、全馬デビュー戦を迎えること…
そして全馬最初の1勝を挙げること…
あとは、新馬戦を勝つこと…
…となると、背負うのはステラくんになっちゃいますか(笑)

なんてのは冗談でww
新馬戦勝ちは来期に取っててもいーから、
まずは愛仔たちが皆、初戦を迎えてほしいのぅ(*'ω'*)


……てことで、今年のクラシック戦線。。。
ま、リプレイ全部見てないからテケトだよwww


【牡馬】

一番手はラジニケで小回りに不安を残しながら本命抜擢したビップレボルシオン。この仔がまともに成長したら、ダービー馬最右翼です(キッパリww まー何かを証明した訳じゃないから、またまたりゅうの戯言と聞いてくれればオケー(爆) で、次点がそのラジニケで勝利したワンアンドオンリー。東スポ杯で本命にしたけど、上手く伸びきれなかった仔です。この仔の持続力は大したもんです、はい^^ で、アズマシャトルサトノアラジンアトムも評価している仔たちです( *´艸`)


【牝馬】

こちらはでぃらんさんの愛馬レッドリヴェールとJF見所充分だったハープスターの一騎打ちですかね(笑) で、あそこじゃ負けてしまったホウライアキコもまだまだ見限る素材(桜花賞なら)ではありません。そしてレーヴデトワールも開花すればややこしいオンナww← 二強を追いかけて、他の仔がどこまで成長するかって感じかな? ココにベルフィオーレ(未勝利馬ww)が絡んでくれれば馬主冥利に尽きるんだが……素質はあるはずだけどローテーション的にどうかってトコですかね!?


以上、能書き清聴あざす(*‘∀‘)
昨年もソコソコのピックアップが出来たと自負してますんで、今年もテケトーに上手いコトいけば御の字だと思っておりやす←

今年は無理矢理未勝利馬を展望に放り込みましたが、是非とも来年は有力馬の一角として愛馬の名前を書き込みたいと思うところであります……からのw

今年もよろしくお願いしますm(_ _)m



2014年元旦 by りゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

しばしのきうけぃ

いつも当ブログを見にきてくれてる方、すまんねw
先週末から視力の激低下により、レース動画が観れません

レースリプレイを根拠に予想するスタイル上
動画が観れないのは致命傷ww 予想なんざできんよ^^;
なので、しばらく目の労り期間にすることに決めました

エントリ更新はするかもですが
あくまで記録を残すだけの作業になると思います

再開できる日、、、目の回復の後、、、また会いましょう…

チャオ(^^)/


P.S.調教動画やらパドック動画は観れますので、ツイートはするかもですww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

神秘の向こう側 story.6 -ALL RIGHT-

 
◆11/30 7:00

出勤時に映るいつものリビングの風景、、、ん!?
見送るはずのソフィーが寝てる、、疲れてんのかな?
違和感がありつつも、コレといったアレもなく通常通り出勤する


◆同日 18:30

夕刻帰宅、、ソフィーはやはり元気がない
と言うか、朝より明らかに状態が良くない
ゲージの中で寝そべったまま眼球だけが動く。。。

コレはマズイ……!!

鍼のトコではなく、最初に入院した医院まで車を飛ばした

--歯茎に色がありませんね、、、貧血を起しているようです
--貧血の原因が何か…!? 検査をしてみますね
--X線では肺がボヤけていますね、、内出血を起しているのか……

思った以上に容態は悪く、院長と医師総出で診てくれた
血液検査とエコーを絶え間なく続け、出た診察結果は

--ガンです

え!?

--脾臓と右心房に腫瘍が確認されました
--心臓の手術はできませんが、脾臓のみ手術して半年程の延命は……

お願いします!!! 

--あ、DICを発症している可能性があります

ディ…???

DICとは……播種性血管内凝固のことであり

・疾病(今回の場合はガン)が原因での体内出血を抑えるべく血小板が活発になる
・次に凝結した血液が血栓とならぬ様、体は血液を溶かす方向に向う(線溶活性化)
・この体内状態で手術をすると止血不可になるので執刀するには輸血不可欠となる
・今回の判断基準「血小板減少」「PT延長」「フィブリノーゲン減少」「FDP増加」など

--輸血ドナーが見つかる明日まで手術はできません

という、話をされた時点で容態急変
手術待機で入院させている間に、逝ってしまう可能性が高いとの判断

--自宅で、最後を一緒に過ごしてやってください……

院長の振り絞る口からは「血管肉腫で劇症、、どうしようもない……」
オレも半ば覚悟が決まった。。。


◆同日 22:00

抱きかかえて帰宅
もう何をする気も起きず、ただそのままずっと抱いていた

動かなかった仔が、急にドコかに行こうという意思を見せる
「動物は本能で死に場を探す…」という言葉が過ぎる

腕枕を外さないように、布団に寝せた
息遣いが荒い、、、やがてそれも不規則になり、、、数分後、瞳が飛んだ。。。

「ソフィーーーっ!!! 戻って来いっ!!! 明日手術だっ!!!」

飛んだ瞳が帰ってきた
そして瞼をクワッと見開き、オレを睨みつける。。。
もう、半ばわかっちゃいないだろうに、、アノ日歓喜させて貰った尻尾を振り始めた

しかし、やがてまた力を失う、、、オレを凝視したまま鼓動が消えた
でも、最後のメッセージ、、、しっかり受け取った気がした

(11/30 23:58 享年7歳)


◆12/1 13:00

「死後硬直してないですねー!?」斎場のじいさんが首を傾げる

そらね、、最後の夜はずっと添い寝してたからな(笑)
寒い思いなんかさせるワケないじゃないか……

紙製の棺に納められたヤツと最後のお別れをする
まだ見開いている目は、生きているのかと思わせてくれる

突然、雹混じりの雷雨が地方を襲う
「なんだよ、、、随分と雰囲気あるじゃねーかww」
とか、思いながら傘もささずに窯の煙突を眺める

環境対策で発煙を抑えられた設備
ヤツの魂はユラユラ大気を僅かに歪めながら昇ってゆく
子供たちの前で出さなかった涙が頬を伝う

ソフィー。。。(言葉がねぇや…


◆同日 14:30

斎場の老夫婦が何やら言い合っている
この骨壷はデカイだの、
いーや小さいのは入れ方慣れた人じゃなきゃ難しいだの
へっぺったの、こっぺったの(笑)

明らかにデカ過ぎな器を薦めてくるじいさん
いやーコレだとスカスカですやんww 大型犬用とか^^;
「料金は一緒でいいから」ってそんな問題じゃ……(笑)
ちゃんと上手いコト収めるから、小型犬のヤツ下さいよーww

不思議なもので、
骨片を収め、その壷を手にした時には穏やかな心境になっていた
悲しみが消えたわけではないが、うねっていたモノが凪いでゆく感覚

気が付くと雨は止み、東の空に虹がかかっていた

「ふ、、コイツもお前の演出かい?………ありがとな^^」
膝に乗せた白い袋に語りかけると、一呼吸置いてアクセルを踏み込む
薄黄色にキラキラ輝く車道の向こう側へ、ヤツを抱いてオレは前進した。。。

(了)


ALL RIGHT / PEARL

 

詞/曲:SHO-TA(田村直美)

窓を打つ雨音が 天使の羽ばたきに聞こえる
目を閉じて遠い記憶の ママの言葉を思い出している
いつか君がたどり着く人がいる 涙の河の向こうに

Allright 一人では誰も生きてゆけない
Allright ためらわず幾つもの夜を越えて

目覚めれば朝の光が すべてを輝かせてくれる
哀しみは消えてゆくたび 優しさを少し残してゆく
さよならを言ったあなたの 淋しさをわかろうともしないで
歩く事も出来ない愛を二人走らせようとしていた

Allright 一人では見られない夢もある
Allright 分かち合おう限りある時の中で

Allright たった一人で怯える嵐の夜
Allright 支え合う愛の力があれば

※リピート部分は省略ww

 

Img_1425

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

神秘の向こう側 story.5 -Hey Kids Move-

 
◆11/16 17:00

4度目の鍼治療
いつもと同じように、いつもと同じ分だけ鍼を刺す

そして、いつもと同じ後肢の屈伸運動を繰り返す
もちろん人間の手で支えられ、促されながら

慣れてきたソフィーは、既にオレの腕がご執心ww
抱っこされたくて、もうソレしか考えてなくて(笑)

おい、ちったぁ真面目にやれよ^^;


◆11/20 17:00

んま、抱っこされたいが一義でもえーなww
それが原動力となって歩く方に向かうんなら、ね

とか考えてたら
サイドシートで立ち上がる\(^o^)/
ま、背もたれに体重かかっちゃいるけど、立ち上がってるには変わりない

ヤツは必死にアピールする

そらね、、車寄せて停車したさww
そしてヤツを目一杯褒めてあげる
病院でセンセにその姿を見せてやってくれよ…

しかし、寝台の上ではいつもの通り
エアジャッキは変わらず、傍らで眺めるオレに執心も変わらず…


◆11/24 17:00

何度目になったかな? 鍼治療(笑)
いつもと変わらない診察を受け……と、オレにはそうしか見えなかったが
センセから思わぬ一言が出る

「次、立てますよ、、たぶん」
「万が一、次じゃなくてもあと2回くらいかなぁ」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

最高だ! 東洋の神秘っ!!
もうね、浮かれ気分で帰途のアクセルをフカしたww

そうそう
この日は若愉メンバーが我が家に襲来する日でもあった

病院行かなきゃいけないオレの都合に合わせてくれて
ジャパンカップ観戦の前夜祭をココ周辺でやることにしてくれたのよ♪
僻地へようこそ(笑) みんなあざーす^^


◆11/25 10:00

ビミョーに二日酔いでダルイ
ココから府中まで2時間かかるからね、もうじき出発しなきゃだよ
順番にシャワーを浴びてノロノロ準備をする

そんなのお構い無しに、皆にヘラヘラ愛想を振り撒く仔が居る(笑)
アピール効果あって、可愛がって貰っておったww
相変わらず、立ちはしないが、快調に尻尾はブンブン振り回してたよ(笑)


◆11/26 18:00

昨夜もう一泊キメたエノさんとグウタラして、
余裕の半ドンから終業後、帰宅した時にソフィーが立った

まだ、全然歩ける雰囲気ではなかったが
エサの皿まで抱っこして行くとほんの短い時間だけど立って食べた
水のボトルまで抱っこして連れて行くとほんの短い時間だけど立って水を飲んだ

ついに、、ついに、、きっかけの到来?





先週から「週1回の通院でよい」と言われた治療院
「次の治療」を待たずしてやっちまったか、おい!?

二日酔いだったはずなのに、その夜は飲んださ(笑)
意味なくヤツに語りかけ、意味なく缶ビールのプルをヒネってなww

東洋の神秘を体感する瞬間は、もうソコまできている
待ち侘びた日、最高の夜が確かにあった。。。


Hey Kids Move / PEARL

 

詞:SHO-TA(田村直美)/曲:Char

月の光に流されて 迷い込んだその日から
夢を心に隠して 人の影に震えてる
無理やり引き裂かれた 世の中を戻せるのは
そんなお前達だけかもしれないネ もしかしたら

壊すのは今 試されるのも今さ
怖がる前に 立ち上がってみせなヨ

忘れないで輝いて 真直ぐな瞳を
だけど自分の力が ドコまでのものかやってみない

壊すのは今 試されるのも今さ
立ち止まる前に 立ち上がってみせなヨ

Hum…心の中のバイブレーション
Hum…高くなってゆくのがわかる

きっと全てが変わりだす 何かが始まる
失うもののない その小さな鼓動で巻き起こせ

※リピート部分は省略ww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

神秘の向こう側 story.4 -ONE STEP-

 
◆11/10 17:00

2度目の鍼治療に向かった

もうね、尻尾振って以来待ち遠しくて仕方なかったんだよね(笑)
も一発ブスってやりゃあ、何かが激変するんじゃねーかってね
あー、ホント信者が心酔していく感覚ってこんなじゃねーの?ww

今日の診療課題は後肢の力の向き
前にも書いたように、もう充分なパワーはあるんだけど
ソレを上手く直立の方向に伝えていないとか

家でもアザラシみたく、後肢ピーンと張って匍匐前進してるからね^^;
ソレを地面に向ける……後方に抜けるのを下方に踏ん張るように変換する
要は足裏の方向を地面へ、そして踏ん張れなくても屈伸動作で吸収する
そんなコトをやっておりました

あ、もちろん鍼はしたよww

エアジャッキのように上下するソフィーの腰
立たせて、ほんのちょいと立つと徐々に、、、
スクワットのスローモーションみたく肢を折り曲げる

「いいぞ!」先生の声

ふうん、、こうやって覚えこませるのか……


◆同日 21:00

しつこーく、立たせて…バランス取らせて…屈伸動作…
てのを家でもやってたらね、、、ある時、もの凄い力で踏ん張ったのよ
手を離しても、、、立ってる! 横にもブレないし、下にも下がらない
うおおおぉぉ!やったぁ\(^o^)/

てオモテたらウ※コしてました(笑)

用を足した後は、、、まーたエアジャッキに戻っちゃいましたが
やろうと思えばできるんじゃん、、、てのを確認できました

まもなく「その日」が来んのかい!?o(^O^*=*^O^)o ワクワク


◆11/13 18:30

依然ソフィーの下半身はエアジャッキのまま
手を離すとヘナヘナと右に左に力なく倒れこむ

そして3度目の鍼治療
先生に先日の一回だけ立てた話をご報告♪

「他に集中している時に無意識に立てちゃったりするんですよ^^」
「犬自身も、はっ!ヤバイ、立っちゃった!?みたいな(笑)」
「そんな事がだんだん多くなっていつしか立てるようになる…」
「そうすれば最初の一歩、二歩が出るようになる」

あはっ^^ 大喜びしたコトもほんの初期段階だったのね
まぁ、一足飛びにうまくイクわきゃねーか(笑)

今日は、鍼の後にレーザーもやってもらったよ
何だか、温かくして血流を上げて細胞の活性化を目論む治療みたい
温度を上げて細胞が集まり、そして散って行くときに悪い部分を掃除するとか
ほーほー、マクロファージが大暴れするんですな\(^o^)/

そうだよ……
サクッと悪い部分を切り除いた訳じゃないんだもん
オレ達が選んだのはあくまで内面からの治癒

一歩づつ、そしてさらにまた一歩
夢と現実の狭間を踏みしめながら進む……
ソフィーとオレの闘病生活も歩み始めたばかりだったなww


ONE STEP / PEARL

 

詞/曲:SHO-TA(田村直美)

風が一吹するだけで 心が少し揺れる
口には出せない憂鬱を 数え上げてみる
繰り返しばかりの毎日で 時々足がすくむ
気づいたら奴らも何気なく 見下ろして過ぎてゆく

ah…少しだけ前が見えてくれば
後は深い霧の中眠ってる--

離れてしまえばそれだけで 細い腕が寒い
甘えるつもりがやるせなく 幻に目を伏せる
繰り返しばかりの毎日は 時々悲しくさせる
お前のRhythemに合わせて歌う事もない

ah…心が痛むほど
声を嗄らし続けなきゃ 上手くはいかない

昨日と同じ今日なんて 誰も望みはしない
今日と同じ明日を 作ろうとは思わない
やりきれない朝もある 眠れない夜もきっとくる
嫌な事にも諦めず その手で全てを消してしまえ

※リピート部分は省略ww

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

神秘の向こう側 story.3 -尾に宿る光-

 
◆11/7 10:30 +1分w

中には女子高生の集団( ´ ▽ ` )……社会見学とか
「部屋の外からの見学は良いですか?」と院長に聞かれるww
もちろん!……大切な何かを掴んでもらえば嬉しいですね^^

カウンセリングが始まった

オレは順を追ってコレまでの経緯を述べていった
そして、第一の懸念。。。MRIの検査結果のコピーを渡した

引っ掛かっていたんだよね
診断書の《重度の圧迫部位があります》というコトバ(笑)
外科を知った上で東洋医学を選択した医師。。。どんな反応を示すのか?
《重度》……このコトバを確り確認した後も
先生の口から「手術で除いたほうが良さそう」なる言葉は一切出なかった

そして、第二の懸念
今回、前の病院で指摘された事実。。。深部痛覚がかなり喪失しているコト
ダマで臨んだ触診。。。先生はズバリと言い当てた
「深部痛覚があまりないですね、、、私の診断ではグレード4です」
サクッと言い放った後もやはり「手術」の台詞はなかった

逆に言うと、この情報でわかる深刻さを伝えれば「手術した方が良いです」
と言われるはずだと、、、その言葉を引き出し、踏ん切りをつける材料にするのを
密かに望んでいたんじゃねーかという、中途半端な覚悟だったのかもしれない

でも、小さく、、、ホントに小さな声で先生が呟いた言葉をオレは聞き逃しちゃいない
「……治しますよ……」
病状の重さを散々オレにぶつけちゃいるが、おそらく光明は見えているはずだと……
藁にもすがるオレには、そう思いたく、、、いや、信じれるピースが揃った瞬間だった


◆同日 17:00

チビがガッコから帰ってきたので、ソフィーの面倒を押し付けるww
オレはゲージとオムツ、トイレシートなどを買い出しに行った
多少は広いモノを、、今まで16畳のリビングを闊歩していたヤツだから^^;
でも、放し飼いはコワいので囲っておきたい
そんな考えで畳1枚くらいの大きさのモノを買った

匍匐前進のように移動するソフィー
でもね、後肢の屈伸リハビリをすると意外と力を感じる
アレ???麻痺してるハズなのにーーー!? うそやーん(笑)
というくらい力がある、、、ホントに力がある!!!
鎮痛剤を飲ましちゃいるが、ソコを動かしてみると若干「泣き」が入る
へへーん、、、神経は死んじゃいねーだろうよ!

逆に思いを巡らせる、、、
ソフィーってばさ、賢いからヤバイ部位は一切使わないんだよ
そう、使えないんじゃなく、使わない。。。
痛みがなきゃ動かすはずだわ。。。
そんな憶測を持てるような動き!?\(^o^)/

単なる希望的観測……
判っちゃいるが、そうでも思わなきゃやってらんねーよ(笑)


◆11/8 18:00

会社から帰宅……退院後、初の留守番に耐えたソフィーを労う

経過VTR撮っとこ、とオモテね、、、
匍匐前進シーンを収めようと動画レクしたのさ……

ズルズル引き摺りながら、ソフィーがとった行動!!!

マジで涙が出たぜ……





麻痺しているはずの尻尾を力強く振る姿……
「尻尾を振れないから」手術しましょうって理由のひとつだったから

何気に今朝のリハビリで感じていたからね
肢に腰を浮かせる力が戻ってきているコトを……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

神秘の向こう側 story.2 -混沌なる岐路-

 
◆11/6 10:00

入院先の獣医へ電話をかける

ヘルニア手術成功率は50%、中には10%にも満たないってありますが本当ですか?
ヘルニアの治療には鍼が有効とされていますがご存知ですか?

--インターネットからの情報ですか?

はい、他に調べようがないもので^^;

--大丈夫ですよ。当院ではグレードにもよりますが、ほぼ歩けるようになってます

はぁ。。。

--要は術後のリハビリが肝心です。当院はお預かりして万全の態勢で臨みます

でも、手術を少し待ってもらえませんか?

--もう、MRI検査のため、検診センターへ向けて出発しましたよ

あぁ、ソレは良いです。MRIはやってください

--わかりました。では検査結果を兼ねて今晩もう一度お話しましょう


◆同日 13:00

意を決して、鍼治療を手掛けている病院へ電話を掛けた
ネットだけじゃない情報がどうしても欲しかった
運よく医師と電話が繋がる……症状と経過を伝えると、意外にも

「あなたがもし、手術をしようと数パーセントでも思っているなら手術してください」

は!?

「鍼で絶対治るなんて保証はありませんよ」

呆気にとられたが、先生の伝えたかったのはこうだと思う
もし鍼で回復しなかった場合、手術をしておけば良かった
…と後悔するくらいなら、手術をしておいた方が良い

決してオペ自体を推奨しているものではなく、
飼い主の自責の呪縛のコトを言っているのだとオレは解釈した

でも、逆も言えるじゃんか……
手を尽くしたという自負によって緩和されるのかもしれないが
切らなければ良かった……という後悔も確実に存在する

どちらを選んでも、成功と失敗は紙一重で待ち伏せている……
でも、どっちか選ばなきゃいけねぇし^^;

取りあえず、判断するためにはナマの情報が欲しい
いろいろ聞いてみた結果が、こう

・獣医の技術によるが、総括して手術で成功するのは3割程度というのが実状だろう
・100%ならば1000万使ってでも手術に限る、でも3割という成功に賭けるには……
・ココの病院に来るのは、手術後回復しなかった仔が多数
・それでも6~7割の仔が生活に支障のないレベルまで回復している
・私も元は外科出身で、東洋医学など信じていなかった

そこで、にわか知識が蘇る

・手術を受けた仔に比べ、メスを入れていない仔の方が断然鍼は効果を発揮する

30分にも渡り、誰かもわからない質問者へ丁寧な対応をしてくれた先生はこう締めた

「ご家族と充分に話し合って、それでも鍼を選択するならば来院してください」

うーん、家族会議出席者はチビしか居らんのだがのぅ(笑)


◆同日 19:00

MRIの結果を聞きに入院先へ出向く
診断書には《重度の圧迫部位があります》と書かれていた
面会したソフィーの肢も尻尾もまだ動く気配はない……

「明日の午後、手術の予定を入れておきます」
「もし、受けられない場合は明日9時頃に連絡をください」

ついに最終決断の局面、、、悩んだよ、、、

西洋医学。。。
悪い部分を切る……要は圧迫部位をオペにより取り除く
施術の難易はあるが、単純明快でわかりやすい
しかし、その単純明快なコトを施しても成功率は上がらない……

東洋医学。。。
内面よりの治療……自己治癒力を促して、回復させる
それには鍼が有効、、、よくわかんない、てか胡散臭ーい(笑)
しかし、数々の治癒例が世に満ち溢れている

マクロファージ。。。
はみ出した椎間板を侵食するという細胞。
もし、鍼によってこのマクロファージが活発になり
圧迫部位を食い尽くすという原理であるならば、東洋も西洋も着地点は一緒だ

鍼。。。
コイツがホントにその効果を生み出すのかが正直わからない
なんで、ソコに刺せばそうなるのよ???
医師達も口を揃えて言う…「科学的な解明はできていない」…経験則に則った治療法

グレード3。。。
そして話はココに戻る……ソフィーはグレード3と診断された
内科治療と外科治療の回復率が同程度ならば……
人間もおいそれと踏み切らない箇所に、メスを入れるのは早計なんじゃねーの!?


腹は決まった


オレの采配で、口の利けない仔の運命が決してしまうという恐怖は当然ある
だからこそ我が子同様に悩み抜いて結論を出した
もし、間違っていたら一生尽くして詫びる……

人間のエゴ? 失敗した時の自責? んーなお慰みなどクソ喰らえだ
得体の知れない東洋医学……鍼の可能性に賭けてみようじゃないか!!


◆11/7 9:00

手術のキャンセルを伝え、ソフィーを迎えに行く

院長先生と直接話をした
とにかく、現段階なら手術ですぐに回復するだろうと予測していたのに残念だ、と
そしてなんと「鍼のコトは無知だが、調べてみた」とのこと(何とアツい!!
否定するつもりはない、ただ学術的根拠を求める現在医療では説得力不足だ、と

あとは、院長の理念とか学会の活動とか聞いて、なるほどと感心させられた
やはり執刀を頼むなら、この人にしたいと思うほど素晴らしい人だったのかも?

オレの意思を伝えた
西洋医学も東洋医学も素人なりに飲み込んでみたつもりだと
その上で、切らなくて済むならそちらを選びたい、と

「わかりました」と院長は言い、MRI結果のコピーを渡してくれた


◆同日 10:30

サイドシートから見上げるソフィー
さ、お前の持てる生命力を見せてくれや^^

開発途上の住宅地にポツンとそびえるマンションの1階
暖かな光が反射する扉を、オレたちは開けた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

神秘の向こう側 story.1 -青天の霹靂-

 
激動のNovemberから日にちが経ち、少し気持ちにゆとりができました
大好きだったアイツが旅立ち、凄まじい虚脱を請け負った記録ww

でもま、何かしらアイツのコトを残しておきたくて…
そして、2つの病名を体感した者として、いか程かの情報源になればと思い…
面白いエントリではありませんが……綴ってゆきます

内容は…バッドエンドですww
哀れが鼻に付く方は読まなくて結構です、スルーしてくださいm(_ _)m

でわ、
オレの魂の断片(かたわれ)、愛犬ソフィーの闘病記。。。いざww


◆11/3 14:00

運命の小悪魔はいつの日も気まぐれだww
その日も降って湧いた事象に、またオレは踊らされる……

左眼の奥に視線を感じる……愛犬ソフィーのシグナル……様子がおかしい
トイレシートでおしっこをしたら、自慢タラタラの顔でご褒美をねだりに来る

いつもならね……

でもヤツは駆け込んでこない
というか、歩様がおかしい、、後肢がもつれる動き

まさかまたヘルニア?(5月のアレがアタマを過ぎる)
いや、その後傍らで見ていたが身体を震わせている、、、痛い!?
そして、もつれながらも動いていた肢が感覚を失う
なんかこないだよりも重症だぞ!?

時計を見る

午後診療イチで病院連れてくか。。。


◆同日 16:00

一番乗りで病院に到着、、とオモタら祭日にて休診Σ(゚д゚lll)ガーン
でもま、誰かしらいる病院なので、中にいた人に事情を話した

--獣医師がちょうど居ますので、診てもらいましょう

診察とX線の結果

--ヘルニアですね

こないだと違って、"疑い"ではなくキパーリ言われてもうたww

--症状が出てから今まで、おしっこは出来ましたか?

いえ、していません……

獣医師から説明を受けた
おしっこを自力で出せるならグレード3、出来なきゃグレード4
3なら内科療法でいけるが、4なら手術が望ましい……と

その日は病院で預かって様子を診たいとのコトで、入院となる


◆11/4 13:00

獣医師から電話が入る

--おしっこは出ました! ……安堵
--でも、まだ下半身に動きはありません

このまま状態が変化しないなら、やはり手術を考えておきましょう、、と


◆11/5 10:00

その後、やはり変化はないらしい(T T)
病院に出向き一通り説明を受けた、

・今の段階で手術をすればほぼ歩けるようになる
・「進行性脊髄軟化症」を発症していた場合は現在の医学では治療不可能
・手術後の回復には個体差があります

この時のオレの心の中にはただひとつの考えしかなかった

このまま、回復しないのならオペで歩けるようにしてもらうしかない
優柔不断で判断時期を誤まっちゃいけねぇ……

とまあ、即断即決のいつものスタイル、、光の速さで同意書にサインをしたww
頭の中では、ソフィーを救うにはコレしかないと満場一致だった

手術は今夜……


◆同日 19:00

CTの結果、病変部が曖昧だとの連絡が入る
断定できずに執刀できないので、今夜の手術は中止……
明日、都内の検査センターでMRIの結果を得てから、明後日手術を予定……
一日に二度の麻酔は出来ないため、手術は二日間延期されることとなった

結果的に神が与えた猶予だったのかもしれない

脳裏には……時間との勝負なんじゃなかったのかい?……というのがあり
(発症から48時間以内という言葉が妙に片隅に残っていた)
二日間遅れることに不安を抱き、ネットで検索しまくると……

え!?

『脊椎を手術した場合の成功率は10%にも満たない』
『脊椎にメスを入れた犬の立つ望みはほとんどない』
『手術を思いとどまって、本当に良かった』
『……』

もう、大パニックである(笑)

そして、愛犬のヘルニア経験者が自由にカキコしているブログを見つける
レスが700以上も立っているので、そりゃあ読み切るのは大変でしたよ^^;

大雑把に箇条書きすると(印象含めて)

・手術をしたが歩き出すまでのリハビリを賢明に行っている(歩けていない)
・リハビリの苦労を分かち合い励ましあう(やはり歩けていない)
・歩行の見込みを断念し車椅子購入に踏み切る(もちろん歩けていない)
・中には手術に成功して歩けている事例(数例のみ)
・鍼で完全治癒した(え!?驚くことに相当数!!)
・田舎で鍼治療院がなく途方に暮れる(手術も鍼もしていない)
・手術で動けなかったが、鍼をリハビリに加えてなんとか立てるまでになった

なんとっ!
オレはもしかして、とんでもない決断をしたんじゃねぇんだろーか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

元日過ぎちまったww

Hatuhi

 
 

あけおめ&ご愛好あざっす!
よくも、こんなテケトーなブログに皆さま来てくださいました(笑)
今年も更なるテケト道をひた走りますのでよろしゅうに♪

抱負なぞを述べるのがえーのかな?と思いつつ…
ブログに対しての目標は特にありません(をぃww
なので代わりに今期クラシックの展望(願望)をサラッと


【牡馬】

皐月賞の最有力候補はコディーノでしょうか。朝日杯は負けちゃいましたが、そのポテンシャルに陰りは見られず今なおそう思っています。ま、アレだけの障壁も呑み込むくらいの過度な期待はありましたが、やっぱり生き物だったんですね(笑) んで、ダービーに駒を進めたらエピファネイアが逆転って感じかな? まだまだ締まったレースを体験していないので絶対視は出来ませんが、現時点ヴィクト像をダブらせている仔です^^ 蹴り抜くフォームがとてもキレイですね♪ まずは二強の構図。

そしてダービーに是非とも間に合って欲しい素材がカミノタサハラ。恵まれた馬格から繰り出す走りは速さとタフさを備えています。レッドレイヴンも面白い存在ですね。東スポ杯ではラスト止まっちゃいましたが、枠と位置取りを加味したら仕方のない敗戦だったのかな、と。かなりのキレを有していますよ。続いてタイダルベイスンかな。初戦の内容は圧巻で、他馬を完全に子ども扱いでしたね^^ 心の片隅にグランデッツァと比較してしまう自分が居ますが(笑) ま、個体のフォームも上々で強いことに異論はありません。心残りはマジェスティハーツの故障による戦線離脱です、はい。


【牝馬】

テイオー様の血を引くオツウたん。もう、何がなんでも頑張ってもらいたいっす! と偏愛に満ちて採られそうなコメントですが(笑) 走りは当然評価できるもので自信の「★」ですよ^^; 祖父(テイオー)に似た優雅な飛翔を期待できるフォームで、この仔は天才肌だと思っております(やっぱ偏愛ww てか、次走紅梅賞? 須貝センセ大丈夫っすかねぇ!? そいつぁかなり危険な賭けですぞΣ(゚д゚;) バイアスを鼻で笑って差し切った、昨年のサウンドオブハートのような騎乗を期待するっきゃねーか。。。

そして最大のライバルと目されるのが、実際に万両賞で先着したノーブルコロネット。大腿部まで大きく可動する後肢で蹴り抜くフォームは相当なモノですね。前走は牡馬2騎の後塵を拝しましたが、決して恥ずかしい内容ではなかったです。次走はノリ鞍上で菜の花賞みたいですね。無事に賞金を積んでくれることを期待します♪ で、忘れちゃならないお転婆っ仔スイートメドゥーサ(笑) 上がりの速さの証明はまだですけどね。本気で追われたらどのレベルのギアを見せてくれるのかワクワクします。ムチ入れられたらへそ曲げちゃったなんてオチは要らないからねww ん? 2歳女王? あの仔はストライドに伸びが出てきたら評価を上げようと思っております^^


…と、好き勝手にノタマってみました!
初夏の頃、読み返して赤面しなければ良いですね(笑)

で、ダービー&オークスが終われば次期若駒戦線の開幕♪
ご存知の通り、一口馬主始めましたからね↑↑↑
ワラワラデビューしてくる愛仔から目が離せません\(^o^)/
平常心で回顧なんかデキっこねー気がするぉ(更にテケトになるフラグww


というワケで、
ガタガタに崩れ逝く危険性を大いに孕んだ当ブログですが(をぃww
今年も訪問先に加えて頂けたらと思いまふm(_ _)m



2013年元旦 by りゅう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

'11 エレイン(シルク) | '11 ステラストリーム(キャロ) | '11 ベルフィオーレ(ロード) | '11 ミンネゼンガー(キャロ) | '11 レッドアルヴィス(東サラ) | '11 レッドロンメル(東サラ) | '12 アヴニールマルシェ(キャロ) | '12 ステラグランデ(シルク) | '12 レッドマジュール(東サラ) | '12 ロードユアソング(ロード) | '12 ヴィクトリーコード(シルク) | '13 アグレアーブル(シルク) | '13 アジュールローズ(キャロ) | '13 レッドウィズダム(東サラ) | '13 ロードヴァンドール(ロード) | '14 エルダンジュ14(キャロ) | '14 サビアーレ14(東サラ) | '14 トキオリアリティー14(キャロ) | '14 ハートスプリンクル14(東サラ) | CLASSIC REPORT INDEX | ◆古馬戦(2010年施行) | ◆古馬戦(2011年施行) | ◆古馬戦(2012年施行) | ◆古馬戦(2013年施行) | ◆古馬戦(2014年施行) | ◆古馬戦(2015年施行) | ◆若駒戦(2010年世代) | ◆若駒戦(2011年世代) | ◆若駒戦(2012年世代) | ◆若駒戦(2013年世代) | ◆若駒戦(2014年世代) | ◆若駒戦(2015年世代) | ◆若駒戦(2016年世代) | りゅう's Private | りゅう's 写真館 | 一口馬主LIFE★彡^・∋ | 名馬Photoパ☆ギャラリー | 競馬コラム | 若愉&若研 関連情報♪ | 調教view | 馬見修行日記 | (古10)-ダート重賞/他 | (古10)-GradeⅠ | (古10)-GⅡ/GⅢ | (古11)-ダート重賞/他 | (古11)-GradeⅠ | (古11)-GⅡ/GⅢ | (古12)-ダート重賞/他 | (古12)-GradeⅠ | (古12)-GⅡ/GⅢ | (古13)-ダート重賞/他 | (古13)-GradeⅠ | (古13)-GⅡ/GⅢ | (古14)-ダート重賞/他 | (古14)-GradeⅠ | (古14)-GⅡ/GⅢ | (古15)-ダート重賞/他 | (古15)-GradeⅠ | (古15)-GⅡ/GⅢ | (若10)-条件戦 予想&回顧 | (若10)-GradeⅠ | (若10)-GⅡ/GⅢ | (若11)-その他 pickup | (若11)-その他 回顧 | (若11)-GradeⅠ | (若11)-GⅡ/GⅢ | (若12)-その他 pickup | (若12)-その他 回顧 | (若12)-GradeⅠ | (若12)-GⅡ/GⅢ | (若13)-その他 pickup | (若13)-その他 回顧 | (若13)-GradeⅠ | (若13)-GⅡ/GⅢ | (若14)-その他 pickup | (若14)-GradeⅠ | (若14)-GⅡ/GⅢ | (若15)-その他 回顧 | (若15)-GradeⅠ | (若15)-GⅡ/GⅢ | (若16)-GⅡ/GⅢ